研究者
J-GLOBAL ID:200901026886842918   更新日: 2020年07月20日

安井 博宣

ヤスイ ヒロノブ | Yasui Hironobu
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (2件): https://www.vetmed.hokudai.ac.jp/organization/radbiol/http://www.hokudai.ac.jp/radiois/kenkyu_top_eng.html
研究分野 (4件): 化学物質影響 ,  放射線影響 ,  獣医学 ,  放射線科学
研究キーワード (5件): 核医学 ,  イメージング ,  放射線生物学 ,  低酸素 ,  放射線腫瘍学
競争的資金等の研究課題 (12件):
  • 2019 - 2021 鉄介在性細胞死フェロトーシス制御による新たながん放射線治療戦略の構築
  • 2019 - 2020 老化誘導がん治療を実現する質量分析イメージング診断法の開発
  • 2018 - 2020 陽子線照射の線量率とLET変動を同時に考慮した治療効果評価システムの開発
  • 2018 - 2020 低酸素腫瘍に対する新たな治療戦略の構築
  • 2017 - 2019 がん特異的グルタミン代謝とアセテート代謝を標的とした新規がん治療法の開発
全件表示
論文 (16件):
  • Bo T, Yamamori T, Yamamoto K, Fujimoto M, Yasui H, Inanami O. Mitochondrial fission promotes radiation-induced increase in intracellular Ca2+ level leading to mitotic catastrophe in mouse breast cancer EMT6 cells. Biochemical and biophysical research communications. 2020. 522. 1. 144-150
  • Higashikawa K, Horiguchi S, Tarisawa M, Shibata Y, Ohkura K, Yasui H, Takeda H, Kuge Y. Preclinical investigation of potential use of thymidine phosphorylase-targeting tracer for diagnosis of nonalcoholic steatohepatitis. Nuclear medicine and biology. 2019. 82-83. 25-32
  • Morita A, Aoshima K, Gulay KCM, Onishi S, Shibata Y, Yasui H, Kobayashi A, Kimura T. High drug efflux pump capacity and low DNA damage response induce doxorubicin resistance in canine hemangiosarcoma cell lines. Research in veterinary science. 2019. 127. 1-10
  • Yoneshiro T, Shin W, Machida K, Fukano K, Tsubota A, Chen Y, Yasui H, Inanami O, Okamatsu-Ogura Y, Kimura K. Differentiation of bone marrow-derived cells toward thermogenic adipocytes in white adipose tissue induced by the β3 adrenergic stimulation. FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology. 2019. 33. 4. 5196-5207
  • Shibata Y, Yasui H, Higashikawa K, Miyamoto N, Kuge Y. Erastin, a ferroptosis-inducing agent, sensitized cancer cells to X-ray irradiation via glutathione starvation in vitro and in vivo. PloS one. 2019. 14. 12. e0225931
もっと見る
MISC (8件):
もっと見る
特許 (1件):
  • 陽子線治療用増感剤および陽子線治療方法
書籍 (4件):
  • 放射線生物学
    近代出版 2015
  • 酸化ストレスの医学 改訂第二版
    2014
  • 小動物の実践歯科学
    緑書房 2013
  • 酸化ストレスの医学 第一版
    診断と治療社 2008
講演・口頭発表等 (127件):
  • チミジンホスホリラーゼ標的プローブを非アルコール性脂肪肝炎診断に応用するためのin vivo機能解析
    (第3回日本核医学会分科会放射薬品科学研究会/第19回放射性医薬品・画像診断薬研究会 2019)
  • A basic study on PET imaging technique for predicting cancer sensitivity to ferroptosis-targeting cancer therapy
    (The 26th Annual Meeting of the Society for Free Radical Biology and Medicine 2019)
  • ヒト肺腺がん A549細胞におけるグルタミノリシス阻害は放射線誘導性細胞老化を増強する
    (日本放射線影響学会第62回大会 2019)
  • ヒト肺がん由来 A549細胞における解糖系の放射線応答性に関する研究
    (日本放射線影響学会第62回大会 2019)
  • 固形腫瘍株化細胞におけるエネルギー代謝の放射線応答の解析
    (日本放射線影響学会第62回大会 2019)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2004 - 2008 北海道大学 獣医学研究科 獣医学専攻
  • 1998 - 2004 北海道大学 獣医学部 獣医学科
  • 1997 - 1998 大阪大学 理学部 物理学科
学位 (1件):
  • 博士(獣医学) (北海道大学)
経歴 (7件):
  • 2018/07 - 現在 北海道大学 准教授
  • 2016/04 - 2018/06 北海道大学 准教授
  • 2009/09 - 2016/03 北海道大学 助教
  • 2009/09 - 2016/03 北海道大学
  • 2012/03 - 2012/08 米国国立癌研究所/米国国立衛生研究所 客員研究員
全件表示
委員歴 (7件):
  • 2020/06 - 現在 日本放射線影響学会 学術評議員
  • 2020/04 - 現在 日本アイソトープ協会 放射線安全取扱部会 企画専門委員
  • 2018/06 - 現在 泊発電所環境保全監視協議会委員
  • 2015/04 - 現在 電子スピンサイエンス学会 電子スピンサイエンス編集委員
  • 2017/01 - 2017/12 若手放射線生物学研究会 運営委員
全件表示
受賞 (6件):
  • 2017/10 - 日本放射線影響学会 日本放射線影響学会奨励賞
  • 2015/11 - 電子スピンサイエンス学会 電子スピンサイエンス学会奨励賞
  • 2015/09 - 日本放射線影響学会 放射線ワークショップ優秀発表賞
  • 2014/03 - Informa Healthcare Young Investigator Award 2014
  • 2012/02 - 19th JSPS Core-to-Core Seminar Winter School Young Investigator Award
全件表示
所属学会 (7件):
日本分子イメージング学会 ,  日本癌学会 ,  国際癌治療増感研究協会 ,  電子スピンサイエンス学会 ,  日本酸化ストレス学会 ,  日本放射線影響学会 ,  日本獣医学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る