研究者
J-GLOBAL ID:200901026900581316   更新日: 2021年01月09日

永岡 昭二

ナガオカ ショウジ | Nagaoka Shoji
所属機関・部署:
職名: 研究主幹兼室長
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
ホームページURL (1件): http://www.kmt.iri.go.jp/kmt-iri/
研究分野 (2件): 複合材料、界面 ,  高分子化学
研究キーワード (10件): セルロース ,  研磨材 ,  有機/無機ハイブリッド ,  天然高分子 ,  高分子材料 ,  微粒子材料 ,  微粒子 ,  触媒 ,  particle ,  catalysis
競争的資金等の研究課題 (20件):
  • 2019 - 2022 パワー半導体・多糖ナノファイバー高速研磨&鏡 面化アシスト材 ~機械研磨-化学機械研磨ワン ストップ高速研磨・鏡面化システムの開発
  • 2020 - 2021 窒化ホウ素/セルロース2D↔3Dナノコンポジット配合の等方的熱伝導水性コート材の開発
  • 2017 - 2020 竹CNFを活用した建材の開発と、既築集合住宅への実装によるCO2削減効果の実証
  • 2017 - 2018 セルロース配合研磨液-ダイヤ/チタニア/セリア/セルロース四元複合粒子を用いたパワー半導体超平面創成材の開発
  • 2016 - 2018 AMAKUSAクレイからの粧材・セリサイト選択的吸着材の開発
全件表示
論文 (104件):
  • Hiroki Noguchi, Marzia Sultana, Nanami Hano, Yutaka Kuwahara, Makoto Takafuji, Shoji Nagaoka, Hongdeng Qiu, Hirotaka Ihara. Fabrication of Carbon-Like, pei-conjugated Organic Layer on a Nano-Porous Silica Surface. Nanomaterials. 2020. 10. 1882-1895
  • Kyohei Yoshida, Shoji Nagaoka, Maki Horikawa, Hiroki Noguchi, Hirotaka Ihara. Totally-organic near-infrared shielding materials by conductive cellulose nanofibers. Thin Solid Films. 2020. 709. 138221-138228
  • Naoya Ryu, Tsutomu Kawaguchi, Hiroshi Yanagita, Yutaka Okazaki, Thierry Buffeteau, Kyohei Yoshida, Tomohiro Shirosaki, Shoji Nagaoka, Makoto Takafuji, Hirotaka Ihara, et al. Chirality induction on non-chiral dye-linked polysilsesquioxane in nanohelical structures. Chemical communications (Cambridge, England). 2020
  • Kanako Saita, Shoji Nagaoka, Shirosaki Tomohiro, Maki Horikawa, Hirotaka Ihara. Dispersible chitosan particles showing bacteriostatic effect against Streptococcus mutans and their dental polishing effect. Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry. 2020
  • Makoto Takafuji, Naoki Kawamoto, Nanami Hano, Kazufusa Sasahara, Shoji Nagaoka, Hirotaka Ihara. Spherical Filler-Promoting Thermally Conductive Pathway in Graphite-Containing Polymer Composites for High Heat Radiation" has been received by the Journal of Polymer Science. Journal of Polymer Science. 2020
もっと見る
MISC (20件):
  • Yudai Tanaka, Yuki Nagao, Takumi Furukawa, Zenji Yatabe, Koji Sue, Shoji Nagaoka, Yusui Nakamura. Epitaxial growth of non-polar ZnO films on buffer layers on sapphire substrates by mist chemical vapor deposition. Proceedings of the Engineering Workshop 2018. 2018. PC-9
  • Takumi Furukawa, Masato Takenouchi, Yudai Tanaka, Koji Sue, Shoji Nagaoka, Zenji Yatabe, Yusui Nakamura. Formation of N-doped ZnO thin films formed by annealing in NH3 gas ambient. Proceedings of the Engineering Workshop 2018. 2018. PC- 6
  • 永岡 昭二. 「セルロースの実験と解析法」シリーズ, 第37回. セルロース造粒技術. 2018. 25. 32-38
  • Zenji Yatabe, Hironobu Tanoue, Koshi Okita, Masato Takenouchi, Takahiro Ishida, Takaaki Tsuda, Tomoki Mikuriya, Shoji Nagaoka, Koji Sue, Yusui Nakamura. Mist-chemical vapor deposition grown-single crystalline oxide semiconductors. Proceedings of the 35th Samahang Pisika ng Pilipinas Physics Conference. 2017. 35. 1. INV-1B-01-1-4
  • 針崎良太, 城崎智洋, 堀川真希, 永岡昭二, 佐川尚, 高藤誠, 伊原博隆. 光電変換アクセプターユニットとしての高分散性フラーレン誘導体の開発. 第48回化学関連支部合同大会,北九州国際会議場,2011.7.9. 2011
もっと見る
特許 (58件):
もっと見る
書籍 (13件):
  • PEDOT/s-CNFによる窓ガラス用遮光中間膜。導電性が大幅に向上、近赤外~赤外光を吸収
    (株)加工技術研究会 2020
  • 生分解,バイオマスプラスチックの開発と応用
    技術情報協会 2020
  • 生分解性プラスチックの素材・技術開発
    株式会社エヌ・ティー・エス 2019
  • 特集:持続可能な社会に向けたプラスチック技術
    プラスチックス(日本工業出版) 2018
  • 放熱・高耐熱材料の特性向上と熱対策技術
    技術情報協会 2017
もっと見る
講演・口頭発表等 (91件):
  • 導電性高分子を併用した温度応答調光ガラス
    (国立研究開発法人 科学技術振興機構 熊本大学 新技術説明会 2020)
  • TEMPO酸化セルロースマイクロビーズを利用したバイオアクティブヒドロキシアパタイトの開発
    (第69回高分子討論会(オンライン開催) 2020)
  • 多糖ナノファイバー/pNIPAM/PEDOTナノコンポジットの調製と温度応答性の迅速化
    (第69回高分子討論会(オンライン開催) 2020)
  • 導電性セルロースナノファイバーを 利用した窓ガラス用遮光中間膜の開発
    ("ナノセルロースの新時代" ナノセルロースジャパン×ナノセルロースマッチング オンライン開催 2020)
  • キラル分子集合体を用いた蛍光性シアニン色素H-会合体の形成
    (第69回高分子学会年次大会 2020)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 1988 - 1991 熊本大学 自然科学研究科博士後期課程
  • 1986 - 1988 熊本大学 工学研究科修士課程
  • 1981 - 1985 熊本大学 合成化学科
  • 1978 - 1981 福岡県立鞍手高等学校
学位 (1件):
  • 博士(工学) (熊本大学)
経歴 (11件):
  • 2018/04 - 現在 熊本大学 熊本創生推進機構 客員教授
  • 2011/04 - 現在 熊本県産業技術センター 材料・地域資源室 研究主幹兼室長
  • 2008/04 - 2018/03 熊本大学 イノベーション推進機構 客員教授
  • 2010/04 - 2011/03 熊本県産業技術センター 材料・地域資源室 研究参事兼室長
  • 2009/04 - 2010/03 熊本県産業技術センター 材料・地域資源室 研究参事
全件表示
委員歴 (1件):
  • 2008/03 - 2009/04 キチン・キトサン学会 理事
受賞 (4件):
  • 2019/10 - 公益社団法人 発明協会 九州経済産業局長賞 高放熱絶縁シートを実現した複合粒子
  • 2019/05 - 熊本県庁 熊本県知事 蒲島賞 CNFを活用し環境に優しく優れた機能をもつ素材の開発に成功
  • 2006/04 - 財団法人りそな中小企業振興財団・日刊工業新聞社主催および経済産業省協賛 第18回「中小企業優秀新技術・新製品優良賞及び産学官連携特別賞」 基礎化粧品 レフリエローション・ウォッシング・クリーム
  • 1999/07 - 九州分析化学若手の会・日本分析化学会・九州支部 第17回九州分析化学若手の会、夏季セミナー、Poster Award セルロース球状粒子からのグラファイトカーボン粒子を用いた環境ホルモンの分析
所属学会 (6件):
応用物理学会 ,  砥粒加工学会 ,  セルロース学会 ,  高分子学会 ,  The Society of Polymer Science, Japan ,  The Japan Society for Analytical Chemistry
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る