研究者
J-GLOBAL ID:200901026900581316   更新日: 2022年10月01日

永岡 昭二

ナガオカ ショウジ | Nagaoka Shoji
所属機関・部署:
職名: 研究主幹兼室長
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
ホームページURL (1件): http://www.kmt.iri.go.jp/kmt-iri/
研究分野 (2件): 複合材料、界面 ,  高分子化学
研究キーワード (10件): セルロース ,  研磨材 ,  有機/無機ハイブリッド ,  高分子材料 ,  微粒子材料 ,  微粒子 ,  天然高分子 ,  触媒 ,  particle ,  catalysis
競争的資金等の研究課題 (22件):
  • 2022 - 2024 無菌養蚕により産生された山鹿シルクからのフィブロイン球状粒子の構築と細胞培養マイクロキャリアへの展開
  • 2021 - 2022 セルロースナノファイバーの特徴援用による熱線遮蔽&サーモクロミック調光機能ガラスの開発
  • 2019 - 2022 パワー半導体・多糖ナノファイバー高速研磨&鏡 面化アシスト材 ~機械研磨-化学機械研磨ワン ストップ高速研磨・鏡面化システムの開発
  • 2020 - 2021 窒化ホウ素/セルロース2D↔3Dナノコンポジット配合の等方的熱伝導水性コート材の開発
  • 2017 - 2020 竹CNFを活用した建材の開発と、既築集合住宅への実装によるCO2削減効果の実証
全件表示
論文 (109件):
  • Nagaoka Shoji, Yoshida Kyohei, Hirota Yu, Komachi Yuji, Takafuji Makoto, Ihara Hirotaka. Functionalized aluminum oxide by immobilization of totally organic aromatic polymer spherical nanoparticles. Colloids and Surfaces A: Physicochemical and Engineering Aspects. 2022. 640. 5. 128438-128448
  • Naoya Ryu, Tomoyuki Harada, Yutaka Okazaki, Kyohei Yoshida, Tomohiro Shirosaki, Reiko Oda, Yutaka Kuwahara, Makoto Takafuji, Hirotaka Ihara, Shoji Nagaoka. Co-assembling system that exhibits bright circularly polarized luminescence. Materials Advances. 2022
  • Nanami Hano, NaoyaRyu, Shoji Nagaoka, Hirotaka Ihara, MakotoTakafuji. Selective Reflection Enhancement by Controlling of Surface-layering Structure of Inorganic Nanoparticles on Polymer Microspheres. Colloids and Surfaces A: Physicochemical and Engineering Aspects. 2021. 637. 20. 128188-128200
  • Rei Akasegawa, Heishun Zen, Kan HACHIYA, Kyohei Yoshida, Takuya GOTO, Takashi SAGAWA, Hideaki Ohgaki. Mode-selective excitation of an infrared-inactive phonon mode in diamond using mid-infrared free electron laser. Japanese Journal of Applied Physics. 2021. 60. 10. 102001/1-102001/4
  • Tomoyuki Harada, Hiroshi Yanagita, Naoya Ryu, Yutaka Okazaki, Yutaka Kuwahara, Makoto Takafuji, Shoji Nagaoka, Hirotaka Ihara, Reiko Oda. Lanthanide ion-doped silica nanohelix: a helical inorganic network acts as a chiral source for metal ions. Chemical Communications. 2021. 57. 36. 4392-4395
もっと見る
MISC (47件):
  • 永岡昭二, 永岡昭二, 堀川真希, 高藤誠. 新しい材料技術の開発と応用 セルロースナノファイバーの特徴を活用した温度応答性遮光・調光ガラス~PEDOT/s-CNFの併用による温度上昇抑制効果~. 化学工業. 2021. 72. 6
  • 永岡昭二, 永岡昭二, 廣田悠, 高藤誠, 伊原博隆. 溶媒蒸発相分離法によるポリマー/CNF複合造粒とそのコアシェル粒子化. セルロース学会年次大会講演要旨集. 2021. 28th
  • 城崎智洋, 龍直哉, 堀川真希, 高藤誠, 永岡昭二, 永岡昭二. TEMPO酸化セルロースマイクロビーズを利用した多孔質セラミックスの開発. セルロース学会年次大会講演要旨集. 2021. 28th
  • 堀川真希, 大塚麟太郎, 城崎智洋, 高藤誠, 永岡昭二, 永岡昭二. セルロースナノファイバーの特徴を活用した温度応答調光ガラスの開発~PEDOT/s-CNFの併用によるpNIPAMの温度応答迅速化~. セルロース学会年次大会講演要旨集. 2021. 28th
  • 吉田恭平, 小町裕司, 高藤誠, 伊原博隆, 伊原博隆, 永岡昭二. π-コンジュゲートポリマーナノ粒子のアルミニウム陽極酸化被膜への固定化とアルミニウムイオンによる粒径制御. 応用物理学会秋季学術講演会講演予稿集(CD-ROM). 2021. 82nd
もっと見る
特許 (64件):
  • ポリマー複合セルロース及びその製造方法、樹脂体、炭素繊維
  • 水性塗料組成物及び塗膜
  • 複合粒子およびその製造方法、研磨材および研磨液
  • 塩化ビニル系ポリマー粒子の製造方法、複合粒子の製造方法および複合粒子
  • アルミニウム材およびその製造方法
もっと見る
書籍 (15件):
  • セルロースナノファイバー研究と実用化の最前線
    (株)エヌ・ティー・エス 2021
  • セルロースナノファイバーの特徴を活用した温度応答性遮光・調光ガラス ~ PEDOT/s-CNF の併用による温度上昇抑制効果~
    化学工業社,「化学工業」 2021年6月号(VOL.72 No.6) 2021
  • PEDOT/s-CNFによる窓ガラス用遮光中間膜。導電性が大幅に向上、近赤外~赤外光を吸収
    (株)加工技術研究会 2020
  • 生分解,バイオマスプラスチックの開発と応用
    技術情報協会 2020
  • 生分解性プラスチックの素材・技術開発
    株式会社エヌ・ティー・エス 2019
もっと見る
講演・口頭発表等 (110件):
  • キトサン/無機材料複合マイクロビーズの調製とOne-Step SiCウェハ研磨への応用
    (セルロース学会第29回年次大会 2022)
  • 結晶性CNFによるBNナノコンポジット材料の高熱伝導化と水性放熱塗料への展開
    (セルロース学会第29回年次大会 2022)
  • TEMPO酸化セルロースマイクロ球状粒子およびセルロースマイクロファイバーをテンプレートとした多孔質リン酸カルシウムの開発
    (セルロース学会第29回年次大会 2022)
  • 芳香族ネットワークポリマー被覆CNFの調製とそのナノコンポジット化
    (セルロース学会第29回年次大会 2022)
  • 導電性CNFによる窓用遮熱フィルムの創製、その自律制御化まで
    (令和3年度 第32回繊維学会西部支部セミナー 2022)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 1988 - 1991 熊本大学 自然科学研究科博士後期課程
  • 1986 - 1988 熊本大学 工学研究科修士課程
  • 1981 - 1985 熊本大学 合成化学科
  • 1978 - 1981 福岡県立鞍手高等学校
学位 (1件):
  • 博士(工学) (熊本大学)
経歴 (11件):
  • 2018/04 - 現在 熊本大学 熊本創生推進機構 客員教授
  • 2011/04 - 現在 熊本県産業技術センター 材料・地域資源室 研究主幹兼室長
  • 2008/04 - 2018/03 熊本大学 イノベーション推進機構 客員教授
  • 2010/04 - 2011/03 熊本県産業技術センター 材料・地域資源室 研究参事兼室長
  • 2009/04 - 2010/03 熊本県産業技術センター 材料・地域資源室 研究参事
全件表示
委員歴 (1件):
  • 2008/03 - 2009/04 キチン・キトサン学会 理事
受賞 (4件):
  • 2019/10 - 公益社団法人 発明協会 九州経済産業局長賞 高放熱絶縁シートを実現した複合粒子
  • 2019/05 - 熊本県庁 熊本県知事 蒲島賞 CNFを活用し環境に優しく優れた機能をもつ素材の開発に成功
  • 2006/04 - 財団法人りそな中小企業振興財団・日刊工業新聞社主催および経済産業省協賛 第18回「中小企業優秀新技術・新製品優良賞及び産学官連携特別賞」 基礎化粧品 レフリエローション・ウォッシング・クリーム
  • 1999/07 - 九州分析化学若手の会・日本分析化学会・九州支部 第17回九州分析化学若手の会、夏季セミナー、Poster Award セルロース球状粒子からのグラファイトカーボン粒子を用いた環境ホルモンの分析
所属学会 (6件):
応用物理学会 ,  砥粒加工学会 ,  セルロース学会 ,  高分子学会 ,  The Society of Polymer Science, Japan ,  The Japan Society for Analytical Chemistry
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る