研究者
J-GLOBAL ID:200901027028872724   更新日: 2022年08月16日

江川 祐哉

エガワ ユウヤ | Egawa Yuya
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 薬系分析、物理化学
研究キーワード (11件): 蛍光色素 ,  ボリン酸 ,  BNCT ,  超分子化学 ,  センサー ,  インスリン ,  ボロン酸 ,  シクロデキストリン ,  薬剤学 ,  分析化学 ,  物理化学
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2019 - 2021 ボロン酸と細胞の動的共有結合を利用した新たなDDS概念の創出
  • 2016 - 2019 皮下動態制御可能なインスリン分子マシンの開発とハイブリッド人工膵臓への展開
  • 2013 - 2016 分子ネックレス構造による人工膵臓分子マシン
論文 (55件):
  • Hinako Kikuchi, Yuki Nakamura, Chika Inoue, Sayaka Nojiri, Miho Koita, Minori Kojima, Hiroki Koyama, Ryotaro Miki, Toshinobu Seki, Yuya Egawa. Hydrogen Peroxide-Triggered Conversion of Boronic Acid-Appended Insulin into Insulin and Its Application as a Glucose-Responsive Insulin Formulation. Molecular pharmaceutics. 2021. 18. 11. 4224-4230
  • Ryotaro Miki, Tomoya Yamauchi, Kosuke Kawashima, Yuya Egawa, Toshinobu Seki. Multinuclear NMR Study on the Formation and Polyol-Induced Deformation Mechanisms of Wormlike Micelles Composed of Cetyltrimethylammonium Bromide and 3-Fluorophenylboronic Acid. Langmuir : the ACS journal of surfaces and colloids. 2021. 37. 11. 3438-3445
  • Yuki Kobayashi, Yu Kojima, Ryotaro Miki, Toshinobu Seki, Yuya Egawa. Rotaxa-polymeric-gelation of acrylamides with vinyl-β-cyclodextrin. J. Incl. Phenom. Macrocycl. Chem. 2020. 98. 43-48
  • Yui Ohno, Momoko Kawakami, Tomohiro Seki, Ryotaro Miki, Toshinobu Seki, Yuya Egawa. Cell adhesive character of phenylboronic acid-modified insulin and its potential as long-acting insulin. Pharmaceuticals. 2019. 12. 3
  • Yuya Egawa, Tomohiro Seki, Ryotaro Miki, Toshinobu Seki. Sugar-responsive smart materials based on phenylboronic acid and cyclodextrin. Journal of Inclusion Phenomena and Macrocyclic Chemistry. 2019. 94. 1-2
もっと見る
書籍 (2件):
  • PRACTICAL基礎化学 第2版 -高校化学から大学専門化学へ・・・-
    京都廣川書店 2021
  • Skin Permeation and Disposition of Therapeutic and Cosmeceutical Compounds
    Springer Japan 2017
講演・口頭発表等 (134件):
  • 過酸化水素で活性化するインスリン誘導体の開発と糖応答性インスリン製剤への可能性
    (日本薬学会年会要旨集(CD-ROM) 2020)
  • ジボロン酸誘導体/ポリビニルアルコールによる粘弾性系の糖応答性レオロジー特性
    (日本薬学会年会要旨集(CD-ROM) 2020)
  • 臭化セチルトリメチルアンモニウム/3-フルオロフェニルボロン酸からなる紐状ミセルゲルのグルコース共存による崩壊メカニズム解明に向けた多核NMR解析
    (日本薬学会年会要旨集(CD-ROM) 2020)
  • グルコースで崩壊しインスリン誘導体を放出する交互累積膜の作製
    (日本薬学会第139年会 2019)
  • 臭化セチルトリメチルアンモニウム/3-フルオロフェニルボロン酸混合系中の分子集合体構造の解明に向けたレオロジー特性調査
    (日本薬学会第139年会 2019)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 2000 東北大学 製薬化学専攻 博士課程前期2年の課程修了
  • - 1998 東北大学 製薬化学科卒業
学位 (1件):
  • 博士(薬学) (東北大学)
経歴 (6件):
  • 2022/04 - 現在 城西大学 薬学部 薬学科 教授
  • 2013/04 - 2022/03 城西大学 薬学部 薬学科 准教授
  • 2008/04/01 - 2013/03/31 城西大学 薬学部 助教
  • 2006/04 - 2008/03 東北大学大学院薬学研究科 助教
  • 2005/04 - 2006/03 東北大学大学院薬学研究科 助手
全件表示
委員歴 (5件):
  • 2020/04 - 現在 日本薬学会 ファルマシアアドバイザー
  • 2016/09/08 - 現在 シクロデキストリン学会 評議員
  • 2021/04/01 - 2023/03/31 日本薬学会 代議員
  • 2017/04 - 2020/03 日本薬学会 ファルマシア委員
  • 2009/10/03 - 日本薬学会 日本薬学会関東支部若手シンポジウム実行委員
受賞 (2件):
  • 2015 - シクロデキストリン学会奨励賞
  • 2005 - 西澤・外島スカラーシップ
所属学会 (3件):
日本薬学会 ,  シクロデキストリン学会 ,  日本薬剤学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る