研究者
J-GLOBAL ID:200901027232694029   更新日: 2021年10月27日

小木曽 哲

コギソ テツ | Kogiso Tetsu
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://www.gaia.h.kyoto-u.ac.jp/~kogiso-lab/http://www.h.kyoto-u.ac.jp/staff/332_kogiso_t_0_e.html
研究分野 (1件): 固体地球科学
研究キーワード (17件): カンラン岩 ,  マントル ,  放射光X線 ,  igneous petrology ,  partial melting ,  pyroxenite ,  magma ,  synchrotron X-ray ,  high-pressure experiment ,  platinum-group elements ,  白金族元素 ,  パイロキシナイト ,  火成岩岩石学 ,  部分融解 ,  高圧実験 ,  実験岩石学 ,  マグマ
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2015 - 2019 元素分配から制約する核-マントルの相互作用
  • 2014 - 2016 冥王代初期のメルト生成過程とhidden reservoirの生成条件の解明
  • 2009 - 2013 地殻流体の起源と化学
  • 2009 - 2013 地殻流体: その実態と沈み込み変動への役割
  • 2009 - 2011 マントル中の白金族元素の挙動に対する硫化鉱物相の役割の解明
全件表示
論文 (55件):
  • Norikatsu Akizawa, Akira Miyake, Yohei Igami, Akira Tsuchiyama, Hisashi Asanuma, Tetsu Kogiso, Shigeyuki Wakaki, Tsuyoshi Ishikawa, Shoji Arai, Jiwon Eom, et al. Crustal anorthosite formation by deep-seated hydrothermal circulation beneath fast-spreading axis: Constraints from chronological approach, Sr isotope, and fluid-chromite inclusion investigation. Island Arc. 2021
  • Shiki Machida, Kentaro Nakamura, Tetsu Kogiso, Ryo Shimomura, Koichi Horinouchi, Kyoko Okino, Yasuhiro Kato. Fine-scale chemostratigraphy of cross-sectioned hydrogenous ferromanganese nodules from the western North Pacific. Island Arc. 2021. 30. 1
  • 小木曽 哲, 秋澤 紀克, 三宅 亮, 上椙 真之. マイクロビームX線回折によるカンラン岩中の白金族元素含有微小相の鉱物学的同定の試み. SPring8/SACLA利用研究成果集. 2020. 8. 278-281
  • Akizawa Norikatsu, Ishikawa Akira, Kogiso Tetsu. A simple determination of whole-rock major- and trace-element composition for peridotite by micro-XRF spectrometer and ICP-MS using fused-glass bead. Geochemical Journal. 2020. 54. 2. 81-90
  • Akizawa N, Kogiso T, Miyake A, Tsuchiyama A, Igami Y, Uesugi M. Formation process of sub-micrometer-sized metasomatic platinum-group element-bearing sulfides in a Tahitian harzburgite xenolith. The Canadian Mineralogist. 2020. 58. 99-114
もっと見る
MISC (9件):
もっと見る
書籍 (2件):
  • 京大変人講座
    三笠書房 2019 ISBN:9784837927792
  • 海は百面相
    京都通信社 2013 ISBN:9784903473536
講演・口頭発表等 (156件):
  • Role of fluid rock reaction for the production of FOZO isotopic composition
    (日本地球惑星科学連合2021年大会 2021)
  • パイロライトモデルを応用した始源的マントルの強親鉄元素存在度の推定
    (日本地球惑星科学連合2021年大会 2021)
  • 白亜紀末隕石衝突に伴って何が起きたのか:親銅元素組成をもとにした環境復元
    (2020年度日本地球化学会第67回オンライン年会 2020)
  • HIMU-FOZO-PREMAの成因と沈み込むスラブの温度・圧力経路の関連
    (2020年度日本地球化学会第67回オンライン年会 2020)
  • エチオピア・アファール凹地のプレート拡大軸域での地球電磁気学的探査
    (JpGU-AGU Joint Meeting 2020 2020)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(理学) (京都大学)
経歴 (8件):
  • 2016/04 - 現在 京都大学 大学院人間・環境学研究科 教授
  • 2008/04 - 2016/03 京都大学 大学院人間・環境学研究科 准教授
  • 2004/07 - 2008/03 独立行政法人海洋研究開発機構 地球内部変動研究センター 研究員
  • 2001/10 - 2004/06 海洋科学技術センター 固体地球統合フロンティア研究システム 研究員
  • 1999/10 - 2001/10 ミネソタ大学 地質学地球物理学科 リサーチアソシエイト
全件表示
所属学会 (7件):
Mineralogical Society of America ,  American Geophysical Union ,  日本高圧力学会 ,  日本火山学会 ,  日本鉱物科学会 ,  日本地球化学会 ,  日本地球惑星科学連合
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る