研究者
J-GLOBAL ID:200901027392684909   更新日: 2021年11月17日

羽島 良一

ハジマ リョウイチ | Hajima Ryoichi
所属機関・部署:
職名: 上席研究員、プロジェクトリーダー
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
ホームページURL (2件): https://www.qst.go.jp/site/lcs-gamma/https://www.qst.go.jp/site/lcs-gamma-e/
研究分野 (2件): 原子力工学 ,  応用物理一般
研究キーワード (6件): レーザーコンプトン散乱ガンマ線源 ,  核種非破壊測定 ,  エネルギー回収型リニアック ,  自由電子レーザー ,  次世代放射光源 ,  Accelerator Science and Technology
競争的資金等の研究課題 (13件):
  • 2017 - 2019 次世代ガンマ線源のための帯域可変分光器
  • 2011 - 2019 レーザー・コンプトン散乱NDAの技術開発
  • 2018 - 自由電子レーザーで駆動する高繰り返しアト秒光源のための基礎基盤技術の研究
  • 2013 - 2017 小型加速器による小型高輝度X 線源とイ メージング基盤技術開発
  • 2010 - 2014 ガンマ線による核物質非破壊検知システム
全件表示
論文 (287件):
  • Yosuke Honda, Masahiro Adachi, Shu Eguchi, Masafumi Fukuda, Nao Higashi, Ryukou Kato, Takako Miura, Tsukasa Miyajima, Shinya Nagahashi, Norio Nakamura, et al. Construction and commissioning of mid-infrared self-amplified spontaneous emission free-electron laser at compact energy recovery linac. Review of Scientific Instruments. 2021. 92. 11. 113101-113101
  • Ryoichi Hajima, Takehito Hayakawa, Toshiyuki Shizuma, Shuji Miyamoto, Shunya Matsuba. Reconstruction of the laser Compton scattered gamma-ray distribution in the energy-angle phase space from crystal diffraction data. Applied Physics Express. 2021. 14. 10. 104004-104004
  • Calvin R Howell, Mohammad W. Ahmed, Andrei Afanasev, David Alesini, John Annand, Ani Aprahamian, Dimiter Balabanski, Stephen Benson, Aron Bernstein, Carl Brune, et al. International Workshop on Next Generation Gamma-Ray Source. Journal of Physics G: Nuclear and Particle Physics. 2021
  • Ryoichi Hajima. Few-Cycle Infrared Pulse Evolving in FEL Oscillators and Its Application to High-Harmonic Generation for Attosecond Ultraviolet and X-ray Pulses. Atoms. 2021
  • Ryoichi Hajima. Bandwidth of a Compton radiation source with an electron beam of asymmetric emittance. Nuclear Instruments and Methods in Physics Research Section A: Accelerators, Spectrometers, Detectors and Associated Equipment. 2021. 985. 164655-164655
もっと見る
MISC (130件):
  • 羽島良一, 早川岳人, 静間俊行, 宮本修治, 松葉俊哉. 回折結晶を利用したレーザー・コンプトン散乱ガンマ線のエネルギー角度相関の再構成. 日本物理学会講演概要集(CD-ROM). 2021. 76. 1
  • 静間俊行, OMER M., 羽島良一. 核共鳴蛍光散乱を用いた181Taの共鳴準位のスピン・パリティの測定. 日本物理学会講演概要集(CD-ROM). 2021. 76. 1
  • 静間俊行, OMER Mohamed, 羽島良一. 直線偏光ガンマ線を用いたTa-181の核共鳴蛍光散乱実験. 日本原子力学会春の年会予稿集(CD-ROM). 2020. 2020
  • 小泉光生, OMAR Mohamed, 高橋時音, 羽島良一, 羽島良一, 静間俊行, 静間俊行, 橋本智, 天野壮, 宮本修治. 核共鳴蛍光を利用した核検知技術実証試験. 日本核物質管理学会年次大会論文集(Web). 2020. 41st
  • 羽島良一, 早川岳人, 静間俊行, 宮本修治, 松葉俊哉. シリコン結晶による回折を用いたレーザー・コンプトン散乱ガンマ線の(E,θ)分布の診断. 日本原子力学会秋の大会予稿集(CD-ROM). 2020. 2020
もっと見る
書籍 (5件):
  • Nuclear Physics and Gamma-Ray Sources for Nuclear Security and Nonproliferation
    World Scientific 2015
  • 原子力・量子・核融合事典
    丸善 2014
  • WHITEBOOK ELI - Extreme Light Infrastructure; Science and Technology with Ultra-Intense Lasers
    2011
  • The White Book of ELI Nuclear Physics Bucharest-Magurele, Romania
    2010
  • Femtosecond Beam Science (分担執筆)
    Imperial College Press 2005 ISBN:1860943438
学歴 (2件):
  • 1987 - 1989 東京大学大学院 原子力工学専攻
  • 1983 - 1987 東京大学 原子力工学科
学位 (1件):
  • 博士(工学) (東京大学)
経歴 (8件):
  • 2016 - 現在 量子科学技術研究開発機構 上席研究員
  • 2006 - 現在 高エネルギー加速器研究機構、客員教授(兼職)
  • 2013 - 2016 日本原子力研究開発機構 量子ビーム応用研究部門 研究主席
  • 2005 - 2013 日本原子力研究開発機構 主任研究員、グループリーダー
  • 1999 - 2005 日本原子力研究所 研究員、副主任研究員、主任研究員
全件表示
委員歴 (25件):
  • 2020/04 - 現在 日本物理学会 PTEP編集委員
  • 2020/01 - 現在 アメリカ物理学会 Physical Review Accelerators and Beams, Editorial Board Member
  • 2018/04 - 現在 日本加速器学会 会長
  • 2017/04 - 2021/03 日本物理学会 代議員
  • 2017/04 - 2019/03 ビーム物理研究会 会長
全件表示
受賞 (5件):
  • 2017/01 - アメリカ物理学会 優秀査読者表彰 (Outstanding Referee)
  • 2015/03 - 日本原子力学会 被引用数最多論文(The Journal of Nuclear Science and Technology Most Cited Article Award 2014)
  • 2015/02 - (公財)高エネルギー加速器科学研究奨励会 諏訪賞
  • 2002 - (社) 日本原子力学会、学術業績賞
  • 2001 - (財) 高エネルギー加速器科学研究奨励会、西川賞
所属学会 (4件):
日本物理学会 ,  日本放射光学会 ,  日本原子力学会 ,  日本加速器学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る