研究者
J-GLOBAL ID:200901027422676140   更新日: 2020年10月22日

石黒 靖子

イシグロ ヤスコ | Ishiguro Yasuko
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 理論経済学
研究キーワード (5件): 不完全競争 ,  輸送費 ,  国際貿易 ,  集積 ,  成長
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2013 - 2017 資産保有の国家間格差と産業集積に関する理論的考察
  • 2002 - 経済統合の進展とR&D立地、成長に関する理論的考察
  • 2000 - 規模の経済下における国際分業、国家間の資産格差・賃金格差の拡大、企業の立地選択に関する理論的研究
  • 1998 - 1999 東アジアにおける経済成長の持続可能性に関する理論的および実証的研究
  • 東アジアの経済発展
論文 (21件):
  • Yasuko ISHIGURO. The Effects of Macroeconomic Policy with a Disparity in Price Elasticity Between Private- and Public- Sector Demands. 2019. 66. 5. 631-648
  • 石黒靖子. 金融資産の国際移動と中心・周辺モデル-均衡の構造と安定性-. 神戸商科大学創立80周年記念論文集. 2010. 21-40
  • 石黒 靖子. 国際的所得格差と資産集中-Krugman型独占的競争モデルによる分析-. 商大論集. 2008. 60. 2・3. 1-26
  • 国家間の資産保有格差にともなう賃金格差-Krugman型独占的競争モデルによる一考察-. 商大論集. 2007. 58. 4. 21-42
  • Yasuko ISHIGURO. A consideration of the "no-black-hole" condition. 2005. 39. 1. 25-34
もっと見る
MISC (11件):
  • 石黒 靖子. 非貿易財企業の国際的立地選択の経済厚生分析-Krugman型独占的競争モデルに基づく考察-. Discussion Paper, Institute for Policy Analysis and Social Innovation. 2020. 120. 1-14
  • 石黒 靖子. 政府シェア,政府支出・貨幣供給比率と均衡生産量に関する実証分析-需要の異質性に基づく生産決定モデル-. Discussion Paper, Institute for Policy Analysis and Social Innovation, University of Hyogo. 2017. 97
  • Yasuko ISHIGURO. Demand Heterogeneity, Non-neutrality of Money and Optimal Share of Government Spending. Discussion Paper, Institute for Policy Analysis and Social Innovation, University of Hyogo. 2015. 85
  • Yasuko ISHIGURO. A consideration of the euro convergence criteria and external imbalance. Discussion Paper, Institute for Policy Analysis and Social Innovation, University of Hyogo,. 2014. 74
  • 石黒 靖子. 地域統合の深化と経常収支の推移に関する計量的分析. Discussion Paper, Institute for Policy Analysis and Social Innovation, University of Hyogo. 2014. 65
もっと見る
書籍 (1件):
  • 開放経済下における数量制約をともなう不均衡動学理論
    近畿大学商経学会 1994
講演・口頭発表等 (14件):
  • 地域統合の深化と経常収支の推移に関する計量的分析
    (神戸国際経済研究会Specila Meeting 2019)
  • Demand heterogeneity and non-neutrality of money
    (Western Economic Association International 11th Biennial Pacific Rim Conference 2016)
  • A Krugman-type core-periphery model with financial assets-Structure and stability of equilibria -
    (Western Economic Association International 9th Biennial Pacific Rim Conference 2011)
  • Economic Integration and Industrial Location between Countries: Effects of a decrease in trade costs on R&D activity and growth rate-
    (地域経済・金融統合と中日間の経済協力シンポジウム 2007)
  • Endogenous Capital agglomeration: A Consideration of the Expansion in Assets Disparity between Countries
    (The Winter Conference of Korea International Economics Association 2006 2006)
もっと見る
Works (4件):
  • ウルグアイラウンドと国際貿易
    1998 -
  • Uruguay Round and International Trade
    1998 -
  • 東アジアと日本経済
    1992 -
  • East Asia and Japanese Economy
    1992 -
学歴 (3件):
  • 1989 - 1992 神戸大学 国際経済学専攻
  • 1987 - 1989 神戸大学 国際経済学専攻
  • 1980 - 1984 神戸大学 経済学科
学位 (2件):
  • 博士(経済学) (神戸大学)
  • 経済学修士 (神戸大学)
経歴 (6件):
  • 2019/04 - 現在 兵庫県立大学 国際商経学部 教授
  • 2005/04 - 2019/03 兵庫県立大学 経済学部 教授
  • 2004/04 - 2005/03 兵庫県立大学 経済学部 准教授
  • 1997/04 - 2004/03 神戸商科大学 商経学部 助教授
  • 1995/04 - 1997/03 近畿大学 商経学部 助教授
全件表示
所属学会 (2件):
日本経済学会 ,  国際経済学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る