研究者
J-GLOBAL ID:200901027604652611   更新日: 2020年06月09日

今野 雅

イマノ マサシ | Imano Masashi
所属機関・部署:
職名: 代表取締役
その他の所属(所属・部署名・職名) (3件):
  • 一般社団法人オープンCAE学会  理事
  • 日本建築学会
  • 空気調和・衛生工学会
ホームページURL (2件): http://www.ocael.co.jp/http://www.ocael.co.jp/
研究分野 (4件): ソフトウェア ,  建築環境、建築設備 ,  熱工学 ,  流体工学
研究キーワード (15件): 建築環境工学 ,  CAE ,  通風 ,  CFD ,  風洞実験 ,  並列計算 ,  オープンソース ,  省エネルギー ,  数値流体力学 ,  Adaptive mesh refinement ,  Computational Fluid Dynamics ,  Wind environment ,  Air environment ,  Heat environment ,  rchitecture
競争的資金等の研究課題 (11件):
  • 2012 - 2016 非定常CFDと日射・人体解析モデルの融合による不均一温熱環境シミュレータの開発
  • 2012 - 2014 数値地形情報を用いた実在地域音響数値解析技術の研究開発
  • 2007 - 2010 非定常気流・温熱環境解析手法を用いたバーチャルハウスシミュレータの開発
  • 2006 - 2007 Automatic Grid Generation for Predicting Cross-Ventilation Flow in Houses
  • 2006 - 2007 住宅の通風性状予測に適した自動格子生成に関する研究
全件表示
論文 (19件):
  • 西剛伺, 今野雅. 熱伝導問題に関するOpenFOAMの固体・流体熱連成定常解析ソルバの妥当性確認. オープンCAE学会論文集. 2018. 1. 1
  • 今野 雅. オープンソースCFDコードOpenFOAMの高度化. 東京大学情報基盤センター年報. 2017. 18
  • 渡部 朱生, 大風 翼, 高野 芳央, 今野 雅, 持田 灯, 小林 宏康. CFDを用いた仙台平野沿岸部の防潮林が農地の飛砂発生頻度に及ぼす影響の検討. システム農学. 2016. 32. 1. 11-18
  • Takuya Oshima, Masashi Imano, Yasuhiro Hiraguri, Yoshikazu Kamoshida. Linearized Euler simulations of sound propagation with wind effects over a reconstructed urban terrain using digital geographic information. APPLIED ACOUSTICS. 2013. 74. 12. 1354-1366
  • Yoshihide Tominaga, Satoru Iizuka, Masashi Imano, Hiroto Kataoka, Akashi Mochida, Tsuyoshi Nozu, Yoshiyuki Ono, Taichi Shirasawa, Naoya Tsuchiya, Ryuichiro Yoshie. Cross Comparisons of CFD Results of Wind and Dispersion Fields for MUST Experiment: Evaluation Exercises by AIJ. JOURNAL OF ASIAN ARCHITECTURE AND BUILDING ENGINEERING. 2013. 12. 1. 117-124
もっと見る
MISC (19件):
もっと見る
書籍 (3件):
  • 最近の化学工学講習会66 多様化するニーズに応えて進化するミキシング
    三恵社 2017 ISBN:9784864876155
  • • OpenFOAMによる熱移動と流れの数値解析
    森北出版 2016
  • Advanced Monitoring and Numerical Analysis of Coastal Water and Urban Air Environment (cSUR-UT Series: Library for Sustainable Urban Regeneration)
    Springer 2010 ISBN:4431997199
講演・口頭発表等 (64件):
  • OpenFOAMによる流体解析ベンチマークテスト スパコン・クラウド・FOCUSでのチャネル流れ解析および Oakforest-PACSにおけるOptunaを用いたHBM設定のベイズ最適化
    (PCクラスタワークショップin柏2019 2019)
  • OpenFOAMによる流体解析ベンチマークテスト スパコン・クラウド・FOCUSでのチャネル流れ解析
    (第十八回PCクラスタシンポジウム 2018)
  • Xeon Phi KNLプロセッサを搭載したスーパーコンピュータOakforest-PACSにおけるOpenFOAMの高速化
    (オープンCAEシンポジウム2018 2018)
  • 暖房方式による室内気流分布を考慮した暖房負荷補正方法に関する検討 その2 熱負荷解析とCFD解析による暖房負荷増分の推定
    (空気調和・衛生工学会大会学術講演論文集(CD-ROM) 2018)
  • Effect of Advection Scheme for Large-Eddy Simulation on Turbulent Flow Fields around an Isolated Block Model
    (The proceedings of 7th International Conference on Computational Wind Enginnering 2018)
もっと見る
学歴 (7件):
  • 1995 - 1998 東京大学
  • - 1998 東京大学
  • 1993 - 1995 東京大学 建築学専攻修士課程
  • 1988 - 1993 東京大学 建築学科
  • - 1993 東京大学
全件表示
学位 (2件):
  • 修士(工学) (東京大学)
  • 博士(工学) (東京大学)
経歴 (6件):
  • 2015/04 - 現在 東京大学 情報基盤センター 客員研究員
  • 2012/06 - 現在 株式会社OCAEL 代表取締役
  • 2007/04 - 2012/06 東京大学 工学系研究科建築学専攻 助教
  • 1998/11 - 2007/03 東京大学 工学系研究科建築学専攻 助手
  • 1998/04 - 1998/11 神奈川大学 工学部建築学科 専任助手
全件表示
委員歴 (20件):
  • 2015/04 - 現在 PCクラスタコンソーシアム 実用アプリケーション部会 部会会員
  • 2013/06 - 現在 オープンCAE学会 V&V小委員会委員長
  • 2011/04 - 現在 日本建築学会 環境工学本委員会 屋外空気環境の予測・評価小委員会 都市大気拡散ガイドラインWG 委員
  • 2009/11 - 現在 オープンCAE学会 理事
  • 2015/06 - 2017/05 オープンCAE学会 会長
全件表示
受賞 (2件):
  • 2008 - JAABE Best Paper Award, Environmental Engineering Field, "Study on Utility Cross-Ventilation in Guangzhou and Shenzhen, China"
  • 2005 - 空気調和・衛生工学会賞 学術論文部門 「風圧力発生頻度に基づく常時換気システムの設備された集合住宅の換気量充足度評価に関する研究」
所属学会 (3件):
オープンCAE学会 ,  日本建築学会 ,  空気調和・衛生工学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る