研究者
J-GLOBAL ID:200901027628799010   更新日: 2020年07月15日

竹内 英之

タケウチ ヒデユキ | Takeuchi Hideyuki
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (5件): 神経科学一般 ,  神経科学一般 ,  神経科学一般 ,  免疫学 ,  神経内科学
研究キーワード (11件): ケモカイン ,  サイトカイン ,  制御性T細胞 ,  ミッドカイン ,  治療 ,  神経細胞死 ,  ミクログリア ,  自己免疫疾患 ,  神経変性疾患 ,  神経免疫学 ,  神経内科学
論文 (23件):
  • Tau pathology in chronic traumatic encephalopathy and Alzheimer’s disease: Similarities and differences. Frontires in Neurology. 2019. 10. 980
  • GGC repeat expansion of NOTCH2NLC in adult patients with leukoencephalopathy. Annals of Neurology. 2019
  • Long-read sequencing identifies GGC repeat expansions in NOTCH2NLC associated with neuronal intranuclear inclusion disease. Nature Genetics. 2019
  • Hashiguchi S, Doi H, Kunii M, Nakamura Y, Shimuta M, Suzuki E, Koyano S, Okubo M, Kishida H, Shiina M, Ogata K, Hirashima F, Inoue Y, Kubota S, Hayashi N, Nakamura H, Takahashi K, Katsumoto A, Tada M, Tanaka K, Sasaoka T, Miyatake S, Miyake N, Saitsu H, Sato N, Ozaki K, Ohta K, Yokota T, Mizusawa H, Mitsui J, Ishiura H, Yoshimura J, Morishita S, Tsuji S, Takeuchi H, Ishikawa K, Matsumoto N, Ishikawa T, Tanaka F. Ataxic phenotype with altered CaV3.1 channel property in a mouse model for spinocerebellar ataxia 42. Neurobiology of Disease. 2019
  • 古宮 裕泰, 児矢野 繁, 土井 宏, 西野 一三, 竹内 英之, 田中 章景. 血管内大細胞性B細胞リンパ腫を併発し、R-CHOP療法で劇的な改善を認めた抗SRP抗体陽性筋炎の1例. 神経治療学. 2018. 35. 6. S259-S259
もっと見る
MISC (34件):
  • 浅野 史織, 東山 雄一, 森原 啓介, 高橋 慶太, 田中 健一, 上木 英人, 竹内 英之, 田中 章景. 純粋運動失調を呈したランバート・イートン症候群の67歳男性例. 臨床神経学. 2018. 58. 4. 254-254
  • 浅野 史織, 東山 雄一, 森原 啓介, 高橋 慶太, 田中 健一, 上木 英人, 竹内 英之, 田中 章景. 純粋運動失調を呈したランバート・イートン症候群の67歳男性例. 臨床神経学. 2018. 58. 4. 254-254
  • Takeuchi H, Mizoguchi H, Tanaka F, Suzumura A. GAP junction/hemichannel blockers ameliorate the disease progression of FTLD/ALS mice. JOURNAL OF THE NEUROLOGICAL SCIENCES. 2017. 381. 714-715
  • 國井 美紗子, 大瀧 浩之, 浅野 徹也, 小川 有紀, 高橋 慶太, 東山 雄一, 土井 宏, 竹内 英之, 田中 章景. 多発性脳梗塞を呈する血管内リンパ腫で発症したメトトレキサート関連リンパ増殖性疾患の1例. 神経免疫学. 2017. 22. 1. 122-122
  • Ohgomori T, Yamasaki R, Takeuchi H, Kadomatsu K, Kira JI, Jinno S. Differential activation of neuronal and glial STAT3 in the spinal cord of the SOD1G93A mouse model of amyotrophic lateral sclerosis. Neuroscience. 2017. 356. 114-124
もっと見る
書籍 (8件):
  • Advances in Neuroimmune Biology
    IOS Press 2013
  • 脳21
    金芳堂 2013
  • Neuron-Glia interaction in Neuroinflammation
    Springer 2013
  • Midkine: From embryogenesis to pathogenesis and therapy
    Springer 2012
  • Clinical Neuroscience
    中外医学社 2008
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1998 - 2002 名古屋大学大学院 医学研究科
  • 1989 - 1995 名古屋大学 医学部 医学科
学位 (1件):
  • 医学博士 (名古屋大学)
経歴 (9件):
  • 2016/04 - 現在 横浜市立大学医学部 准教授
  • 2012/04 - 2016/03 名古屋大学環境医学研究所 助教
  • 2009/09 - 2012/03 ペンシルベニア大学附属病院 客員助教授
  • 2003/10 - 2009/08 名古屋大学環境医学研究所 助教
  • 2002/04 - 2003/09 名古屋大学医学部 博士研究員
全件表示
委員歴 (13件):
  • - 現在 日本神経科学学会 学会誌NSR編集委員
  • - 現在 日本神経感染症学会 評議員
  • - 現在 日本神経治療学会 評議員
  • - 現在 Clinical and Experimental Neuroimmunology Associate Editor
  • - 現在 Neuroscience Research Section Editor
全件表示
受賞 (7件):
  • 2017/09 - 内藤記念科学振興財団 研究奨励賞
  • 2014/10 - 鈴木謙三記念医科学応用研究財団 研究奨励賞
  • 2013/10 - 武田科学振興財団 医学研究奨励賞
  • 2011 - 第3回臨床薬理研究振興財団 研究大賞
  • 2008/04 - Young Neuroimmunologist Award
全件表示
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る