研究者
J-GLOBAL ID:200901027680013377   更新日: 2020年04月16日

加藤 貴之

カトウ タカユキ | Kato Takayuki
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 外国語教育
研究キーワード (4件): レトリック ,  スピーチコミュニケーション ,  Rhetorical Criticism ,  Speech Communication
論文 (3件):
  • KATO Takayuki. An Analysis of Royal Address by the King of Bhutan at the Diet of Japan. Proceedings of the 4th Tokyo Conference on Argumentation: The Role of Argumentation in Society. 2012. 57-62
  • KATO Takayuki, SUZUKI Takeshi. An Analysis of the 2010 Election Day Speech Contest of Two Democratic Party of Japan Candidates. Reasoned Argument and Social Change: Selected Papers from the Seventeenth National Communication Association/American Forensic Association Conference on Argumentation, Alta, Utah, July 2011. 2011. 593-599
  • KATO Takayuki. Crisis Rhetoric of U.S. President Barack Obama: From the Worst-Ever Oil Spill to Ecological Future. The Seiwa Review of Cultural and Social Science. 2011. 17. 69-80
MISC (2件):
  • President Clinton's Memorial Speech in Okinawa : Defending the Past for the Future. Proceedings of the Second Tokyo Conference on Argumentation. 2004
  • Postmodern Memorializing and Peace Rhetoric : Case Study of 'the Cornerstone of Peace,' Memorial of the Battle of Okinawa. Proceedings of the Fifth Conference of the ISSA. 2003
講演・口頭発表等 (1件):
  • PowerPointを使ったチャンクリーディング教材の作り方-ジャパンタイムズの英語学習サイト『週刊STオンライン』の記事を題材に-
    (第50回日本時事英語学会年次大会ワークショップ 2008)
学歴 (4件):
  • - 2004 ノーザンアイオワ大学大学院 コミュニケーションエジュケーション
  • - 2004 University of Northern Iowa Communication Education
  • - 1999 立教大学 国際・比較法学科
  • - 1999 立教大学
学位 (1件):
  • 修士(コミュニケーション学) (ノーザンアイオワ大学(アメリカ合衆国))
所属学会 (6件):
地域マネジメント学会 ,  大学英語教育学会 ,  日本メディア英語学会 ,  法と言語 学会 ,  日本ディベート協会 ,  Japan Debate Association
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る