研究者
J-GLOBAL ID:200901027762823369   更新日: 2019年04月04日

河原 聡

カワハラ サトシ | KAWAHARA Satoshi
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 宮崎大学  産業動物防疫リサーチセンター 畜産研究・支援部門   研究員
ホームページURL (1件): http://www.agr.miyazaki-u.ac.jp/~abs/niku/index.html
研究キーワード (1件): ライフサイエンス領域
論文 (150件):
  • 勝俣 沙智, 鎌倉 美彩子, 磯島 聖良, 高橋 俊浩, 小林 郁雄, 河原 聡, 坂本 信介, 新美 光弘, 川島 知之. カンショ由来生焼酎粕給与が肥育豚の飼養成績と肉質に及ぼす影響. 日本畜産学会報. 2018. 89. 2. 199-206
  • Nakanishi, T., Yamashita, M., Nishimoto, N., Erickson, L., Kawahara, S. Effect of pre-slaughter autophagic status on postmortem proteolysis in skeletal muscle of mice. American Journal of Animal and Veterinary Sciences. 2017. 12. 2. 58-64
  • Takeda, T., Matsufuji, H., Nakade, K., Takenoyama, S., Ahhmed, A., Sakata, R., Kawahara, S., Muguruma, M. Investigation of lactic acid bacterial strains for meat fermentation and the product's antioxidant and angiotensin-I-converting enzyme inhibitory activities. Animal Science Journal. 2017. 88. 507-516
  • Nakanishi, T., Tokunaga, Y., Yamasaki, M., Erickson, L., Kawahara, S. Orally administered conjugated linoleic acid ameliorates allergic dermatitis induced by repeated applications of oxazolone in mice. Animal Science Journal. 2016. 87. 1554-1561
  • Suzuki, R., Nakanishi, T., Matsushita, Y., Kawahara, S. Phytanic acid and pristanic acid contents in milk and dairy products originated from Japan and European countries. Proceedings of the 17th AAAP Animal Science Congress. 2016. 17. 361-361
もっと見る
MISC (14件):
  • 河原 聡. 食肉と健康に関する事情. 生活協同組合研究. 2017. 2017.8. 499. 5-14
  • 河原 聡. 乳中の共役リノール酸,トランス脂肪酸の栄養機能. Milk Science. 2012. 61. 3. 259-263
  • 河原 聡,六車三治男. トランス脂肪酸に関する国内外の情勢. 食肉の科学. 2010. 51. 2. 125-131
  • 河原 聡. Kulmbach滞在記. 食肉の科学. 2007. 48. 2. 205-210
  • 六車三治男,森 栄裕,河原 聡,中山建男,丸山眞杉,久寿米木一裕,菱沼 毅,中村豊郎. 脱脂粉乳を利用した機能性味噌の開発. 食品工業. 2005. 48. 23. 2-15
もっと見る
特許 (1件):
  • 高スループット機能性評価方法、プログラム、及び装置
書籍 (6件):
  • めん羊・山羊 飼養のすべて
    社団法人 畜産技術協会 2005
  • CMCテクニカルライブラリー 221 機能性脂質の進展
    シーエムシー出版 2006 ISBN:4882318830
  • 食肉用語辞典(新改訂版)
    株式会社 食肉通信社 2010 ISBN:978-4-87988-113-7
  • シリーズ〈家畜の科学〉3 ヤギの科学
    株式会社 朝倉書店 2014 ISBN:978-4-254-45503-8
  • 食物と健康の科学シリーズ 肉の機能と科学
    株式会社 朝倉書店 2015 ISBN:978-4-254-43550-4
もっと見る
講演・口頭発表等 (60件):
  • ルーメン微生物によるリノール酸の水素付加反応に及ぼすpHの影響
    (日本畜産学会第104回大会 2005)
  • クイーンビーフの軟化処理について
    (日本畜産学会第104回大会 2005)
  • ヤギ(日本ザーネン種)の乳量と乳成分ー宮崎県における調査例ー
    (日本畜産学会第104回大会 2005)
  • ヒト乳腺炎乳の脂肪酸組成の特徴
    (日本農芸化学会2005年度大会 2005)
  • ヒト乳がん細胞株MCF-7の増殖に及ぼすcis-9, trans-11共役リノール酸の影響
    (日本畜産学会第105回大会 2005)
もっと見る
学位 (3件):
  • 博士(農学) (鹿児島大学)
  • 農学修士 (九州大学)
  • 農学士 (九州大学)
経歴 (8件):
  • 1996/04/01 - 2003/03/31 宮崎大学 助手
  • 2003/04/01 - 2007/03/31 宮崎大学 講師
  • 2013/04/01 - 2014/05/31 宮崎大学 研究員
  • 2007/04/01 - 2014/05/31 宮崎大学 准教授
  • 2014/04/01 - 2016/03/31 宮崎大学 准教授
全件表示
所属学会 (6件):
日本畜産学会 ,  食品技術者協会(Institute of Food Technologists) ,  日本食品微生物学会 ,  日本食品科学工学会 ,  日本暖地畜産学会 ,  日本食肉研究会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る