研究者
J-GLOBAL ID:200901027800050280   更新日: 2020年07月12日

藤田 裕規

フジタ ユウキ | Fujita Yuki
所属機関・部署:
職名: 講師
ホームページURL (1件): http://www.med.kindai.ac.jp/pubheal/
研究分野 (1件): 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない
論文 (29件):
  • Fujita Y, Kouda K, Ohara K, Nakamura H, Iki M. Leptin mediates the relationship between fat mass and blood pressure: The Hamamatsu School-based health study. Medicine. 2019. 98. 12. e14934
  • Jaalkhorol M, Fujita Y, Kouda K, Tamaki J, Komatsu M, DongMei N, Sato Y, Tachiki T, Yura A, Kajita E, Kagamimori S, Iki M. Low bone mineral density is associated with an elevated risk of developing increased arterial stiffness: A 10-year follow-up of Japanese women from the Japanese Population-based Osteoporosis (JPOS) cohort study. Maturitas. 2019. 119. 39-45
  • Ohara K, Mase T, Kouda K, Miyawaki C, Momoi K, Fujitani T, Fujita Y, Nakamura H. Association of anthropometric status, perceived stress, and personality traits with eating behavior in university students. Eating and weight disorders : EWD. 2019
  • Kouda K, Iki M, Fujita Y, Nakamura H, Ohara K, Tachiki T, Nishiyama T. Trends in serum lipid levels of a 10- and 13-year-old population in Fukuroi City, Japan (2007 - 2017). Journal of epidemiology. 2018
  • Fujita Y, Kouda K, Nakamura H, Iki M. Relationship Between Maternal Pre-pregnancy Weight and Offspring Weight Strengthens as Children Develop: A Population-Based Retrospective Cohort Study. Journal of epidemiology. 2018
もっと見る
MISC (11件):
  • 藤田 裕規, 伊木 雅之. 【男性骨粗鬆症】藤原京スタディ男性骨粗鬆症コホート研究に基づく骨粗鬆症リスク因子. Clinical Calcium. 2016. 26. 7. 1031-1037
  • 藤田 裕規, 伊木 雅之, 玉置 淳子, 甲田 勝康, 由良 晶子, 佐藤 裕保, 文 鐘聲, 岡本 希, 車谷 典男. 終末糖化産物ペントシジンは日本人高齢男性の骨折予測因子と成り得る 藤原京スタディ男性骨粗鬆症(FORMEN)研究. Osteoporosis Japan. 2015. 23. Suppl.1. 198-198
  • 宮脇 千惠美, 間瀬 知紀, 小原 久未子, 甲田 勝康, 藤田 裕規, 奥野 紗織, 金田 啓稔. 運動のモチベーションについて 性差の観点より. 体力科学. 2014. 63. 6. 686-686
  • 伊木 雅之, 藤田 裕規, 玉置 淳子, 佐藤 裕保, Winzenrieth Renaud, 甲田 勝康, 由良 晶子, 文 鐘聲, 岡本 希, 車谷 典男. 日本人高齢男性において海綿骨微細構造指標Trabecular Bone Score(TBS)はFRAXの骨折リスク評価性能を改善する 藤原京男性骨粗鬆症研究FORMEN Cohort Study. Osteoporosis Japan. 2014. 22. Suppl.1. 274-274
  • 玉置 淳子, 伊木 雅之, 甲田 勝康, 藤田 裕規. 男性骨粗鬆症コホート研究5年次追跡による骨折発生予知における終末糖化産物の細胞外受容体(esRAGE)およびesRAGE/ペントシジン比の測定意義の検討. Osteoporosis Japan. 2013. 21. 4. 740-748
もっと見る
講演・口頭発表等 (57件):
  • Ideal body image and eating behaviors in Japanese young adults
    (20th European Congress on Obesity 2013)
  • Body shape and the related factors in Japanese university students
    (20th European Congress on Obesity 2013)
  • Increased trunk-to-appendicular fat ratio is associated with decreased adiponectin concentrations independently of whole body fat in a general population of japanese children
    (20th European Congress on Obesity 2013)
  • Increased trunk-to-appendicular fat ratio is associated with low serum HDL cholesterol levels independently of total adiposity in japanese children
    (20th European Congress on Obesity 2013)
  • 日本人小学生における体脂肪分布パターンと第二次性徴との関連:二重エネルギーX線吸収法による検討
    (第23回日本疫学会学術総会 2012)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 1998 - 2000 九州大学大学院薬学専攻
学位 (1件):
  • 博士 (医学)
委員歴 (4件):
  • 2019/04 - 現在 日本生理人類学会 評議員
  • 2018/08 - 現在 大阪狭山市食育推進計画策定委員会 委員
  • 2012/04 - 現在 近畿学校保健学会 評議員
  • 2020/04 - 2024/03 日本衛生学会 編集委員会 委員
受賞 (3件):
  • 2015/09 - 日本骨粗鬆症学会 第17回優秀演題賞
  • 2010/10 - 日本骨粗鬆症学会 2010年度研究奨励賞
  • 2009/10 - 第68回日本公衆衛生学会総会 優秀演題賞
所属学会 (8件):
日本計量生物学会 ,  日本生理人類学会 ,  日本骨代謝学会 ,  日本肥満学会 ,  日本骨粗鬆症学会 ,  日本学校保健学会 ,  日本疫学会 ,  日本公衆衛生学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る