研究者
J-GLOBAL ID:200901027902471417   更新日: 2021年05月18日

矢島 啓

ヤジマ ヒロシ | Yajima Hiroshi
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (4件): 環境動態解析 ,  防災工学 ,  水工学 ,  大気水圏科学
研究キーワード (10件): 水理生態系シミュレーション ,  水環境 ,  ダム貯水池 ,  湖沼 ,  Heavy rainfall disaster ,  Hydro ecological simulation ,  heavy rainfall ,  River Engineering ,  Limmology ,  Hydrology
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2018 - 豪雨がもたらす河川洪水氾濫
  • Water Environmental Problem in Dam
  • Method of Water Purification in a Lake
  • Study on environmental analysis of lakes
  • Study on PMP estimation
全件表示
論文 (47件):
  • Hiroshi Yajima, Ryohei Morohara, Masaki Yamada. Effects of biological behaviors of benthic bivalve (Corbicula japonica) on its passive transport. Hydrobiologia. 2021
  • Jonathan Derot, Hiroshi Yajima, François G. Schmitt. Benefits of machine learning and sampling frequency on phytoplankton bloom forecasts in coastal areas. Ecological Informatics. 2020. 60. 101174-101174
  • Jonathan Derot, Hiroshi Yajima, Stéphan Jacquet. Advances in forecasting harmful algal blooms using machine learning models: A case study with Planktothrix rubescens in Lake Geneva. Harmful Algae. 2020. 99. 101906-101906
  • K. Nakayama, K. Komai, K. Tada, H.C. Lin, H. Yajima, S. Yano, M.R. Hipsey, J.W. Tsai. Modeling dissolved inorganic carbon considering submerged aquatic vegetation. Ecological Modelling. 2020. 431. 109188-109188
  • 矢島啓, 鈴木伴征. ダム貯水池での連続成層化における複数口を用いた異高同時取水特性. 土木学会論文集B1(水工学). 2020. 76. 2. I_1375-I_1380
もっと見る
MISC (12件):
もっと見る
書籍 (5件):
  • 豊かな内水面水産資源の復活のために : 宍道湖からの提言
    生物研究社 2020 ISBN:9784909119155
  • 水理公式集[2018年版]
    丸善出版 2019 ISBN:9784810608359
  • 環境水理学
    土木学会,丸善出版 (発売) 2015 ISBN:9784810608014
  • 土砂災害の警戒・避難システム
    九州大学出版会 2006 ISBN:9784873789002
  • 防災事典
    築地書館 2002 ISBN:4806712337
講演・口頭発表等 (4件):
  • これからの川とのつきあい - 知と想像力の融合 -
    (令和2年度中国地方治水大会 2020)
  • Japanese water environment management and challenge of dam reservoir water quality management
    (Korea International Water Week 2018)
  • 宍道湖におけるヤマトシジミの生体的行動を考慮した移動評価,
    (第21回日本水環境学会シンポジウム 2018)
  • Management of Outflow Water Temperature at Tono Dam by a Flexible Operation of Selective Withdrawal System
    (IWA Symposium of Lake and Reservoir Management 2017)
Works (3件):
  • dam reservoir and downstream water quality evaluation
    2003 -
  • Phytoremediation in a dam reservoir
    2002 -
  • Development of Total Simulation Model for a small Brackish Lake
    1999 -
学歴 (3件):
  • 1993 - 1996 京都大学 環境地球工学
  • 1988 - 1990 京都大学 土木工学
  • 1984 - 1988 京都大学 土木工学科
学位 (1件):
  • 博士(工学) (京都大学)
経歴 (5件):
  • 2021/03 - 現在 グリフィス大学 オーストラリア河川研究所 客員教授
  • 2016/10 - 現在 島根大学 研究・学術情報機構 エスチュアリー研究センター 教授
  • 2002/11 - 2016/09 鳥取大学 大学院工学研究科 社会基盤工学専攻 准教授
  • 2008/09 - 2015/07 西オーストラリア大学 水研究センター 特任上級研究員
  • 1996/04 - 2002/10 鳥取大学 工学部 土木工学科 助手
委員歴 (9件):
  • 2017 - 2019 土木学会環境システム委員会 委員
  • 2017 - 2019 土木学会水工学委員会グローカル気候変動適応研究推進小委員会 幹事
  • 2016 - 2019 Lake and Reservoir Management Specialist group, IWA Committee member
  • 2015 - 2019 土木学会水工学委員会 委員兼幹事
  • 2015 - 2019 土木学会水工学委員会水工学論文集編集小委員会 委員兼幹事
全件表示
受賞 (2件):
  • 2015/09 - International Water Association Water Research誌 Outstanding Reviewer賞
  • 1997/08 - 水文・水資源学会 論文奨励賞
所属学会 (10件):
土木学会 ,  International Water Association ,  水文・水資源学会 ,  International Association for Hydro-Environment Engineering and Research ,  土木学会水工学委員会 ,  土木学会水工学委員会水工学論文集編集小委員会 ,  土木学会水工学委員会環境水理部会 ,  Lake and Reservoir Management Specialist group ,  土木学会環境システム委員会 ,  土木学会水工学委員会グローカル気候変動適応研究推進小委員会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る