研究者
J-GLOBAL ID:200901027902471417   更新日: 2020年05月25日

矢島 啓

ヤジマ ヒロシ | Yajima Hiroshi
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (5件): 環境動態解析 ,  防災工学 ,  水工学 ,  水工学 ,  大気水圏科学
研究キーワード (4件): 水理生態系シミュレーション ,  水環境 ,  ダム貯水池 ,  湖沼
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2018 - 豪雨がもたらす河川洪水氾濫
  • 湖沼・ダム貯水池における生態系シミュレーション
論文 (34件):
  • Yuji Sakuno, Hiroshi Yajima, Yumi Yoshioka, Shogo Sugahara, Mohamed Abd Elbasit, Elhadi Adam, Johannes Chirima. Evaluation of Unified Algorithms for Remote Sensing of Chlorophyll-a and Turbidity in Lake Shinji and Lake Nakaumi of Japan and the Vaal Dam Reservoir of South Africa under Eutrophic and Ultra-Turbid Conditions. Water. 2018. 10. 5. 618
  • 矢島啓, 眞鍋幸嗣. 袋川感潮域における下水処理水の放流が河川水質に与える影響. 土木学会論文集B1(水工学). 2018. 74. 4. I_379-I_384-384
  • 増木 新吾, 矢島 啓, 管原 庄吾. アオコ発生時のダム湖における集中観測から得られた水質の変動と栄養塩の関係. 水工学論文集 Annual journal of Hydraulic Engineering, JSCE. 2018. 62. I_367-372
  • Yajima, H, Derot, J. Application of random forest model for chlorophyll-a forecast in fresh and brackish water bodies in Japan, using multivariate long-term databases. Journal of Hydroinformatics. 2018. 20. 1. 206-220
  • 矢島啓, 諸原亮平, 川野裕美. 宍道湖における着底後のシジミの移動限界評価. 土木学会論文集B1(水工学). 2017. 73. 4. I_955-I_960-960
もっと見る
MISC (8件):
  • 鈴木 伴征, 矢島 啓, 泉谷 隆志. 殿ダムの異高同時取水に関する数値解析的検討. 土木学会論文集B1(水工学). 2018. 74. 5. I_523-528
  • 矢島啓, 眞鍋幸嗣. 袋川感潮域における下水処理水の放流が河川水質に与える影響. 土木学会論文集B1(水工学). 2018. 74. 4. I_379-I_384
  • 牧野 育代, 矢島 啓, 増木 新吾. 日射の変動に伴うダム湖の潜在的水質リスク因子の遺伝子発現変動. 土木学会論文集B1(水工学). 2018. 74. 5. I_493-498
  • 増木 新吾, 矢島 啓, 管原 庄吾. 成層化したダム湖における降雨後のアオコ発生メカニズム. 土木学会論文集B1(水工学). 2018. 74. 5. I_487-492
  • Yajima, H, Derot, J. Application of random forest model for chlorophyll-a forecast in fresh and brackish water bodies in Japan, using multivariate long-term databases. Journal of Hydroinformatics. 2018. 20. 1. 206-220
もっと見る
書籍 (1件):
  • 水理公式集[2018年版]
    丸善出版 2019 ISBN:9784810608359
講演・口頭発表等 (3件):
  • 宍道湖におけるヤマトシジミの生体的行動を考慮した移動評価,
    (第21回日本水環境学会シンポジウム 2018)
  • Japanese water environment management and challenge of dam reservoir water quality management
    (Korea International Water Week 2018)
  • Management of Outflow Water Temperature at Tono Dam by a Flexible Operation of Selective Withdrawal System
    (IWA Symposium of Lake and Reservoir Management 2017)
学歴 (1件):
  • - 1988 京都大学 工学部 土木工学科
学位 (1件):
  • 博士(工学) (京都大学)
経歴 (2件):
  • 鳥取大学
  • 鳥取大学
委員歴 (9件):
  • 2017 - 2019 土木学会環境システム委員会 委員
  • 2017 - 2019 土木学会水工学委員会グローカル気候変動適応研究推進小委員会 幹事
  • 2016 - 2019 Lake and Reservoir Management Specialist group, IWA Committee member
  • 2015 - 2019 土木学会水工学委員会 委員兼幹事
  • 2015 - 2019 土木学会水工学委員会水工学論文集編集小委員会 委員兼幹事
全件表示
所属学会 (7件):
土木学会水工学委員会 ,  土木学会水工学委員会水工学論文集編集小委員会 ,  土木学会水工学委員会環境水理部会 ,  IWA ,  Lake and Reservoir Management Specialist group ,  土木学会環境システム委員会 ,  土木学会水工学委員会グローカル気候変動適応研究推進小委員会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る