研究者
J-GLOBAL ID:200901027902471417   更新日: 2024年01月30日

矢島 啓

ヤジマ ヒロシ | Yajima Hiroshi
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (4件): 環境動態解析 ,  防災工学 ,  水工学 ,  大気水圏科学
研究キーワード (10件): 水理生態系シミュレーション ,  水環境 ,  ダム貯水池 ,  湖沼 ,  Heavy rainfall disaster ,  Hydro ecological simulation ,  heavy rainfall ,  River Engineering ,  Limmology ,  Hydrology
競争的資金等の研究課題 (12件):
  • 2020 - 2022 水質管理のための生態系モデルと機械学習モデルのハイブリッドモデルの改良
  • 2019 - 2022 雨水貯留ポテンシャルを考慮した中小都市の内水氾濫に関する気候変動適応策
  • 2018 - 2022 気候変動緩和と適応の推進に向けた成層水域における水生植物による炭素貯留機構の解明
  • 2018 - 豪雨がもたらす河川洪水氾濫
  • 2007 - 2009 高酸素水生成装置を用いる汽水湖貧酸素水塊の水質改善及び湖底の底質改善
全件表示
論文 (52件):
  • Jonathan Derot, Hiroshi Yajima, Mikio Nakamura. Enhanced understanding of physicochemical constraints on Corbicula japonica habitat in Lake Shinji assisted machine learning. Ecological Informatics. 2022. 101608-101608
  • 吉田 圭介, 足立 真綾, 矢島 啓, 山下 泰司, 安達 森, 藤井 陽. 旭川感潮域におけるアユ産卵場面積の拡大を目的とした砂州の横断掘削とその効果の検証. 土木学会論文集B1(水工学). 2022. 78. 2. I_1111-I_1116
  • 矢島 啓, 吉岡 有美. 連結系汽水湖宍道湖・中海の塩分環境に及ぼす風況の影響. 土木学会論文集B1(水工学). 2022. 78. 2. I_1051-I_1056
  • Hiroshi Yajima, Ryohei Morohara, Masaki Yamada. Effects of biological behaviors of benthic bivalve (Corbicula japonica) on its passive transport. Hydrobiologia. 2021
  • 足立真綾, 吉田圭介, 矢島啓, 山下泰司. 旭川の感潮域におけるアユの好適な産卵場の検討. 土木学会論文集 B1(水工学)(Web). 2021. 77. 2. I_1429-I_1434
もっと見る
MISC (19件):
  • 鈴木 伴征, 矢島 啓. 連続サイホン式選択取水設備による異高同時取水-ICOLD第27回大会 報文. 大ダム = Large dams / 日本大ダム会議 編. 2021. 64. 257. 45-53
  • 道上 正規, 矢島 啓. 河川への土砂流人に対する人間活動の影響の歴史 (総特集 海-川-陸の物質移動) -- (山地・河川・海岸を通じての物質移動 : その環境・防災科学的意義). 月刊地球 = Chikyu monthly : カラー版. 2016. 38. 7. 381-386
  • HASHIMOTO Ken, YAJIMA Hiroshi. ESTIMATION OF PROBABLE MAXIMUM PRECIPITATION AND PROBABLE MAXIMUM FLOOD THROUGH MAXIMIZATION OF WEATHER CONDUTIONS. Proceeding of Annual Conference. 2015. 28. 0
  • 矢島 啓. ダム貯水池の濁水長期化, 冷・温水現象および底層嫌気化の問題. 水環境学会誌 = Journal of Japan Society on Water Environment. 2012. 35. 3. 83-86
  • 橋本 健, 細川 達也, 矢島 啓. 利根川流域を対象とした流域規模での可能最大降水量(PMP)の推定に関する研究. 水文・水資源学会研究発表会要旨集. 2012. 25. 0. 48-48
もっと見る
書籍 (5件):
  • 豊かな内水面水産資源の復活のために : 宍道湖からの提言
    生物研究社 2020 ISBN:9784909119155
  • 水理公式集[2018年版]
    丸善出版 2019 ISBN:9784810608359
  • 環境水理学
    土木学会,丸善出版 (発売) 2015 ISBN:9784810608014
  • 土砂災害の警戒・避難システム
    九州大学出版会 2006 ISBN:9784873789002
  • 防災事典
    築地書館 2002 ISBN:4806712337
講演・口頭発表等 (4件):
  • これからの川とのつきあい - 知と想像力の融合 -
    (令和2年度中国地方治水大会 2020)
  • Japanese water environment management and challenge of dam reservoir water quality management
    (Korea International Water Week 2018)
  • 宍道湖におけるヤマトシジミの生体的行動を考慮した移動評価,
    (第21回日本水環境学会シンポジウム 2018)
  • Management of Outflow Water Temperature at Tono Dam by a Flexible Operation of Selective Withdrawal System
    (IWA Symposium of Lake and Reservoir Management 2017)
Works (3件):
  • dam reservoir and downstream water quality evaluation
    2003 -
  • Phytoremediation in a dam reservoir
    2002 -
  • Development of Total Simulation Model for a small Brackish Lake
    1999 -
学歴 (3件):
  • 1993 - 1996 京都大学 工学研究科 環境地球工学
  • 1988 - 1990 京都大学 工学研究科 土木工学
  • 1984 - 1988 京都大学 工学部 土木工学科
学位 (1件):
  • 博士(工学) (京都大学)
経歴 (5件):
  • 2021/03 - 現在 グリフィス大学 オーストラリア河川研究所 客員教授
  • 2016/10 - 現在 島根大学 研究・学術情報機構 エスチュアリー研究センター 教授
  • 2002/11 - 2016/09 鳥取大学 大学院工学研究科 社会基盤工学専攻 准教授
  • 2008/09 - 2015/07 西オーストラリア大学 水研究センター 特任上級研究員
  • 1996/04 - 2002/10 鳥取大学 工学部 土木工学科 助手
委員歴 (9件):
  • 2016 - 現在 Lake and Reservoir Management Specialist group, IWA Committee member
  • 2017 - 2019 土木学会環境システム委員会 委員
  • 2017 - 2019 土木学会水工学委員会グローカル気候変動適応研究推進小委員会 幹事
  • 2015 - 2019 土木学会水工学委員会 委員兼幹事
  • 2015 - 2019 土木学会水工学委員会水工学論文集編集小委員会 委員兼幹事
全件表示
受賞 (2件):
  • 2015/09 - International Water Association Water Research誌 Outstanding Reviewer賞
  • 1997/08 - 水文・水資源学会 論文奨励賞
所属学会 (9件):
土木学会 ,  土木学会水工学委員会 ,  土木学会水工学委員会水工学論文集編集小委員会 ,  International Water Association ,  水文・水資源学会 ,  International Association for Hydro-Environment Engineering and Research ,  土木学会水工学委員会環境水理部会 ,  Lake and Reservoir Management Specialist group ,  土木学会水工学委員会グローカル気候変動適応研究推進小委員会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る