研究者
J-GLOBAL ID:200901028061419586   更新日: 2019年09月25日

岡 康子

オカ ヤスコ | Oka Yasuko
所属機関・部署:
職名: その他
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • -
論文 (7件):
  • Y.Oka, M.Rahman, C.Sasakura, T.Waseda, Y.Watanabe, R.Fujii, S.Makinoda. Prenatal diagnosis of fetal respiratory function: evaluation of fetal lung maturity using lung-to-liver signal intensity ratio at magnetic resonance imaging. Prenatal diagnosis. 2014. 34:1289-1294
  • 岡 康子, 早稲田智夫, 牧野田知. 【周産期感染症対策マニュアル】母体感染症 細菌性腟症(Bacterial Vaginosis). 産婦人科の実際. 2011. 60:323-329
  • 岡 康子, 高木弘明, 牧野田 知. 妊娠初期における腟内細菌感染治療の有用性に関する検討. 産婦人科の実際. 2010. 59:1257-1261
  • 高木弘明, 岡 康子, 牧野田 知. 水痘・帯状疱疹ウイルス. 産科と婦人科. 2010. 77増刊号:101-106
  • 高木弘明, 藤田智子, 岡 康子, 早稲田智夫, 富澤英樹, 藤井亮太, 笹川寿之, 牧野田 知. 子宮内膜症に対するジェノゲスト使用経験の検討. 日本エンドメトリオーシス学会会誌. 2010. 31:180-183
もっと見る
書籍 (2件):
  • 2.回旋異常(含むCPD)
    永井書店 2009
  • 細菌性腟症と前期破水
    永井書店 2008
講演・口頭発表等 (48件):
  • 子宮内膜症に対するジェノゲスト使用経験の検討
    (第31回日本エンドメトリオージス学会 2010)
  • 非典型的な経過を示した2羊膜2絨毛膜性双胎における双胎間輸血症候群(TTTS)の一例
    (第62回日本産科婦人科学会 2010)
  • 子宮頸癌・体癌リンパ節転移におけるPET-CTの有用性についての検討
    (第62回日本産科婦人科学会 2010)
  • バングラデシュRajshahi地方における青少年の性行動/ヘルスケア施設
    (第62回日本産科婦人科学会 2010)
  • 子宮頸癌の術前CDDP動注療法の治療効果と予後の検討
    (第47回日本癌治療学会 2010)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 香川大学
学位 (1件):
  • 医学博士
経歴 (1件):
  • 2008/04 - 金沢医科大学
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る