研究者
J-GLOBAL ID:200901028145860040   更新日: 2020年05月27日

粟津 緑

アワヅ ミドリ | MIDORI AWAZU
所属機関・部署:
職名: 非常勤講師
研究分野 (3件): 胎児医学、小児成育学 ,  腎臓内科学 ,  発生生物学
研究キーワード (1件): 小児腎臓学、腎発生、先天性腎尿尿路異常、高血圧
競争的資金等の研究課題 (15件):
  • 2017 - 2019 DNAメチル化、ヒドロキシメチル化のラット正常腎、母体低栄養腎における役割の解明
  • 2014 - 2017 DNAメチル化制御によるネフロン数減少の治療の試み
  • 2014 - 2016 早産によるネフロン形成早期終止におけるHIFの役割解明と治療の試み
  • 2012 - 2015 子宮内劣悪環境に起因する尿細管機能障害の検討
  • 2011 - 2013 子宮内胎仔発育遅延モデルにおけるネフロン数減少機序解明とその治療法の開発
全件表示
論文 (108件):
  • 粟津 緑. Masked Isolated Nocturnal Hypertension in Children and Young Adults. Pediatr Cardiol. 2017
  • Awazu Midori, Nagata Michio, Hida Mariko. BMP7 dose-dependently stimulates proliferation and cadherin-11 expression via ERK and p38 in a murine metanephric mesenchymal cell line. Physiological Reports. 2017. 5. 16
  • 粟津 緑. Transient Fanconi syndrome in two preterm infants with hydronephrosis and urinary tract infection. CEN CASE REPORTS. 2017. 6. 1. 88-90
  • 粟津 緑. Tubular Dysfunction Mimicking Dent's Disease in 2 Infants Born with Extremely Low Birth Weight. CASE REPORTS IN NEPHROLOGY AND DIALYSIS. 2017. 7. 1. 13-17
  • 粟津 緑. Mitogen-activated protein kinases in the development of normal and diseased kidneys. Child Kidney Dis. 2017. 21. 1-7
もっと見る
書籍 (26件):
  • Epidemiology of hypertension In: Pediatric Nephrology. 7th Ed., Avener, E.D., Harmon, W.E., Niaudet, P., Yoshikawa, N., Emma, F.
    Springer, Berlin 2016
  • ネフローゼ症候群 小児救急治療ガイドライン. 改訂第3版
    診断と治療社 2015
  • 血尿・蛋白尿. 小児のCommon Diseases 100 -初期対応と処方-
    総合医学社 2015
  • 細胞培養・器官培養. 小児腎臓病学
    診断と治療社 2012
  • 腎性高血圧. 今日の小児治療指針第15版
    医学書院 2012
もっと見る
講演・口頭発表等 (169件):
  • Nephrogenesisに影響する因子.
    (第39回腎臓セミナー・Nexus Japan 2017)
  • Application of ABP monitoring in the management of pediatric hypertension
    (Hypertension Seoul 2016 2016)
  • 極・超低出生体重児のCKD
    (第25回長野県小児腎臓病研究会. 2016)
  • 腎臓におけるDevelopmental Origins of Hearlth and Disease. オーバービュー・メカニズム.
    (第45回日本腎臓学会東部学術大会 2015)
  • Fanconi症候群の診断と治療
    (第45回日本腎臓学会東部学術大会. 2015)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 1977 慶應義塾大学医学部
学位 (1件):
  • 医学博士 (慶應義塾大学)
経歴 (4件):
  • 1986/07/01 - 1992/05/31 Vanderbilt University Research assistant professor
  • 1986/08/01 - 1987/06/30 Vanderbilt University Clinical fellow
  • 1984/08/01 - 1986/07/31 Mayo Clinic Research fellow
  • 1981 - 1984/07/31 慶應義塾大学医学部 助手
委員歴 (5件):
  • 2005/04 - 小児体液研究会 幹事
  • 2001 - 日本小児腎臓病学会 評議員
  • 2000 - 日本小児科学会 代議員
  • 2000 - 発達腎研究会 実行委員
  • 2000 - 関東小児腎臓研究会 運営委員
受賞 (5件):
  • 2004/04 - 日本小児科学会 優秀演題賞 小児、青年期における仮面高血圧の検討.
  • 2003/06 - World Congres of Nephrology Best Poster Award
  • 1993 - 東京都医師会医学研究賞 腎糸球体における心房性ナトリウム利尿ペプチドの生物学的意義の解明
  • 1992 - 三四会賞
  • 1984 - American Association of University Women American Association of University Women International Fellowship
所属学会 (10件):
日本小児科学会 ,  発達腎研究会 ,  関東小児腎臓研究会 ,  日本小児腎臓病学会 ,  小児体液研究会 ,  American Society of Nephrology ,  International Pediatric Nephrology Association ,  日本小児保健協会 ,  小児高血圧研究会 ,  日本未熟児新生児学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る