研究者
J-GLOBAL ID:200901028150581982   更新日: 2020年11月29日

唐沢 穣

カラサワ ミノル | Karasawa Minoru
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://www.psy.sis.nagoya-u.ac.jp/klab/index.htmlhttp://www.psy.sis.nagoya-u.ac.jp/klab/english/index.html
研究キーワード (4件): 法と心理学 ,  政治心理学 ,  集団間関係 ,  社会的認知
競争的資金等の研究課題 (10件):
  • 2019 - 2024 少数派排斥の心理的メカニズムを解明し多文化共生の方策を考案するための国際共同研究
  • 2019 - 2022 勤勉に関する日本的倫理観とその心理的基礎:認知的・動機的・文化的諸過程の解明
  • 2018 - 2022 社会の分断をあおるコミュニケーションの発生・伝搬・共有過程
  • 2015 - 2019 道徳意識の生成・共有・創発過程:個人と文化の動態的関係の解明
  • 2015 - 2017 消費者の価値観とアイデンティティーがもたらす影響 〜その心理的基礎過程とコミュニケーション機能の解明〜
全件表示
論文 (35件):
  • Bastian, B, Vauclair, M, Loughnan, S, Bain, P, Ashokkumar, A, Becker, M, Bilewicz, M, Collier-Baker, E, Crespo, C, Eastwick, P, et al. Explaining illness with evil: Pathogen prevalence fosters moral vitalism. Proceedings of the Royal Society B: Biological Sciences. 2019
  • Sprong, S, Jetten, J, Wang, Z, Peters, K, Mols, F, Verkuyten, M, Bastian, B, Ariyanto, A, Autin, F, Ayub, N, et al. "Our country needs a strong leader right now": Economic inequality enhances the wish for a strong leader. Psychological Science. 2019. 30. 11. 1-3
  • Hirozawa, P. Y, Karasawa, M, Matsuo, A. Intention matters to make you (im)moral: Positive-negative asymmetry in moral character evaluations. Journal of Social Psychology. 2019
  • Matsuo, A, Brown, C. M, Norasakkunkit, V, Karasawa, M. How can I become a member of my culture?: Shared representations of community-related moral violation in Japan and the U.S. Culture and Brain. 2019
  • Wice, M, Matsui, T, Tsudaka, G, Karasawa, M, Miller, J. G. Verbal display rule knowledge: A cultural and developmental perspective. Cognitive Development. 2019. 52
もっと見る
MISC (28件):
もっと見る
書籍 (16件):
  • 偏見や差別はなぜ起こる?心理メカニズムの解明と現象の分析
    ちとせプレス 2018 ISBN:9784908736100
  • Venture into Cross-Cultural Psychology: Proceedings from the 23rd International Congress of the International Association for Cross-Cultural Psychology
    ScholarWorks@GVSU 2018
  • 責任と法意識の人間科学
    勁草書房 2018 ISBN:9784326403493
  • Culture and group processes
    Oxford University Press 2013
  • 社会と個人のダイナミクス
    誠信書房 2011
もっと見る
講演・口頭発表等 (14件):
  • 集団の意図と責任 -実体の認知か擬制か-
    (日本心理学会第82回大会公募シンポジウム「法学と社会心理学の出会い(3)素朴法意識の諸相」 2018)
  • 日本人の国民・国家意識とそのイデオロギー性:愛国心、ナショナリズム、国際主義の現在
    (日本社会心理学会第59回大会 2018)
  • ことばの綾と対人認知の機微-エージェンシー、責任、そして非難-
    (ヒューマンコミュニケーション基礎研究会 2018)
  • Accepting a request with implied rule violation: A Brazil-Japan comparison on underlying psychological processes
    (The 24th International Congress of the International Association for Cross-Cultural Psychology 2018)
  • 集団の意図と責任-社会心理学的検証-
    (応用哲学会第10回年次研究会(ワークショップ「責任と法をめぐる『素朴理解』に関する実証研究とその哲学的含意」) 2018)
もっと見る
学位 (6件):
  • 文学修士 (京都大学)
  • Master of Arts (カリフォルニア大学ロサンジェルズ校)
  • Ph.D. (カリフォルニア大学ロサンジェルズ校)
  • Master of Letters (Kyoto University)
  • Master of Arts (University of California, Los Angeles)
全件表示
経歴 (10件):
  • 2017/04/01 - 現在 名古屋大学 大学院情報学研究科 心理・認知科学専攻 心理学 教授
  • 2017/04/01 - 名古屋大学 大学院情報学研究科 教授
  • 2007/10/01 - 2017/03/31 名古屋大学 大学院環境学研究科 社会環境学専攻 教授
  • 2007/10/01 - 名古屋大学 大学院環境学研究科 教授
  • 2007/04/01 - 2007/09/30 名古屋大学 大学院環境学研究科 社会環境学専攻 准教授
全件表示
受賞 (4件):
  • 2013/11 - 日本社会心理学会 日本社会心理学会奨励論文賞
  • 2013/08 - アジア社会心理学会/日本グループダイナミクス学会 三隅賞(最優秀論文賞
  • 2007/09 - 日本心理学会 日本心理学会研究奨励賞
  • 1988 - 国際心理学会議、日本心理学会 ヤングサイコロジスト
所属学会 (16件):
国際公正研究学会 ,  日本認知科学会 ,  法と心理学会 ,  人格社会心理学会 ,  日本認知心理学会 ,  国際政治心理学会 ,  心理科学連合 ,  アメリカ心理学会 ,  国際比較文化心理学会 ,  日本社会心理学会 ,  日本社会心理学会 ,  アジア社会心理学会 ,  日本心理学会 ,  日本社会心理学会 ,  日本社会心理学会 ,  日本ブループダイナミックス学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る