研究者
J-GLOBAL ID:200901028150581982   更新日: 2020年06月03日

唐沢 穣

カラサワ ミノル | Karasawa Minoru
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://www.psy.sis.nagoya-u.ac.jp/klab/index.htmlhttp://www.psy.sis.nagoya-u.ac.jp/klab/english/index.html
研究キーワード (4件): 法と心理学 ,  政治心理学 ,  集団間関係 ,  社会的認知
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2018 - 2022 社会の分断をあおるコミュニケーションの発生・伝搬・共有過程
  • 2015 - 2019 道徳意識の生成・共有・創発過程:個人と文化の動態的関係の解明
  • 2015 - 2017 消費者の価値観とアイデンティティーがもたらす影響 〜その心理的基礎過程とコミュニケーション機能の解明〜
  • 2013 - 2014 モラルリスクに関する調査
  • 2008 - 2012 認知と言語コミュニケーションの相互関連性に関する社会心理学的研究
全件表示
論文 (26件):
  • Karasawa, Minoru, Asai, Nobuko, Hioki, Koichi. Psychological essentialism at the explicit and implicit levels: The unique status of social categories. Japanese Psychological Research. 2019. 61. 2. 10.1111/jpr.12246
  • Smeeks, A, Jetten, J, Verkuyten, M, Wohl, M. J. A, Jasinskaya-Lahti, I, Ariyanto, A, Autin, F, Ayub, N, Badea, C, Besta, T, Butera, F, Costa-Lopes, R, Cui, L, Fantini, C, Finchilescu, G, Gaertner, L, Gollwitzer, M, Gómez, Á, González, R, Hong, Y-y, Jensen, D. H, Karasawa, M, Kessler, T, Klein, O, Lima, M, Renvik, T. A, Megevand, L, Morton, T, Paladino, P, Polya, T, Ruza, A, Shahrazad, W, Sharma, S, Teymoori, A, Torres, A. R, van der Bles, A. M. Regaining in-group continuity in times of anxiety about the group's future: A study on the role of collective nostalgia across 27 countries. Social Psychology. 2018
  • Smith, H. J, Ryan, D. A, Jaurique, A, Pettigrew, T. F, Jetten, J, Ariyanto, A, Autin, F, Ayub, N, Badea, C, Besta, T, Butera, F, Costa-Lopes, R, Cui, L, Fantini, C, Finchilescu, G, Gaertner, L, Gollwitzer, M, Gómez, Á, González, R, Hong, Y-y, Jensen, D. H, Karasawa, M, Kessler, T, Klein, O, Lima, M, Renvik, T. A, Jasinskaja-Lahti, I, Megevand, L, Morton, T, Paladino, P, Polya, T, Ruza, A, Shahrazad, W, Sharma, S, Teymoori, A, Torres, A. R, van der Bles, A. M, Wohl, M. Cultural values moderate the impact of relative deprivation. Journal of Cross-Cultural Psychology. 2018. 49. 8. 1183-1218
  • 柳学済, 堀田美穂, 唐沢穣. 外集団成員との相互作用の予期が集合的罪悪感に与える影響. 実験社会心理学研究. 2018. 58. 1. 45-52
  • 田中友理, 宮本聡介, 唐沢 穣. ステレオタイプ情報はよりリツイートされるか?-ツイートの言語表現に注目した検討-. 人間環境学研究. 2016. 14. 2. 165-170
もっと見る
MISC (25件):
  • 柳学済, 堀田美穂, 唐沢穣. 外集団成員との相互作用の予期が集合的罪悪感に与える影響. 実験社会心理学研究. 2018. 58. 1. 45-52
  • Smeeks, A, Jetten, J, Verkuyten, M, Wohl, M. J. A, Jasinskaya-Lahti, I, Ariyanto, A, Autin, F, Ayub, N, Badea, C, Besta, T, Butera, F, Costa-Lopes, R, Cui, L, Fantini, C, Finchilescu, G, Gaertner, L, Gollwitzer, M, Gómez, Á, González, R, Hong, Y-y, Jensen, D. H, Karasawa, M, Kessler, T, Klein, O, Lima, M, Renvik, T. A, Megevand, L, Morton, T, Paladino, P, Polya, T, Ruza, A, Shahrazad, W, Sharma, S, Teymoori, A, Torres, A. R, van der Bles, A. M. Regaining in-group continuity in times of anxiety about the group's future: A study on the role of collective nostalgia across 27 countries. Social Psychology. 2018
  • Smith, H. J, Ryan, D. A, Jaurique, A, Pettigrew, T. F, Jetten, J, Ariyanto, A, Autin, F, Ayub, N, Badea, C, Besta, T, Butera, F, Costa-Lopes, R, Cui, L, Fantini, C, Finchilescu, G, Gaertner, L, Gollwitzer, M, Gómez, Á, González, R, Hong, Y-y, Jensen, D. H, Karasawa, M, Kessler, T, Klein, O, Lima, M, Renvik, T. A, Jasinskaja-Lahti, I, Megevand, L, Morton, T, Paladino, P, Polya, T, Ruza, A, Shahrazad, W, Sharma, S, Teymoori, A, Torres, A. R, van der Bles, A. M, Wohl, M. Cultural values moderate the impact of relative deprivation. Journal of Cross-Cultural Psychology. 2018. 49. 1183-1218
  • 田中友理, 宮本聡介, 唐沢 穣. ステレオタイプ情報はよりリツイートされるか?-ツイートの言語表現に注目した検討-. 人間環境学研究. 2016. 14. 2. 165-170
  • Tsukamoto, S, Holland, E, Haslam, N, Karasawa, M, Kashima, Y. Cultural differences in perceived coherence of the self and in-group: A Japan-Australia comparison. Asian Journal of Social Psychology. 2015. 18. 2. 39-89
もっと見る
書籍 (16件):
  • 偏見や差別はなぜ起こる?心理メカニズムの解明と現象の分析
    ちとせプレス 2018 ISBN:9784908736100
  • Venture into Cross-Cultural Psychology: Proceedings from the 23rd International Congress of the International Association for Cross-Cultural Psychology
    ScholarWorks@GVSU 2018
  • 責任と法意識の人間科学
    勁草書房 2018 ISBN:9784326403493
  • Culture and group processes
    Oxford University Press 2013
  • 社会と個人のダイナミクス
    誠信書房 2011
もっと見る
講演・口頭発表等 (14件):
  • 集団の意図と責任 -実体の認知か擬制か-
    (日本心理学会第82回大会公募シンポジウム「法学と社会心理学の出会い(3)素朴法意識の諸相」 2018)
  • 日本人の国民・国家意識とそのイデオロギー性:愛国心、ナショナリズム、国際主義の現在
    (日本社会心理学会第59回大会 2018)
  • ことばの綾と対人認知の機微-エージェンシー、責任、そして非難-
    (ヒューマンコミュニケーション基礎研究会 2018)
  • Accepting a request with implied rule violation: A Brazil-Japan comparison on underlying psychological processes
    (The 24th International Congress of the International Association for Cross-Cultural Psychology 2018)
  • 集団の意図と責任-社会心理学的検証-
    (応用哲学会第10回年次研究会(ワークショップ「責任と法をめぐる『素朴理解』に関する実証研究とその哲学的含意」) 2018)
もっと見る
学位 (3件):
  • 文学修士 (京都大学)
  • Master of Arts (カリフォルニア大学ロサンジェルズ校)
  • Ph.D. (カリフォルニア大学ロサンジェルズ校)
経歴 (10件):
  • 2017/04/01 - 現在 名古屋大学 教授
  • 2017/04/01 - 名古屋大学 教授
  • 2007/10/01 - 2017/03/31 名古屋大学 教授
  • 2007/10/01 - 名古屋大学 教授
  • 2007/04/01 - 2007/09/30 名古屋大学 准教授
全件表示
受賞 (4件):
  • 2013/11 - 日本社会心理学会 日本社会心理学会奨励論文賞
  • 2013/08 - アジア社会心理学会/日本グループダイナミクス学会 三隅賞(最優秀論文賞
  • 2007/09 - 日本心理学会 日本心理学会研究奨励賞
  • 1988 - 国際心理学会議、日本心理学会 ヤングサイコロジスト
所属学会 (15件):
日本認知科学会 ,  法と心理学会 ,  (アメリカ)人格社会心理学会 ,  日本認知心理学会 ,  国際政治心理学会 ,  心理科学連合 ,  アメリカ心理学会 ,  国際比較文化心理学会 ,  日本社会心理学会 ,  日本社会心理学会 ,  アジア社会心理学会 ,  日本心理学会 ,  日本社会心理学会 ,  日本社会心理学会 ,  日本ブループダイナミックス学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る