研究者
J-GLOBAL ID:200901028181879319   更新日: 2020年08月27日

田中 潔

タナカ キヨシ | Tanaka Kiyoshi
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
研究分野 (3件): 複合材料、界面 ,  金属材料物性 ,  材料力学、機械材料
研究キーワード (3件): 構造材料・材料力学 ,  Composite Materials and Properties ,  Materials for Structures and Strength of Materials
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 金属材料の破壊特性の研究
  • アラミドハニカムコアの強度特性に関する研究
  • プラスチック系複合材料の破壊特性評価に関する研究
  • Study on fracture characteristics of metallic materials.
  • Study on strength characteristics of aramid haneycomb core.
全件表示
MISC (27件):
書籍 (5件):
  • 複合材料活用事典,第(]G0004[)編第1章力学的特性, 1静的基本的特性(13)破壊靭性(分担執筆)(日本複合材料学会編)
    産業調査会出版 2001
  • "Fracture toughness"in"Encyclopedia of composite material application"by Japan Society for Composite Materials.
    2001
  • Continuous mode II interlaminar fracture toughness measurement by over notched flexure test
    Proceedings of European Conference for Composite Testing and Standardization, IOM Communications 1998
  • Standardization of Mode I and II Interlaminar Fracture Toughness Tests for CFRPs in Japan
    Proceedings of European Conference for Composite Testing and Stamdardization, Woodhead Publishing 1994
  • Standardization Study on Compression After Impact Test for CFRPs in Japan
    Proceedings of European Conference for Composite Testing and Standardization, Woodhead Publishing 1994
Works (30件):
  • CFRPの衝撃後圧縮試験法標準化研究
    1992 - 1994
  • Pre-standardization study on Compression After Impact Test for CFRP
    1992 - 1994
  • 新素材の最近の発展
    1993 -
  • CFRPのモードII層間破壊じん性試験方法の検討
    1993 -
  • CFRPのモードI層間破壊じん性に及ぼす初期欠陥の影響
    1993 -
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1965 東京大学 船舶工学科
  • - 1965 東京大学
学位 (1件):
  • 工学博士 (東京大学)
所属学会 (8件):
軽金属学会 ,  先端技術協会(Society for Advancement of Materias and Process Engineering ,  米国金属学会(ASM International) ,  溶接学会 ,  日本造船学会 ,  日本複合材料学会 ,  米国材料・試験協会(American Society for Testing and Materials) ,  日本機械学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る