研究者
J-GLOBAL ID:200901028313595897   更新日: 2021年10月25日

中﨑 鉄也

ナカザキ テツヤ | Nakazaki Tetsuya
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (4件): ランドスケープ科学 ,  環境農学 ,  遺伝育種科学 ,  遺伝学
研究キーワード (6件): 資源生物科学 ,  遺伝学 ,  育種学 ,  Bioresource Science ,  Genetics ,  Plant Breeding Science
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 1992 - 2006 イネにおける活性型トランスポゾンの育種的利用に関する研究
  • 1992 - 2006 Study of utilization of active rice-transposable-elements for plant breeding
  • 1996 - 2005 ダイズの登熟および子実における品種間変異に関する研究
  • 1996 - 2005 イネキチナーゼ遺伝子の構造および機能に関する研究
  • 1996 - 2005 Study of variation among soybean cultivers on ripning processes and seeds
全件表示
論文 (75件):
  • Yuki Makino, Yoshihiro Hirooka, Koki Homma, Rintaro Kondo, Tian-Sheng Liu, Liang Tang, Tetsuya Nakazaki, Zheng-Jin Xu, Tatsuhiko Shiraiwa. Effect of flag leaf length of erect panicle rice on the canopy structure and biomass production after heading. Plant Production Science. 2021. 1-10
  • Rihito Takisawa, Atsushi Nishida, Eri Maai, Kazusa Nishimura, Ryohei Nakano, Tetsuya Nakazaki. Identification of Genetic Factors Affecting Fruit Weight in the Tomato (Solanum lycopersicum L.) Cultivar ‘Micro-Tom’. The Horticulture Journal. 2021. 90. 2. 209-214
  • Rihito Takisawa, Megumi Ogawa, Eri Maai, Kazusa Nishimura, Ryohei Nakano, Tetsuya Nakazaki. Characterization of Parthenocarpic Fruit of ‘Miyazaki-wase No. 1’, a Tropical Squash (Cucurbita moschata L.) Cultivar. The Horticulture Journal. 2021. 90. 1. 68-74
  • Kentaro K Shimizu, Dario Copetti, Moeko Okada, Thomas Wicker, Toshiaki Tameshige, Masaomi Hatakeyama, Rie Shimizu-Inatsugi, Catharine Aquino, Kazusa Nishimura, Fuminori Kobayashi, et al. De Novo Genome Assembly of the Japanese Wheat Cultivar Norin 61 Highlights Functional Variation in Flowering Time and Fusarium Resistance Genes in East Asian Genotypes. Plant and Cell Physiology. 2020
  • Eri Maai, Kazusa Nishimura, Rihito Takisawa, Tetsuya Nakazaki. Diurnal changes in chloroplast positioning and photosynthetic traits of C-4 grass finger millet. PLANT PRODUCTION SCIENCE. 2020. 23. 4. 477-489
もっと見る
MISC (49件):
もっと見る
書籍 (4件):
  • 品種の改良と遺伝子-超多収イネの遺伝子EPの単離
    京大農場報告 19, pp.9-13 2010
  • 米ぬか散布がイネのカドミウム吸収に及ぼす効果
    京大農場報告 19, pp.25-28 2010
  • Active transposons in rice. In Biotechnology in Agriculture and Forestry, Rice Biology in Genomics Era. "jointly worked"
    Springer-Verlag Berlin Heidelbelg,pp.69-79. 2008
  • 体細胞分裂
    植物遺伝学実験法(分担執筆) 朝倉書店,/,61-65 1995
講演・口頭発表等 (3件):
  • ダイズ成分とトランスポゾン転移活性化に関する遺伝解析
    (第112回生存圏シンポジウム 「メタボロミクスに基づく人類に生存基盤構築-衍沃なる智の活用にむけたご一新」 2009)
  • トランスポゾンMITEのイネ植物体における可動
    (日本育種学会第 104 回 講演会シンポジウム-植物の可動遺伝子-転移機構,進化,応用 2003)
  • イネのキチナーゼ遺伝子の単離と関連研究
    (第 22 回近畿アグリハイテク・シンポジウム 1997)
Works (2件):
  • ダイズにおける”青立ち”発生の環境的・遺伝的要因の解明
    2002 - 2004
  • 多除草剤抵抗性雑草タイヌビエの適応度と抵抗性機構に関する研究
    2001 - 2003
学歴 (6件):
  • - 1986 京都大学 農学専攻
  • - 1986 京都大学
  • - 1983 京都大学 農学専攻
  • - 1983 京都大学
  • - 1981 京都大学 農学科
全件表示
学位 (2件):
  • 農学修士 (京都大学)
  • 博士(農学) (京都大学)
経歴 (6件):
  • 1997 - 2002 京都大学大学院農学研究科 助手
  • 1997 - 2002 1997-2002 Research Associate, Graduate School
  • 1988 - 1997 京都大学農学部 助手
  • 1988 - 1997 Research Associate, Faculty of
  • of Agriculture, Kyoto University.
全件表示
委員歴 (2件):
  • 1990 - 2000 近畿作物・育種研究会 シンポジウム委員
  • 1990 - 2000 The Society of Crop Science and Breeding in Kinki Symposium commitee member
所属学会 (4件):
近畿作物・育種研究会 ,  日本育種学会 ,  The Society of Crop Science and Breeding in Kinki ,  Japanese Society of Breeding
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る