研究者
J-GLOBAL ID:200901028313595897   更新日: 2020年07月28日

中﨑 鉄也

ナカザキ テツヤ | Nakazaki Tetsuya
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (4件): ランドスケープ科学 ,  環境農学 ,  遺伝育種科学 ,  遺伝学
研究キーワード (3件): 資源生物科学 ,  遺伝学 ,  育種学
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 1992 - 2006 イネにおける活性型トランスポゾンの育種的利用に関する研究
  • 1996 - 2005 ダイズの登熟および子実における品種間変異に関する研究
  • 1996 - 2005 イネキチナーゼ遺伝子の構造および機能に関する研究
論文 (38件):
  • Maai E, Nishimura K, Takisawa R, Nakazaki T. Light stress-induced chloroplast movement and midday depression of photosynthesis in sorghum leaves. Plant Production Science. 2020. in press
  • Takisawa R, Maai E, Nakazaki T. Effect of parthenocarpic genes pat-2 and pat-k on vegetative and fruit traits in tomato (Solanum lycopersicum cv. Micro-Tom). The Horticulture Journal. 2020. in press
  • Rihito Takisawa, Sota Koeda, Tetsuya Nakazaki. Effects of the pat-2 gene and auxin biosynthesis inhibitor on seed production in parthenocarpic tomatoes (Solanum lycopersicum L.). The Horticulture Journal. 2019. 88. 481-487
  • Y Kitamura, T. Habu, H. Yamane, S. Nishiyama, K. Kajita, T. Sobue, T. Kawai, K. Numaguchi, T. Nakazaki, A. Kitajima, R. Tao. Identification of QTLs controlling chilling and heat requirements for dormancy release and bud break in Japanese apricot (Prunusmume). Tree Genet. Genomes. 2018. 14. 33
  • K., Nishimura, R. Moriyama, K. Katsura, H. Saito, R. Takisawa, A. Kitajima, T. Nakazaki. The early lowering trait of an emmer wheat accession (Triticum turgidum L. ssp. dicoccum) is associated with the cis-element of the Vrn-A3 locus. Theor. Appl. Genet. 2018
もっと見る
MISC (42件):
  • 平尾友識, 西村和紗, 永野惇, 滝澤理仁, 間合絵里, 中野龍平, 中崎鉄也. 同祖性を考慮したGenotyping-by-Sequencing法によるデュラムコムギの早生QTLの同定. 育種学研究. 2019. 21. 48
  • 滝澤理仁, 間合絵里, 中﨑鉄也. 単為結果性遺伝子pat-2およびpat-kが栄養生長器官および果実特性に及ぼす影響. 2019年度園芸学会秋季大会. 2019
  • 小川萌, 滝澤理仁, 間合絵里, 西村和紗, 中野龍平, 中﨑鉄也. 単為結果性を示すニホンカボチャの果実肥大性および品質特性. 2019年度園芸学会秋季大会. 2019
  • 西田敦, 滝澤理仁, 間合絵里, 西村和紗, 中野龍平, 中﨑鉄也. トマトのモデル品種'Micro Tom'の果実重を負に制御するQTLの同定. 2019年度園芸学会秋季大会. 2019
  • 西川浩次, 滝澤理仁, 北島宣, 岸田史生, 若原浩義, 間合絵里, 中野龍平, 中﨑鉄也. 冬季の加温栽培と無加温栽培における単為結果性トマトの生育および収量の比較. 2019年度園芸学会近畿支部会. 2019
もっと見る
書籍 (4件):
  • 品種の改良と遺伝子-超多収イネの遺伝子EPの単離
    京大農場報告 19, pp.9-13 2010
  • 米ぬか散布がイネのカドミウム吸収に及ぼす効果
    京大農場報告 19, pp.25-28 2010
  • Active transposons in rice. In Biotechnology in Agriculture and Forestry, Rice Biology in Genomics Era. "jointly worked"
    Springer-Verlag Berlin Heidelbelg,pp.69-79. 2008
  • 体細胞分裂
    植物遺伝学実験法(分担執筆) 朝倉書店,/,61-65 1995
講演・口頭発表等 (3件):
  • ダイズ成分とトランスポゾン転移活性化に関する遺伝解析
    (第112回生存圏シンポジウム 「メタボロミクスに基づく人類に生存基盤構築-衍沃なる智の活用にむけたご一新」 2009)
  • トランスポゾンMITEのイネ植物体における可動
    (日本育種学会第 104 回 講演会シンポジウム-植物の可動遺伝子-転移機構,進化,応用 2003)
  • イネのキチナーゼ遺伝子の単離と関連研究
    (第 22 回近畿アグリハイテク・シンポジウム 1997)
Works (2件):
  • ダイズにおける”青立ち”発生の環境的・遺伝的要因の解明
    2002 - 2004
  • 多除草剤抵抗性雑草タイヌビエの適応度と抵抗性機構に関する研究
    2001 - 2003
学歴 (3件):
  • - 1986 京都大学 農学研究科 農学専攻
  • - 1983 京都大学 農学研究科 農学専攻
  • - 1981 京都大学 農学部 農学科
学位 (2件):
  • 農学修士 (京都大学)
  • 博士(農学) (京都大学)
経歴 (2件):
  • 1997 - 2002 京都大学大学院農学研究科 助手
  • 1988 - 1997 京都大学農学部 助手
委員歴 (1件):
  • 1990 - 2000 近畿作物・育種研究会 シンポジウム委員
所属学会 (2件):
近畿作物・育種研究会 ,  日本育種学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る