研究者
J-GLOBAL ID:200901028411767167   更新日: 2021年10月25日

西川 禎一

ニシカワ ヨシカズ | Nishikawa Yoshikazu
所属機関・部署:
職名: 特任教授
ホームページURL (2件): http://www.life.osaka-cu.ac.jp/cgi/pro.cgi?4102ome.htmlhttp://www.occn.zaq.ne.jp/cuiyx806/home.html
研究分野 (3件): 細菌学 ,  食品科学 ,  家政学、生活科学
研究キーワード (5件): 線虫 ,  抗老化 ,  免疫栄養学 ,  下痢原性大腸菌 ,  食品微生物学
競争的資金等の研究課題 (12件):
  • 2017 - 2020 世界的流行を示す腸管毒素原性大腸菌O169の新規接着因子による人獣共通感染の検証
  • 2015 - 2018 線虫のパターン認識受容体とその標的分子の解明
  • 2012 - 2015 有機酸暴露によるListeria monocytogenesの耐熱性獲得とその機構解明
  • 2011 - 2014 抗老化食品因子とその誘導体の評価実験への線虫モデルの導入と作用機構の究明
  • 2011 - 2012 線虫を用いたハイスループットな長寿効果評価方法の開発
全件表示
論文 (102件):
  • Tomomi Komura, Mikihiro Yamanaka, Kohji Nishimura, Keita Hara, Yoshikazu Nishikawa. Autofluorescence as a noninvasive biomarker of senescence and advanced glycation end products in Caenorhabditis elegans. npj Aging and Mechanisms of Disease. 2021. 7. 1
  • R. Katayama, Y. Matsumoto, Y. Higashi, S. Sun, H. Sasao, Y. Tanimoto, Y. Nishikawa, E. Kage-Nakadai. Bacillus subtilis var. natto increases the resistance of Caenorhabditis elegans to gram-positive bacteria. Journal of Applied Microbiology. 2021
  • Tomomi Komura, Asami Takemoto, Hideki Kosaka, Toshio Suzuki, Yoshikazu Nishikawa. Prolonged Lifespan, Ameliorated Cognition, and Improved Host Defense of Caenorhabditis elegans by Lactococcus lactis subsp. cremoris. 2021
  • Ai Ito, Quichi Zhao, Yoichiro Tanaka, Masumi Yasui, Rina Katayama, Simo Sun, Yoshihiko Tanimoto, Yoshikazu Nishikawa, Eriko Kage-Nakadai. Metolazone upregulates mitochondrial chaperones and extends lifespan in Caenorhabditis elegans. Biogerontology. 2020
  • Chien-Sen Liao, Yong-Han Hong, Yoshikazu Nishikawa, Eriko Kage-Nakadai, Tai-Ying Chiou, Chien-Chang Wu. Impacts of Endocrine Disruptor di-n-Butyl Phthalate Ester on Microalga Chlorella vulgaris Verified by Approaches of Proteomics and Gene Ontology. Molecules (Basel, Switzerland). 2020. 25. 18
もっと見る
MISC (69件):
特許 (9件):
書籍 (18件):
  • 共生微生物
    化学同人 2016
  • 人獣共通感染症
    医薬ジャーナル社 2016
  • 食安全性学
    放送大学教育振興会 2014
  • Tocotrienols: Vitamin E Beyond Tocopherols, Second Edition
    CRC Press 2012
  • Recent Advances on Model Hosts
    Springer Science 2012
もっと見る
講演・口頭発表等 (167件):
  • 線虫C.elegansにおける最終糖化産物(AGEs)および老化の指標としての自家蛍光測定系の確立
    (日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集 2018)
  • Lactococcus lactis subsp.cremoris FCとその菌体外多糖が線虫C.elegansの寿命に与える影響
    (日本栄養・食糧学会大会講演要旨集 2018)
  • 納豆菌が黄色ブドウ球菌に対する抵抗性を線虫に付与する分子メカニズム
    (日本栄養・食糧学会大会講演要旨集 2018)
  • 乳酸菌Lactococcus lactis subsp.cremoris FCと菌体外多糖(EPS)の線虫C.elegansに対する寿命延長効果
    (日本農芸化学会大会講演要旨集(Web) 2018)
  • 線虫におけるビフィズス菌(Bifidobacterium infantis)への低嗜好性に関わるニューロンおよび分子メカニズム
    (日本栄養・食糧学会近畿支部大会および公開シンポジウム講演抄録集 2017)
もっと見る
Works (5件):
  • 漢方に基づく健康食品の抗加齢効果の評価
    2009 - 2010
  • 温泉水中のレジオネラ菌殺滅方法の検討
    2003 - 2003
  • 大量調理施設の衛生管理
    2003 -
  • 食品成分の抗菌活性
    2002 -
  • 食品内細菌の迅速自動計数装置の開発
    2002 -
学歴 (5件):
  • 1979 - 1984 大阪府立大学 獣医学専攻 博士後期課程
  • - 1984 大阪府立大学
  • 1977 - 1979 北海道大学 予防治療学専攻 修士課程
  • 1973 - 1977 大阪府立大学 獣医学科
  • - 1977 大阪府立大学
学位 (2件):
  • 農学博士 (大阪府立大学)
  • 獣医学修士 (北海道大学)
経歴 (9件):
  • 2020/04 - 現在 大阪市立大学 URAセンター シニアURA
  • 2020/04 - 現在 帝塚山学院大学 人間科学部 食物栄養学科 特任教授
  • 2005/04 - 2020/03 大阪市立大学 大学院生活科学研究科 教授
  • 2014/04 - 2016/03 大阪市立大学 大学院生活科学研究科 研究科長
  • 1999/04 - 2005/03 大阪市立大学 大学院生活科学研究科 助教授
全件表示
委員歴 (11件):
  • 2018/01 - 現在 日本細菌学会 監事
  • 2010/01 - 現在 日本栄養・食糧学会 評議員/代議員
  • 2017/01 - 2019/12 日本食品微生物学会 理事
  • 2018/09 - 第39回日本食品微生物学会学術総会 総会長
  • 2015/01 - 2017/12 日本細菌学会 理事
全件表示
受賞 (9件):
  • 2019/11 - 大阪府 大阪府栄養関係功労者表彰(栄養士養成)
  • 2001/05 - 大阪生活衛生協会優秀賞
  • 1997/05 - 大阪生活衛生協会会長賞
  • 1996/09 - 日本獣医公衆衛生学会 日本獣医公衆衛生学会近畿地区学会長賞
  • 1995/05 - 大阪生活衛生協会会長賞
全件表示
所属学会 (7件):
日本食品免疫学会 ,  日本抗加齢医学会 ,  日本栄養・食糧学会 ,  日本食品微生物学会 ,  国際食品保全学会 ,  日本獣医公衆衛生学会 ,  日本細菌学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る