研究者
J-GLOBAL ID:200901028498635679   更新日: 2021年10月21日

鹿又 宣弘

カノマタ ノブヒロ | Kanomata Nobuhiro
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://www.chem.waseda.ac.jp/kanomata/index-j.htmlhttp://www.chem.waseda.ac.jp/kanomata/
研究分野 (3件): 有機合成化学 ,  生物有機化学 ,  構造有機化学、物理有機化学
研究キーワード (7件): CO2吸収薬剤 ,  大気中CO2回収 ,  含窒素芳香族化合物 ,  小分子天然有機化合物 ,  生体モデル分子 ,  シクロファン ,  面不斉触媒
競争的資金等の研究課題 (14件):
  • 2020 - 2022 燃焼排ガスからの二酸化炭素回収システムに適した二酸化炭素吸収材に係る新規薬剤の開発
  • 2019 - 2022 低濃度二酸化炭素回収システムによる炭素循環モデル構築実証
  • 2019 - 2020 光異性化を鍵反応とする性フェロモン(-)-デヒドロ-exo-ブレビコミンの高効率不斉全合成研究
  • 2009 - 2019 二酸化炭素吸収性能を有する新規アミンの合成と機能評価
  • 2015 - 2018 次世代省エネルギー型CO2回収技術の実用化開発
全件表示
論文 (41件):
MISC (14件):
  • Nobuhiro Kanomata, Kazuya Nakagawa, Yosuke Fujiyasu, Yusuke Miyashita. Structure, dynamism, and enantioselectivity of planar-chiral pyridines for ylide-catalyzed asymmetric cyclopropanation of malononitriles. ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY. 2014. 248
  • Satoko Yasuda, Narihito Ogawa, Nobuhiro Kanomata. Synthesis of novel C-2-symmetric planar-chiral bispyridinophanes and their applications to asymmetric catalysis. ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY. 2012. 244
  • Kyohei Kotani, Nobuhiro Kanomata. Synthesis of the ruthenium complexes of planar- chiral 2,2 ':6 ',2 ''-terpyridine and their catalytic asymmetric transfer hydrogenation reactions. ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY. 2012. 244
  • Kyohei Kotani, Nobuhiro Kanomata. Synthesis of the ruthenium complexes of planar-chiral 2,2 ':6 ',2 ''-terpyridine and their catalytic asymmetric transfer hydrogenation reactions. ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY. 2012. 244
  • 鹿又 宣弘. わくわくする化学のこころ(化学教育 徒然草). 化学と教育. 2012. 60. 7
もっと見る
特許 (1件):
  • 置換ピペラジン化合物及び酸性ガス用の吸収剤、吸収液
書籍 (5件):
  • 理工系のための一般化学
    東京化学同人 2021 ISBN:9784807909940
  • ブラウン一般化学 I 物質の構造と性質
    丸善出版 2015 ISBN:9784621300107
  • ブラウン一般化学 II 反応・熱力学・化学の広がり
    丸善出版 2015 ISBN:9784621300114
  • 有機化学
    オーム社 2011 ISBN:9784274211034
  • 合成有機化学 : 反応機構によるアプローチ
    東京化学同人 2011 ISBN:9784807907373
学歴 (3件):
  • 1987 - 1990 早稲田大学 応用化学専攻
  • 1985 - 1987 早稲田大学 応用化学専攻
  • 1981 - 1985 早稲田大学 化学科
学位 (2件):
  • 工学博士 (早稲田大学)
  • Dr. of Eng. (Waseda University)
経歴 (12件):
  • 2007/04 - 現在 早稲田大学 理工学術院(先進理工学部化学・生命化学科:改組) 教授
  • 2005/04 - 2007/03 早稲田大学 理工学術院(理工学部化学科) 教授
  • 2004/04 - 2006/03 理化学研究所・ 共同研究員
  • 2003/04 - 2005/03 国立情報学研究所 共同研究員
  • 1999/04 - 2005/03 明治大学 理工学部 助教授
全件表示
委員歴 (13件):
  • 2007 - 2008 日本化学会夢化学小委員会 クイズショーTG主査 2007 - 2008
  • 2006 - 2008 日本化学会夢化学小委員会 幹事会委員 2006 - 2008
  • 2008 - 日本化学会普及・交流委員会 委員 2008 -
  • 2008 - 日本化学会普及・交流委員会 クイズショーTG主査 2008 -
  • 2008 - 日本化学会普及・交流委員会 化学教育フォーラムTG委員 2008 -
全件表示
受賞 (2件):
  • 2002/02 - 有機合成化学奨励賞
  • 1997/02 - 有機合成化学協会・研究企画賞(萬有製薬)
所属学会 (6件):
触媒学会 ,  日本薬学会 ,  アメリカ化学会 ,  有機合成化学協会 ,  日本化学会 ,  国際複素環化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る