研究者
J-GLOBAL ID:200901028504688437   更新日: 2020年08月31日

伊藤 光宏

イトウ ミツヒロ | Ito Mitsuhiro
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://www2.kobe-u.ac.jp/~itomi/http://www2.kobe-u.ac.jp/~itomi/
研究分野 (1件): 血液、腫瘍内科学
研究キーワード (3件): 分子生物学 ,  腫瘍学 ,  血液学
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2017 - 2020 基本的転写共役因子複合体メディエーターからみた白血病ニッチの特性の解析
  • 2014 - 2017 メディエーター転写共役複合体が司る造血ニッチ維持機構と病態の解析
  • 2011 - 基本的転写共役複合体メディエーターによる新しい造血支持機構
  • 2008 - 転写メディエーターによる造血器腫瘍の増殖・分化の制御
  • 2008 - 転写メディエーターによる癌の特性と発癌における役割
全件表示
論文 (88件):
  • Okuni M, Yakushijin K, Uehara K, Ichikawa H, Suto H, Hashimoto A, Tanaka Y, Shinzato I, Sakai R, Mizutani Y, et al. Successful Bridging Chemotherapy with Gemcitabine, Carboplatin, and Dexamethasone before Unrelated Stem Cell Transplantation for Hepatosplenic T-cell Lymphoma. Intern Med. 2019. 58. 5. 707-712
  • 大本知佳, 米澤賢二, 天神貴子, 芳賀由美, 村山徹, 伊藤光宏. 急性前骨髄球性白血病の鑑別診断および治療効果判定におけるADVIA2120i の有用性の検討. 日本検査血液学会雑誌. 2019. 20. 1. 52-61
  • Inui Y, Yakushijin K, Okamura A, Tanaka Y, Shinzato I, Nomura T, Ichikawa H, Mizutani Y, Kitao A, Kurata K, et al. Human herpesvirus 6 encephalitis in patients administered mycophenolate mofetil as prophylaxis for graft-versus-host disease after allogeneic hematopoietic stem cell transplantation. Transpl Infect Dis. 2019. 21. 1. e13024
  • Kurata K, Nishimura S, Ichikawa H, Sakai R, Mizutani Y, Takenaka K, Kakiuchi S, Miyata Y, Kitao A, Yakushijin K, et al. Invasive Scopulariopsis alboflavescens infection in patient with acute myeloid leukemia. Int J Hematol. 2018. 108. 6. 658-664
  • Atsushi Fukunaga, Mitsuhiro Ito, Chikako Nishigori. Efficacy of Oral Ruxolitinib in a Patient with Refractory Chronic Spontaneous Urticaria. Acta dermato-venereologica. 2018. 98. 9. 904-905
もっと見る
MISC (9件):
  • 米澤賢二, 大本知佳, 水田あずさ, 天神貴子, 八木智恵, 升村京子, 足立綾, 三村喜彦, 富永亮, 五明広志, et al. 急性前骨髄球性白血病とその他の急性骨髄性白血病の鑑別診断におけるmyeloperoxidase indexの有用性. 臨床血液. 2015. 56. 9号. 1693
  • 伊藤 光宏. 再生医学と基礎研究-Festina lente!-. オベリスク. 2015. 20. 5-12
  • Ito M. Self-organized criticality theory and the expansion of PD-1-positive effector CD4 T cells: search for autoantibody-inducing CD4 (aiCD4) T cells. Front Immunol. 2013. 4. 87
  • 白川卓, 伊藤光宏. 骨髄増殖性腫瘍患者末梢血におけるJAK2V617変異依存的なPU.1発現上昇(JAK2 V617F-dependent upregulation of PU.1 expression in the Deripheral blood of mveloproliferative neoplasm patients)(英語). 日本癌学会総会記事. 2011. 70回. 462
  • 伊藤光宏. 転写メディエーターサブユニットMED1のPPARγ結合能を廃絶したマウスでインスリン抵抗性が改善する. 日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集83回・33回. 2010. 2P-0530
もっと見る
書籍 (1件):
  • 遺伝子発現制御機構
    東京化学同人 2017
講演・口頭発表等 (106件):
  • 非血縁者間骨髄移植前の病勢コントロールとしてGCD療法が有効であった肝脾原発T細胞性リンパ腫の一例
    (第40回日本造血細胞移植学会総会 2018)
  • 自家末梢血幹細胞移植における栄養状態と予後に関する方視的解析
    (第40回日本造血細胞移植学会総会 2018)
  • 難治性の口唇慢性GVHDに対して湿潤療法が著効した一例
    (第39回日本造血細胞移植学会 2017)
  • 転写共役因子MED1の核内受容体結合能は低温環境での体温維持に必須である
    (第40回日本分子生物学会 2017)
  • 転写共役因子MED1によるIL-33誘導性の2型自然リンパ球の動員調節
    (第40回日本分子生物学会 2017)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 1994 神戸大学 大学院医学研究科博士課程内科学系修了
学位 (1件):
  • 博士(医学) (神戸大学)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る