研究者
J-GLOBAL ID:200901028511597684   更新日: 2020年10月23日

原口 竜摩

ハラグチ リュウマ | Haraguchi Ryuma
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): https://www.m.ehime-u.ac.jp/school/pathology1/
研究分野 (4件): 解剖学 ,  人体病理学 ,  実験動物学 ,  実験病理学
研究キーワード (6件): 発現制御 ,  メチル化 ,  エピジェネティクス ,  泌尿生殖系臓器 ,  形態形成 ,  発生生物学
競争的資金等の研究課題 (10件):
  • 2019 - 2021 老人性骨粗鬆症の病態解析:加齢モデルにおける破骨細胞分化因子発現制御
  • 2018 - 2020 成長板を発生起点とする骨髄造血ニッチ形成メカニズムの解析
  • 2016 - 2018 非定型的DNAメチル化修飾を指標とする腫瘍初期病変の同定
  • 2018 - 成長板を発生起点とする骨髄微小環境形成メカニズムの解析
  • 2015 - 2017 破骨細胞分化因子受容体(RANK)発現制御機構の解析
全件表示
論文 (68件):
もっと見る
MISC (140件):
書籍 (1件):
  • 組織細胞化学 2019 エピジェネティクスと組織化学
    日本組織細胞化学会 2019
講演・口頭発表等 (26件):
  • ストレプトゾトシン誘導性糖尿病腎における腎尿細管に注目した病理形態学的考察
    (第60回 日本組織細胞化学会・学術集会 2019)
  • 近位尿細管に注目したストレプトゾトシン誘導性糖尿病腎の病態組織学的考察
    (第108回 日本病理学会・学術集会 2019)
  • ヘッジホッグシグナルを介する成長板を発生起点とした骨格形成の理解
    (骨代謝学会Skeletal Science Retreat 2018 2018)
  • ヘッジホッグシグナルを介する成長板を発生起点とした骨格形成の理解
    (第59回 日本組織細胞化学会・学術集会 2018)
  • Developmental contribution of growth plate-derived hedgehog signal-responsive cells in growing bone.
    (ASBMR 2018 Annual Meeting 2018)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 1999 - 2003 熊本大学大学院 医学研究科博士課程
  • 1997 - 1999 久留米大学大学院 比較文化研究科修士課程
  • 1993 - 1997 鹿児島大学 工学部応用化学工学科
  • 1990 - 1993 学校法人川島学園 れいめい高等学校
学位 (1件):
  • 医学 (熊本大学)
経歴 (6件):
  • 2018/04 - 現在 愛媛大学 大学院医学研究科・分子病理学講座 准教授
  • 2012/11 - 2018/03 愛媛大学 大学院医学研究科・分子病理学講座 特任講師
  • 2011/07 - 2012/10 愛媛大学 大学院医学研究科・分子病理学講座 助教
  • 2008/12 - 2011/06 愛媛大学 医学部附属病院・病理診断科 助教
  • 2008/10 - 2008/11 愛媛大学 大学院医学研究科・統合医科学分野 助教
全件表示
委員歴 (5件):
  • 2019 - 現在 日本組織細胞化学会 Acta Histochem Cytochem Editorial board member
  • 2017 - 現在 日本組織細胞化学会 評議員
  • 2016 - 現在 日本病理学会 学術評議員
  • 2010 - 現在 愛媛病理研究会 運営委員
  • 2017 - 2018 第58回日本組織細胞化学会・学術総会 事務局長
受賞 (4件):
  • 2019/09 - 日本組織細胞化学会 日本組織細胞化学会論文賞
  • 2018/07 - 日本骨代謝学会 第1回日本骨代謝学会若手研究者助成
  • 2014/07 - 日本骨代謝学会 日本骨代謝学会優秀示説演題賞
  • 2004/02 - 井上科学振興財団 井上研究奨励賞
所属学会 (7件):
日本解剖学会 ,  日本臨床分子形態学会 ,  アメリカ骨代謝学会 ,  日本骨代謝学会 ,  日本組織細胞化学会 ,  日本病理学会 ,  愛媛病理研究会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る