研究者
J-GLOBAL ID:200901028580442447   更新日: 2007年01月16日

村谷 哲郎

ムラタニ テツロウ | MURATANI Tetsuro
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (2件): 生物系薬学 ,  細菌学(含真菌学)
研究キーワード (1件): 臨床微生物
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 1998 - 細菌の抗菌剤耐性機序に関する研究
  • 1998 - 一般細菌の疫学的研究
MISC (46件):
講演・口頭発表等 (35件):
  • ミニ特別講演「ESBL」
    (第47回日本化学療法学会西日本支部総会 倉敷 1999)
  • Prevalence of UOE-2 (which is TOHO-2 like a novel b-lactamase) Producing Escherichia coli in Fukuoka, Japan.
    (40th Interscience conference on Antimicrobial Agents and chemotherapy 2000)
  • Outbreak of UOE-2 (CTX-M-14) β-lactamase Producing Escherichia coli in Japan
    (41st Interscience conference on Antimicrobial Agents and chemotherapy 2001)
  • PREVALENCE OF MULTI-DRUG RESISTANT NEISSERIA GONORRHOEAE (INCLUDING ORAL 3RD GENERATION CEPHEMS) IN KITAKYUSHU, JAPAN
    (22th International Congress of Chemotherapy 2001)
  • Outbreak of SHV-12 and CTX-M-2 extended-spectrum β-lactamase Producing Citrobacter koseri in Kitakyushu, Japan
    (42nd Interscience Conference on Antimicrobial Agents and Chemotherapy 2002)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1984 東京理科大学 薬学部 薬学科
  • - 1986 東京理科大学 薬学研究科 薬学
学位 (2件):
  • 修士(薬学) (東京理科大学)
  • 博士(医学) (産業医科大学)
経歴 (1件):
  • 1998 - 産業医科大学医学部泌尿器科 助手
委員歴 (2件):
  • 日本化学療法学会 評議員
  • 2003 - Asian Association of UTI and STD Secretary
受賞 (4件):
  • 2002 - 5th IACMAC INTERNATIONAL CONFERENCE «Antimicrobial Therapy» best poster賞
  • 2005 - 日本性感染症学会学術奨励賞
  • 2006 - 日本感染症学会西日本地方会 疫学・社会医学的研究分野優秀論文
  • 2008 - 日本化学療法学会西日本支部奨励賞 -基礎部門-
所属学会 (8件):
日本化学療法学会 ,  日本細菌学会 ,  American Society for Microbiology ,  日本性感染症学会 ,  日本感染症学会 ,  日本環境感染学会 ,  日本臨床微生物学会 ,  Asian Association of UTI and STD
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る