研究者
J-GLOBAL ID:200901028708109169   更新日: 2020年06月06日

松澤 正子

マツザワ マサコ | Matsuzawa Masako
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (2件): 実験心理学 ,  教育心理学
研究キーワード (1件): 発達心理学
論文 (21件):
  • 松澤正子. 女子大学生における乳児感情の読み取りと心理的特徴との関連. 昭和女子大学生活心理研究所紀要. 2019. 21. 31-37
  • 緒方杏香, 松澤正子. 幼児期におけるふり遊びと感情理解との関連. 昭和女子大学生活心理研究所紀要. 2018. 20. 35-44
  • 乳児感情の読み取りにおける前頭前野活動と心理的特徴との関連-乳幼児を養育中の父母を対象として-. 昭和女子大学生活心理研究所紀要. 2017. 19. 1-10
  • 乳児感情の読み取りにおける前頭前野活動と心理的特徴の関連-女子青年を対象とした探索的NIRS研究-. 昭和女子大学生活心理研究所紀要. 2016. 第18巻. 13-21
  • 乳児感情の読み取りの特性と前頭前野活動との関連-女子青年を対象とした研究の報告-. 昭和女子大学生活心理研究所紀要. 2015. 第17巻. 7-17
もっと見る
書籍 (3件):
  • 発達
    尚学社 2005
  • 「注意」の発達
    ミネルヴァ書房 1999
  • 乳児期における注意コントロールの発達
    ミネルヴァ書房 1996
講演・口頭発表等 (5件):
  • Depressed mood is related to interpretations and to prefrontal activity of young women when reading emotions from infants' facial expressions
    (The 31st International Congress of Psychology 2016)
  • IFPへの回答の特徴と前頭前野活動との関連
    (日本心理学会第79回大会発表論文集(口頭発表) 2015)
  • 視覚的注意の発達と神経機構
    (慶應義塾大学 21世紀COE人文科学研究拠点 心の統合的研究センター公開シンポジウム「発達科学の未来をひらく」(口頭発表) 2004)
  • 乳児期の眼球運動からみた注意の発達
    (日本発達心理学会第14回大会発表論文集(口頭発表) 2003)
  • 眼球運動の反応時間を指標とした注意の発達研究
    (日本心理学会第62回大会発表論文集(口頭発表) 1998)
Works (36件):
  • 乳児感情の読み取りと愛着スタイル・抑うつ傾向との関連
    松澤正子 2019 -
  • 乳児感情の読み取りにおける前頭前野活動(2)-乳幼児を養育中の父母を対象として-
    乳幼児を養育中の父母を対象に, 乳児感情の読み取りの際の前頭前野活動と読み手の心理的特徴との関連について検討を行ったところ, 抑うつ傾向や回避傾向が高い者ほど, 感情読み取りの際の前頭前野の賦活が弱いことが見いだされた。 2017 -
  • 乳児感情の読み取りにおける前頭前野活動-心理的特徴との関連についての探索的検討-
    2016 -
  • 乳児感情の読み取りの特性と前頭前野の脳血流変化との関連
    2015 -
  • 乳幼児表情写真に対する情動認知の神経基盤に関する研究-NIRSを用いた前頭前野活動の予備的検討
    2013 -
もっと見る
経歴 (2件):
  • 2016/04/01 - 現在 昭和女子大学大学院 生活機構研究科 心理学専攻 教授
  • 2016/04/01 - 現在 昭和女子大学 人間社会学部 心理学科 教授
所属学会 (1件):
日本教育心理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る