研究者
J-GLOBAL ID:200901028714458876   更新日: 2020年10月28日

藤田 陽子

フジタ ヨウコ | Yoko Fujita
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
研究分野 (5件): 経済政策 ,  地域研究 ,  環境政策、環境配慮型社会 ,  環境影響評価 ,  経済政策
研究キーワード (3件): 環境経済学 ,  島嶼地域研究 ,  Environmental Economics
競争的資金等の研究課題 (14件):
  • 2019 - 2020 島嶼地域の社会的・文化的リスクとその対応におけるコミュニティ力に関する多角的研究
  • 2019 - 日本の多様性:学際的視点で見た沖縄の場合
  • 2012 - 2017 サンゴ礁島嶼系における気候変動による危機とその対策
  • 2012 - 2016 米軍基地による環境変化が与える自然および社会への影響に関する複合的研究
  • 2012 - 2016 米軍基地による環境変化が与える自然および社会への影響に関する複合的研究
全件表示
論文 (6件):
  • Yoko Fujita. Regional Science for Small Islands: Construction of a New Approach to Island Studies. Okinawan Journal of Island Studies. 2020. 1. 11-22
  • Shah P, Dissanayake STM, Fujita Y, Nunes PALD. Impact of a local, coastal community based management regime when defining marine protected areas: Empirical results from a study in Okinawa, Japan. PloS one. 2019. 14. 3. e0213354
  • Yoko Fujita, K. Miyakuni, L. Marino. Economic Value of Coral Reefs in Palau. Palau International Coral Reef Center Technical Report. 2018. 18-12. 1-26
  • 我部 政明, 前門 晃, 桜井 国俊. 米軍基地による環境変化が与える自然および社会への影響に関する複合的研究. 研究報告書(国際沖縄研究所). 2015
  • 藤田陽子. 「新しい島嶼学の創造」の必要性および沖縄における自然環境の保全及び適正活用に関する課題. 国際琉球沖縄論集. 2014. 2. 111-121
もっと見る
MISC (18件):
  • Ishihara M. Preface. Self-Determinable Development of Small Islands. 2016. v-vii
  • 藤田陽子. 太平洋島嶼国における自然環境保全とその利用に関する現状と課題 -パラオ共和国を事例として. 島嶼科学. 2010. 第3号. 11-20
  • 藤田陽子. 太平洋島嶼国における自然環境保全とその利用に関する現状と課題 -パラオ共和国を事例として. 島嶼科学. 2010. 第3号. 11-20
  • 藤田陽子. 環境調和型社会における高等教育機関の役割. ソフィア. 2007. 55. 2. 34-45
  • 藤田陽子. 環境調和型社会における高等教育機関の役割. ソフィア. 2007. 55. 2. 34-45
もっと見る
書籍 (20件):
  • 日本ネシア論
    藤原書店 2019 ISBN:9784865782233
  • 島嶼地域科学という挑戦
    ボーダーインク 2019 ISBN:9784899823575
  • "Economic evaluation and approach for ecosystem conservation" Ch.44 in Paradise of Nature Understanding the Wonders of Palau
    Palau International Coral Reef Center 2017
  • "Preferences for marine protection in Okinawa: a comparison of management options and two groups of beneficiaries" Ch.8 in Handbook on the Economics and Management for Sustainable Oceans
    UN Environmental Programme and Edward Elgar Publishing House 2017 ISBN:9781786430717
  • Self-determinable development of small Islands
    Self-Determinable Development of Small Islands 2016 ISBN:9789811001307
もっと見る
講演・口頭発表等 (4件):
  • Economic Development Paths and Goals for Small Islands: The Case of Okinawa
    (Japanese Studies Association of Australia 2019)
  • Establishment of Regional Sciences for Small Islands; Okinawa as a Hotspot of Island Issues
    (RETI (Réseau d'Excellence des Territoires Insulaires) Symposium 2018 2018)
  • Economic valuation of disaster prevention by coral reefs in small islands
    (16th ISISA Islands of the World Conference 2018 2018)
  • A Case Study on the Economic Value of Conservation of Coral Reefs in Palau
    (15th ISISA Islands of the World Conference 2017 2017)
学歴 (6件):
  • - 1999 筑波大学
  • - 1999 筑波大学
  • - 1996 筑波大学
  • - 1996 筑波大学
  • - 1985 上智大学 社会福祉学科
全件表示
学位 (1件):
  • 修士(環境科学) (筑波大学)
経歴 (11件):
  • 2018/04/01 - 現在 琉球大学島嶼地域科学研究所 教授
  • 2012/10/01 - 2018/03/31 琉球大学 国際沖縄研究所 教授
  • 2011/04/01 - 2012/09/30 琉球大学 国際沖縄研究所 准教授
  • 2011/04/01 - - , 琉球大学 国際沖縄研究所 准教授
  • 2011/04/01 - - , University of the Ryukyus, International Institute for Okinawan Studies, Associate Professor
全件表示
受賞 (2件):
  • 2000/10 - 日本地域学会 日本地域学会奨励賞
  • 2000 - -
所属学会 (12件):
環境情報科学センター ,  日本リスク研究学会 ,  生活経済学会 ,  環境経済・政策学会 ,  日本地域学会 ,  環境情報科学センター ,  日本リスク研究学会 ,  生活経済学会 ,  環境経済・政策学会 ,  日本地域学会 ,  日本島嶼学会 ,  国際小島嶼学会(International Small Islands Studies Association)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る