研究者
J-GLOBAL ID:200901028740860330   更新日: 2020年07月29日

山本 千夏

ヤマモト チカ | Yamamoto Chika
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 薬系衛生、生物化学
研究キーワード (3件): プロテオグリカンの細胞生物学 ,  血管内皮細胞の機能調節 ,  重金属毒性
競争的資金等の研究課題 (14件):
  • 2018 - 2021 血管内皮細胞の線溶調節を担う細胞内シグナル経路の解析
  • 2015 - 2018 バイオオルガノメタリクス戦略に基づく血管内皮細胞パールカン合成の分子機構解析
  • 2012 - 2016 亜鉛輸送体の発現調節による内皮細胞機能制御とその異常に基づく重金属の毒性発現
  • 2011 - 2014 金属原子導入による有機化学物質の毒性修飾とその分子機構
  • 2006 - 2010 メチル水銀の神経毒性発現における標的としてのプロテオグリカン代謝異常
全件表示
論文 (26件):
  • Takahashi T, Nakano T, Katoh G, Shinoda Y, Yamamoto C, Yoshida E, *Kaji T, *Fujiwara Y. Nuclear factor erythroid 2-related factor 2 (NRF2) is a negative regulator of tissue plasminogen activator synthesis in cultured human vascular endothelial EA.hy926 cells. J. Toxicol. Sci. 2020. 45. 4. 237-243
  • Hara, T, Sakamaki, S, Ikeda, A, Nakamura, T, Yamamoto, C, Kaji, T. Cell density-dependent modulation of perlecan synthesis by dichloro(2,9-dimethyl-1,10-phenanthroline)zinc(II) in vascular endothelial cells. J. Toxicol. Sci. 2020. 45. 2. 109-115
  • Tomoya Fujie, Taro Yamamoto, Chika Yamamoto, Toshiyuki Kaji. Bis(1,4-dihydro-2-methyl-1-phenyl-4-thioxo-3-pyridiolato)zinc(II) exhibits strong cytotoxicity and a high intracellular accumulation in cultured vascular endothelial cells. The Journal of Toxicological Sciences. 2019. 44. 113-120
  • Tomoya Fujie, Fukuta Takenaka, Eiko Yoshida, Shuji Yasuike, Yasuyuki Fujiwara, Yasuhiro Shinkai, Yoshito Kumagai, Chika Yamamoto, Toshiyuki Kaji. Possible mechanisms underlying transcriptional induction of metallothionein isoforms by tris(pentafluorophenyl)stibane, tris (pentafluorophenyl)arsane, and tris(pentafluorophenyl)phosphane in cultured bovine aortic endothelial cells. The Journal of Toxicological Sciences. 2019. 44. 327-333
  • Takato Hara, Shihoko Nakano, Yuki Kitamura, Chika Yamamoto, Shuji Yasuike, Toshiyuki Kaji. Intracellular accumulation-independent cytotoxicity of pentavalent organoantimony compounds in cultured vascular endothelial cells. The Journal of Toxicological Sciences. 2019. 44. 845-848
もっと見る
MISC (9件):
書籍 (4件):
  • コンパス衛生薬学(改訂第3版): 健康と環境 (鍜冶利幸・佐藤雅彦編集)
    南江堂 2020
  • スタンダード薬学シリーズ II 5 衛生薬学 : 健康と環境(日本薬学会編)
    東京化学同人 2019 ISBN:9784807917112
  • コンパス衛生薬学(改訂第2版): 健康と環境(鍜冶利幸・佐藤雅彦編集)
    南江堂 2016 ISBN:9784524403226
  • 保健環境論
    京都廣川書店 2014 ISBN:9784906992355
Works (2件):
  • 血管細胞プロテオグリカンに関する共同研究
    1994 -
  • ナトリウムスピルランの生物活性に関する共同研究
学歴 (2件):
  • 1997 - 博士(薬学)学位取得 富山医科薬科大学
  • - 1990 北陸大学 薬学部 衛生薬学科
学位 (1件):
  • 薬学博士 (*富山医科薬科大学*)
経歴 (8件):
  • 2013/04 - 現在 東京理科大学 総合研究機構 客員教授(兼任)
  • 2013/04 - 現在 東邦大学薬学部 教授
  • 2012/04 - 2013/03 東京理科大学 総合研究機構 客員准教授(兼任)
  • 2007/05 - 2013/03 北陸大学薬学部 准教授
  • 2006/04 - 2007/05 北陸大学薬学部 助教授
全件表示
所属学会 (5件):
日本糖質学会 ,  日本生化学会 ,  日本結合組織学会 ,  日本薬学会 ,  日本毒性学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る