研究者
J-GLOBAL ID:200901028766712223   更新日: 2018年10月31日

四方田 雅史

ヨモダ マサフミ | YOMODA Masafumi
所属機関・部署:
職名: 教授
研究キーワード (2件): 経済史 ,  産業史
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • -
  • 日本経済史 アジア経済史 産業史
論文 (1件):
  • 四方田 雅史. 経済学説における柏祐賢「経済秩序」論の位置-「制度」の経済学と後期西田哲学との関連性を軸に. 武蔵野大学政治経済研究所年報. 2018. 17. 81-110
MISC (24件):
  • 四方田 雅史, ヨモダ マサフミ. 柏祐賢の比較経済秩序論における中国経済・「東亜」観. 静岡文化芸術大学研究紀要. 2018. 18. 47-56
  • 四方田 雅史. 農業・農村の文化財的価値と農産品・加工品のブランド化 (特集 世界農業遺産をどう活かすか). 農業と経済. 2017. 83. 8. 6-15
  • 四方田 雅史. 「戦前期花莚製造業をめぐる日本・中国間制度比較-日本の領事報告の分析を通じて」. 国際日本文化研究センター『日本研究』. 2004. 29. 277-299
  • 四方田 雅史. 経済史における「公」-「共」-「私」の視点から (特集 市場経済と地域社会の自立). 日本経済思想史研究 = History of Japanese economic thought. 2017. 17. 63-69
  • 四方田 雅史. 上海・青島の紡織工場遺産の保全と利活用 : 在華紡の事例を中心に. 産業考古学 = Industrial archaeology. 2016. 153. 14-23
もっと見る
書籍 (8件):
  • 「多角的貿易決済網の変質とアジア経済」(川勝平太編『アジア太平洋経済圏史1500-2000』)
    藤原書店 2003
  • “Shifting Patterns of Multilateral Settlements in Asia-Pacific Regions in the 1930s”(Latham, A. J. H. and H. Kawakatsu, eds., Intra-Asian Competition in the World Market)
    Routledge 2006
  • 「「声価」概念と工業組合・輸出商-「声価」からみた戦間期の中間組織と中小企業政策」(猪木武徳編『戦間期日本の社会集団とネットワーク デモクラシーと中間団体』)
    NTT出版 2008
  • 国力と外国貿易の構造
    勁草書房 2011
  • 「越境」世界の諸相 歴史と現代
    早稲田大学出版部 2013
もっと見る
講演・口頭発表等 (7件):
  • 「多角的貿易決済網の変質とアジア経済」
    (社会経済史学会全国大会パネルディスカッション報告[於:京都大学] 1999)
  • 「戦前期メリヤス製造業の日中比較」
    (経営史学会全国大会報告[於:京都大学] 2003)
  • 「同業者組織からみた“粗製濫造”-日本・中国の比較を通じて」
    (日本経済思想史研究会全国大会シンポジウム報告[於:広島修道大学] 2004)
  • 「「声価」の政治経済学-戦間期の工業組合・輸出組合をめぐる言説を中心に」
    (日本経済思想史研究会全国大会報告[於:長岡大学] 2006)
  • 「文化摩擦の経済史的アプローチ-産地・「声価」・外部性」
    (早稲田大学政治経済学術院ファカルティ・ワークショップ 2008)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(経済学) (早稲田大学)
所属学会 (4件):
社会経済史学会 ,  経営史学会 ,  アジア政経学会 ,  日本経済思想史研究会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る