研究者
J-GLOBAL ID:200901028774317120   更新日: 2020年05月06日

三浦 保範

ミウラ ヤスノリ | Miura Yasunori
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (3件): 宇宙惑星科学 ,  固体地球科学 ,  固体地球科学
研究キーワード (8件): 衝撃変成環境物質学 ,  惑星固体物質学 ,  隕石科学 ,  鉱物科学 ,  Shock-Wave metamorphic Material Sci. ,  Planetary Solid-State Material Sciences ,  Meteorite Sci. ,  Mineralogical Sci.
競争的資金等の研究課題 (16件):
  • 2000 - 炭素と塩素を含む物質循環解明と素材開発
  • 1996 - Impact formation of Akiyoshi & Takamatsu structures
  • 1995 - Dynamic circulation process and material application of C and Cl-bearing materials on the Earth and artificial products
  • 1995 - Material reaction by Laser-shocked metamorphism
  • 1990 - 地球内外物質の加速器質量分析
全件表示
MISC (80件):
  • 炭素と炭酸塩固定による地球の炭酸ガス削減. アジアオセアニア地球科学会. 2008. 5. 15
  • 隕石起源金属と水を含む組織:月と火星の水指標. 日本航空宇宙科学学会. 2008. 26. 46
  • 海水中の塩素の地球外小惑星起源. アジアオセアニア地球科学会. 2008. 5. 22
  • 玖珂隕鉄中の球粒連結組織の空中衝撃波形成. 隕石惑星科学(米国). 2008. 43. 7. 101
  • ペルー落下カランカス隕石の衝突掘削時の多重衝突. 米国月惑星研究所技報. 2008. 1391. 2027
もっと見る
特許 (4件):
  • 炭酸ガスによる炭素固定法
  • レーザー照射による炭素固定法
  • Carbon and carbon dioxides gas fixing by dynamic processes
  • Carbon fixing by laser shocked metamorphsim
書籍 (44件):
  • Crater analyses of 3D multiple maps of Earth (Takamatsu) and its application to extraterrestrial surfaces (on the Moon).
    ISPRS IV/9(Extraterrestrial Mapping Workshop- Advances in Planetary Mapping(Texas,USA); Yamaguchi, Kyoto, Makuhari 2007
  • 広島・長崎原爆溶融物における衝撃波炭素などを含む物質のFE-ASEM写真解析
    研究報告(山口;宇部、東京) 2006
  • 埋没孔の情報3D解析:高松と月面の海の衝突孔との類似性
    組織委員会、山口;京都、幕張 2006
  • 秋芳洞と秋吉台の循環と石灰岩の問題点:現地案内書と説明書(英文)
    ICEM2006国際会議組織委員会(宇部) 2006
  • Shock metamorphsim of explosions at the Hiroshima and Nagasaki atomic bombs in Japan: carbon mixed from atmosphere
    Proc. ICEM2006 (Ube,Yamaguchi) 2006
もっと見る
講演・口頭発表等 (30件):
  • 日本(玖珂、仁保、美保関)とペルー(カランカス)隕石における塩素含有赤金石のFESEM写真
    (隕石学会 2008)
  • 隕石災害とペルー隕石衝突
    (日本地球惑星科学連合大会 2008)
  • 月面における水、塩素、炭素の存在場所と探査
    (日本地球惑星科学連合大会 2008)
  • バクテリア状FeNi酸化物の玖珂隕石におけるFESEM写真と衝撃波形成反応
    (衝撃波シンポジウム講演会 2008)
  • FE-ASEM observations of Cl-bearing akaganeite minerals in Japan (Niho, Kuga & Mihonoseki) and Peru (Carancas) meteorites
    (Met. Soc.(Matsue); Japan Geophysical Union (Makuhari, Chiba, Japan);Shock Wave in Japan, 2007FY.(Tokyo Ind. Univ.);Plasma Res. (ISAS/JAXA) 2008)
もっと見る
Works (70件):
  • Research on high-temperature & pressure products with carbon
    2005 - 2007
  • 炭酸ガスの液体経由固定法の研究
    2007 -
  • 炭素の高温高圧反応生成物の研究
    2007 -
  • Research on carbon-fixing through liquid-states
    2007 -
  • Research on shoch wave impact reactions
    1990 - 2006
もっと見る
学位 (1件):
  • 理学博士 (東北大学)
委員歴 (31件):
  • 1995 - 2005 Gem.Soc. Japan councilor
  • 1999 - 2004 国際会議(PIECE,1999;IFIE,2000;IEJSAP,2003)開催責任者
  • 1999 - 2004 Representative of International Meetings
  • 2003 - Sigma X (American Science Society) Intenational Member
  • 1996 - 2001 日本学術会議IGCP国際委員
全件表示
受賞 (4件):
  • 1991 - 山口県科学技術振興奨励賞
  • 1991 - Award of Sci. & Tech. of Yamaguichi Prefecture (Promot.)
  • 1977 - 日本鉱物学会奨励賞
  • 1977 - Award of Mineralogical Association of Japan(Promot.)
所属学会 (31件):
日本鉱物科学会 ,  日本高圧力学会 ,  宝石学会日本 ,  マイクロビーム学会 ,  シグマカイ ,  隕石学会 ,  アメリカ結晶学会 ,  日本地球化学会 ,  日本地質学会 ,  カナダ鉱物学会 ,  アメリカ鉱物学会 ,  アメリカ地球物理協会 ,  日本結晶学会 ,  地球電磁気・惑星圏学会 ,  日本岩石鉱物鉱床学会 ,  日本鉱物学会 ,  日本惑星科学会 ,  Micro-beam Socity (USA) ,  Sigma X (American Science Society) ,  Crysyal. Soc. of America ,  Met. Society ,  Mineral Soc. Canada ,  Mineral. Soc. of America ,  American Geophysical Union (AGU) ,  High-Pressure Mechanics Society of Japan ,  Gem.Soc. Japan ,  Earth Chemistry Association of Japan ,  Crystal. Soc. of Japan ,  Planet. Sci. Association of Japan ,  Geol. Soc. Japan ,  Mineralogical Sciences Society of Japan (Joined after 2007)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る