研究者
J-GLOBAL ID:200901028808270900   更新日: 2020年09月25日

藤間 祥子

トウマ サチコ | Toma Sachiko
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 構造生物化学
研究キーワード (2件): 構造生物学 ,  Structural Biology
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • -
  • -
  • 蛋白質の構造生物学的研究
論文 (21件):
  • Toshiaki Teratani, Kengo Tomita, Sachiko Toma-Fukai, Yutaro Nakamura, Toshimasa Itoh, Hikaru Shimizu, Yasunaga Shiraishi, Nao Sugihara, Masaaki Higashiyama, Takahiko Shimizu, et al. Redox-dependent PPARγ/Tnpo1 complex formation enhances PPARγ nuclear localization and signaling. Free radical biology & medicine. 2020. 156. 45-56
  • Sachiko Toma Fukai, Ryota Hibi, Takao Naganuma, Makishito Sakai, Shinya Saijo, Nobutaka Shimizu, Michihiro Matsumoto, Toshiyuki Shimizu. Crystal structure of GCN5 PCAF N-terminal domain reveals atypical ubiquitin ligase structure. The Journal of biological chemistry. 2020
  • Nakamura T*, Hashikawa C, Okabe K, Yokote Y, Chirifu M, Toma-Fukai S, Nakamura N, Matsuo M, Kamikariya M, Okamoto Y, et al. Structural analysis of TIFA: Insight into TIFA-dependent signal transduction in innate immunity. Sci. Rep. 2020. 10. 1. 5152
  • 藤間 祥子, 清水敏之. Structural Insights into the Regulation Mechanism of Small GTPases by GEFs. Molecules,. 2019. 24. 18. 3308
  • Shimizu H, Toma-Fukai S, Kontani K, Katada T, Shimizu T. GEF mechanism revealed by the structure of SmgGDS-558 and farnesylated RhoA complex and its implication for a chaperone mechanism. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America. 2018. 115. 38. 9563-9568
もっと見る
MISC (5件):
  • 藤間 祥子. 最近の研究動向, Bio-SAXSを用いたタンパク質複合体構造解析の実際. 日本結晶学会誌. 2019. 61. 2
  • Crystal structure of IMP-2 metallo-β-lactamase from Acinetobacter spp.: comparison of active-site loop structures between IMP-1 and IMP-2. Yamaguchi Y, Matsueda S, Matsunaga K, Takashio N, Toma-Fukai S, Yamagata Y, Shibata N, Wachino J, Shibayama K, Arakawa Y, Kurosaki H. 2015. 2015. 38. 96-101
  • Suwa Yoshiaki, Nakamura Teruya, Toma Sachiko, Koga Tomoaki, Shuto Tsuyoshi, Ikemizu Shinji, Kai Hirofumi, Morioka Hiroshi, Yamagata Yuriko. Structural basis for DNA recognition and binding specificity by the transcription factor Ets2. ACTA CRYSTALLOGRAPHICA A-FOUNDATION AND ADVANCES. 2011. 67. C689
  • Chirifu, M, Hayashi, C, Nakamura, T, Toma, S, Shuto, T, Kai, H, Yamagata, Y, Davis, S. J, Ikemizu, S. Structural basis for the molecular recognition between IL-15 and its private receptor IL-15Ra. Cytokine. 2008. 43. 294-294
  • Suwa Yoshiaki, Nakamura Teruya, Toma Sachiko, Ikemizu Shinji, Kai Hirofumi, Morioka Hiroshi, Yamagata Yuriko. Structural basis for transcriptional regulation mechanisms by the transcription factor Ets2. ACTA CRYSTALLOGRAPHICA A-FOUNDATION AND ADVANCES. 2008. 64. C303-C304
講演・口頭発表等 (12件):
  • Structural study of SmgGDS reveals unique nucleotide exchange mechanism for RhoA.
    (AsCA2019 2019)
  • 蛋白質アルギニンメチル化酵素(PRMT1)の自己集合が担う活性制御機構の構造研究
    (第92回日本生化学会大会 2019)
  • SmgGDSによる低分子量G蛋白質の認識と機能
    (大阪大学蛋白質研究所セミナー,第42回SPring-8先端利用技術ワークショップ 2019)
  • 創薬標的蛋白質のPX-BioSAXS相関構造解析の現状と今後の展望
    (日本プロテオーム学会2019年大会 第70回日本電気泳動学会総会 2019)
  • リード化合物創成を目指した創薬標的蛋白質の構造機能相関解析
    (平成30年度第2回構造生物学研究会 2019)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2001 - 2003 大阪大学 高分子科学専攻 (中退)
  • 1999 - 2001 お茶の水女子大学 大学院人間文化研究科 博士前期課程
  • 1995 - 1999 お茶の水女子大学 化学科
学位 (1件):
  • 博士(理学) (大阪大学)
経歴 (6件):
  • 2018/10 - 現在 奈良先端科学技術大学院大学 先端科学技術研究科 准教授
  • 2018/04 - 2018/09 お茶の水女子大学 理学部化学科 非常勤講師
  • 2007/04 - 2018/09 東京大学 大学院薬学系研究科 助教
  • 2017/09 - 2017/09 お茶の水女子大学 大学院人間文化創成科学研究科 非常勤講師
  • 2006/04 - 2007/03 東京大学 大学院薬学系研究科 助手
全件表示
委員歴 (15件):
  • 2019/04 - 現在 日本薬学会 物理系薬学部会 令和元年度若手世話人
  • 2020/04 - 2025/03 日本学術振興会 R022量子構造生物委員会 学界委員(個人会員)
  • 2020/04 - 2022/03 日本結晶学会 編集委員
  • 2019/04 - 2021/03 日本結晶学会 評議委員
  • 2020/03 - 2020/09 日本学術会議 連携会員
全件表示
所属学会 (3件):
日本薬学会 ,  日本結晶学会 ,  日本生化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る