研究者
J-GLOBAL ID:200901028901477159   更新日: 2021年01月09日

松本 曜

マツモト ヨウ | Matsumoto Yo
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): https://yomatsum.wordpress.com/
研究分野 (2件): 英語学 ,  言語学
研究キーワード (7件): 認知言語学 ,  類型論 ,  日本語学 ,  形態論 ,  意味論 ,  英語学 ,  言語学
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2019 - 2023 空間移動と状態変化の表現の並行性に関する統一的通言語的研究
  • 2015 - 2019 移動表現による言語類型:実験的統一課題による通言語的研究
  • 2015 - 2018 移動表現に関わる中間言語研究と言語教育への応用:英語・日本語を対象に
  • 2010 - 2014 日英語と移動表現の類型論:直示性に注目した通言語的実験研究
  • 2005 - 2009 言語類型論と日英語:音韻、統語、意味、談話における類型論の総合的研究
全件表示
論文 (80件):
  • 松本 曜, 鈴木 唯, 高橋 舜, 谷川みずき, 長屋尚典, 吉成祐子. 複数局面を含む移動事象表現と言語類型論:日本語と他言語の比較. 2021
  • 松本曜. 移動表現の研究におけるコーパスと実験. 篠原和子・宇野良子(編)『実験認知言語学の深化』. 2021
  • 松本曜. 意味派生の方向性と基本義の認定に関する実験的考察. 認知言語学の最前線-山梨正明教授古希記念論文集. 2021. 285-307
  • Yo Matsumoto, Kimi Akita, Anna Bordilovskaya, Kiyoko Eguchi, Hiroaki Koga, Miho Mano, Ikuko Matsuse, Takahiro Morita, Naonori Nagaya, Kiyoko Takahashi, et al. Linguistic representations of Visual motion: A crosslinguistic experimental study. 2021
  • Yo Matsumoto. The semantic differentiation of V-te V complexes and V-V compounds in Japanese. To appear in Taro Kageyama and Prashant Pardeshi (Eds.) Verb-Verb Complexes in Asian Languages. 2021. 139-220
もっと見る
MISC (2件):
  • 松本曜. 認知意味論. 認知言語学大事典. 2019
  • 松本 曜. 聖書翻訳の意味論に関する文献目録. 2011
書籍 (10件):
  • 移動表現の類型論と第2言語習得:日本語・英語・ハンガリー語学習の多元的比較
    くろしお出版 2021
  • Broader perspectives on motion event descriptions
    John Benjamins 2020 ISBN:9789027205667
  • 日本語語彙的複合動詞の意味と体系-コンストラクション形態論とフレーム意味論-
    ひつじ書房 2018 ISBN:4894769077
  • 移動表現の類型論
    くろしお出版 2017 ISBN:9784874247228
  • 認知意味論
    大修館書店 2003 ISBN:4469212830
もっと見る
講演・口頭発表等 (38件):
  • Causation: Typological variety of caused motion event descriptions
    (Motion Event Descriptions across Languages 2019)
  • Vision: Path in Visual motion across languages
    (Motion Event Descriptions across Languages 2019)
  • Path: Path coding across languages
    (Motion Event Descriptions across Languages 2019)
  • 課題と仮説
    (日本言語学会ワークショップ「移動経路の種類とそのコード化 : 通言語的ビデオ実験による移動表現の類型論再考」 2018)
  • Motion event descriptions in Kiswahili: Pattern of variations in Path-coding positions
    (Linguistic Society of America Annual Meeting 2018)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1986 - 1992 スタンフォード大学 言語学科博士課程
  • 1983 - 1985 上智大学 言語学専攻 博士前期課程
  • 1979 - 1983 上智大学 英語学科
学位 (2件):
  • Ph D (Stanford University)
  • MA (Sophia University)
経歴 (7件):
  • 2017/10 - 現在 国立国語研究所 理論対照研究領域 教授
  • 2007/04 - 2017/09 神戸大学 人文学研究科 教授
  • 2004/04 - 2007/03 神戸大学 文学部 教授
  • 2002/04 - 2004/03 明治学院大学 文学部英文学科 教授
  • 1996/04 - 2002/03 明治学院大学 文学部英文学科 助教授
全件表示
委員歴 (4件):
  • 2017/07 - 現在 国際認知言語学会 理事
  • - 現在 日本言語学会 評議員
  • - 2020/03 関西言語学会 運営委員
  • 2014/04 - 2018/03 日本英語学会 理事
所属学会 (7件):
Linguistic Society of America ,  International Cognitive Linguistics Association ,  日本語学会 ,  関西言語学会 ,  日本認知言語学会 ,  日本英語学会 ,  日本言語学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る