研究者
J-GLOBAL ID:200901028936987923   更新日: 2020年06月08日

岩本 薫

イワモト カオル | Iwamoto Kaoru
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
ホームページURL (2件): http://iwamoto.lab.tuat.ac.jp/http://iwamoto.lab.tuat.ac.jp/
研究分野 (2件): 熱工学 ,  流体工学
研究キーワード (7件): 高精度レーザー計測 ,  超並列数値シミュレーション ,  伝熱増進 ,  乱流摩擦抵抗低減 ,  乱流制御 ,  省エネルギー ,  熱・流体の高度制御技術の創成
競争的資金等の研究課題 (20件):
  • 2018 - 2018 機械学習による乱流ビッグデータの特徴抽出手法の構築
  • 2016 - 2017 冷却損失低減のためのエンジン内壁面熱伝達機構の解明と壁面微細構造の最適化による熱伝達率低減
  • 2015 - 2017 高解像度2平面ステレオPIVと大規模DNSの融合による3次元リブレットの最適化
  • 2015 - 2016 冷却損失低減のためのエンジン内壁面熱伝達機構の解明と壁面微細構造の最適化による熱伝達率低減
  • 2015 - 2016 革新的リブレットによる高速移動体の省エネルギー化技術の調査研究
全件表示
論文 (167件):
  • E. Yamaguchi, T. Shimura, A. Mitsuishi, K. Iwamoto, A. Murata, H. Ando. Friction Drag Reduction Effect of Fluorescently Labeled Polymer in a Turbulent Channel Flow using Simultaneous PIV/LIF Measurements. Flow, Turbulence and Combustion. 2019. submitted
  • T. Shimura, M. Serizawa, A. Mitsuishi, K. Iwamoto, A. Murata. Drag Reduction Effect of Inclined Blade Riblets in Turbulent Channel Flows. Flow, Turbulence and Combustion. 2019. submitted
  • R. Yamaguchi, A. Mitsuishi, T. Shimura, K. Iwamoto, A. Murata. Decomposition of Friction Drag and Heat Transfer in Pulsating Turbulent Pipe Flow. Proc. of The Second Pacific Rim Thermal Engineering Conference, Maui, Hawaii, USA. 2019. submitted, Paper No. PRTEC-. *pp
  • M. Takahashi, A. Mitsuishi, T. Shimura, K. Iwamoto, A. Murata. Effect of Spatial Development on Convective Heat Transfer Enhancement in a Pipe with Transverse Vibration. Proc. of The Second Pacific Rim Thermal Engineering Conference, Maui, Hawaii, USA. 2019. submitted, Paper No. PRTEC-. *pp
  • A. Mitsuishi, M. Sakoh, T. Shimura, K. Iwamoto, A. Murata, H. Mamori. Direct Numerical Simulation of Convective Heat Transfer in a Pipe with Transverse Vibration. International Journal of Heat and Mass Transfer. 2019. submitted
もっと見る
特許 (20件):
  • 摩擦抵抗低減塗料、摩擦抵抗低減塗膜および船舶
  • パイプラインによる流体移送方法及び流体移送装置
  • 乱流発生装置、熱交換器、及び触媒装置
  • 熱交換器
  • 熱輸送システム
もっと見る
書籍 (3件):
  • 計算科学講座 第5巻第2部 計算科学の展開 「乱流の計算科学」 乱流解明のツールとしての大規模数値シミュレーション
    共立出版 2012
  • Webラーニングプラザ「流体力学の基礎知識」先端技術における流体力学 http://weblearningplaza.jst.go.jp
    科学技術振興機構 2011
  • 乱流工学ハンドブック
    朝倉書店 2009
講演・口頭発表等 (233件):
  • 電動化航空機用多段ヒートシンクの3次元熱回路網解析を用いた多目的最適化
    (第33回数値流体力学シンポジウム,北海道 (2019年11月27日~29日). 2019)
  • 深層学習による円管内脈動乱流の摩擦抵抗予測
    (日本機械学会 第97期 流体工学部門講演会,豊橋 (2019年11月7日~8日). 2019)
  • 進行波状弾性壁面を有する円管内乱流の抵抗低減効果
    (日本機械学会 第97期 流体工学部門講演会,豊橋 (2019年11月7日~8日). 2019)
  • 空間発達する円管内流れにおける熱伝達に与える振動制御の影響
    (日本機械学会 第97期 流体工学部門講演会,豊橋 (2019年11月7日~8日). 2019)
  • 円管内脈動乱流の実験データを用いた機械学習による抵抗低減効果の予測
    (流体力学会年会2019講演論文集,(2019年9月),電気通信大学,東京,USB. 2019)
もっと見る
Works (24件):
  • 平成26年度科学技術分野の文部科学大臣表彰若手科学者賞を受賞,岩本 薫,東京農工大学(2014年4月25日),東京農工大学,http://www.tuat.ac.jp/news/20140425105712/index.html pic.twitter.com/bYgXbAO7fg
    2014 - 2014
  • 脈動原理による配管の圧損低減,寺嶋 光春,化学工学会誌(2013年6月,Vol.77, No.6, p.437),化学工学会
    2013 - 2013
  • 脈打つ流れ,血流ヒント 抵抗減らす,岩本 薫,読売新聞夕刊 7面(1月13日),読売新聞社
    2011 - 2011
  • 血管の流れは機械より省エネ?,岩本 薫,日本経済新聞 電子版(8月21日),日本経済新聞社
    2010 - 2010
  • University Researcher in Japan Reduces Energy Needed for Pipe Flow by 60% Using Pulsating Motion, Kaoru Iwamoto, Japan for Sustainability Web(6, Aug.),Japan for Sustainability, http://www.japanfs.org/en/pages/030125.html
    2010 - 2010
もっと見る
学歴 (4件):
  • 2001 - 2004 東京大学 工学系研究科 機械工学専攻
  • 1999 - 2001 東京大学 工学系研究科 機械工学専攻
  • 1997 - 1999 東京大学 工学部 機械工学科
  • 1995 - 1997 東京大学 理科一類
学位 (3件):
  • 博士(工学) (東京大学)
  • 修士(工学) (東京大学)
  • 学士(工学) (東京大学)
経歴 (6件):
  • 2018/01/01 - - 東京農工大学,教授
  • 2011/04/01 - 2017/12/31 - 東京農工大学,准教授
  • 2007/04/01 - 2011/03/31 - 東京農工大学,特任准教授
  • 2007/01/01 - 2007/03/31 - 東京農工大学,特任助教授
  • 2005/04/01 - 2006/12/31 - 東京理科大学,助手
全件表示
委員歴 (62件):
  • 2018/11 - 2028/11 日本伝熱学会 日本伝熱シンポジウム OS「乱流を伴う伝熱研究の進展」オーガナイザー
  • 2018/04 - 2022/03 日本機械学会 Journal of Fluid Science and Technology, 編集委員
  • 2019/06 - 2020/05 精密工学会 2020年度春季大会学術講演会 実行委員
  • 2019/04 - 2020/03 日本機械学会 関東支部 関東学生会 会員校役員
  • 2019/04 - 2020/03 日本機械学会 熱工学部門 学会賞委員会 委員
全件表示
受賞 (7件):
  • 2018/11/29 - 日本機械学会 日本機械学会 流体工学部門 フロンティア表彰
  • 2017/10/29 - 日本機械学会 日本機械学会 流体工学部門 貢献表彰
  • 2015/07/28 - 日本計算力学連合 日本計算力学奨励賞 計算力学分野で顕著な業績及び研究を行った40才以下の研究者に与えられる.
  • 2014/04/15 - 文部科学省 平成26年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞 高レイノルズ数壁乱流における運動量及び熱輸送制御の研究
  • 2013/02/16 - 日本流体力学会2012年度論文賞 Koji Fukagata, Kaoru Iwamoto and Nobuhide Kasagi, "Contribution of Reynolds stress distribution to the skin friction in wall-bounded flows", Physics of Fluids, Vol.14, L73-L76, (2002).
全件表示
所属学会 (13件):
アジア数値熱流体シンポジウム ,  輸送現象に関する国際シンポジウム ,  流れの可視化と画像処理に関する国際シンポジウム ,  文部科学省 ,  環境エネルギー科学に関する国際教育フォーラム ,  日本計算力学連合 ,  国際計算力学連合 ,  日本ガス協会 ,  計算力学に関する世界大会 ,  米国物理学会 ,  日本流体力学会 ,  日本伝熱学会 ,  日本機械学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る