研究者
J-GLOBAL ID:200901029037872047   更新日: 2022年06月28日

池田 彩子

イケダ サイコ | Ikeda Saiko
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 家政学、生活科学
研究キーワード (2件): 食品栄養学 ,  Food and Nutrition
競争的資金等の研究課題 (15件):
  • 2018 - 2020 ゴマの機能性成分の吸収率とそれに及ぼす調理加工の影響
  • 2017 - 2020 ロコモティブシンドローム予防を目指した適正なビタミン摂取についての基盤研究
  • 2014 - 2015 抗酸化ビタミンとビタミンKの相互作用に関する栄養学的研究
  • 2013 - 2015 代謝産物の排泄量を指標としたビタミンE栄養状態の評価
  • 2010 - 2012 ビタミンEの吸収機構と食品成分によるその調節
全件表示
論文 (51件):
  • Shumin Sun, Yuki Araki, Fumiaki Hanzawa, Miki Umeki, Takaaki Kojima, Naomichi Nishimura, Saiko Ikeda, Satoshi Mochizuki, Hiroaki Oda. High sucrose diet-induced dysbiosis of gut microbiota promotes fatty liver and hyperlipidemia in rats. The Journal of nutritional biochemistry. 2021. 93. 108621-108621
  • Daeun Kim, Fumiaki Hanzawa, Shumin Sun, Thomas Laurent, Saiko Ikeda, Miki Umeki, Satoshi Mochizuki, Hiroaki Oda. Delayed Meal Timing, a Breakfast Skipping Model, Increased Hepatic Lipid Accumulation and Adipose Tissue Weight by Disintegrating Circadian Oscillation in Rats Fed a High-Cholesterol Diet. Frontiers in nutrition. 2021. 8. 681436-681436
  • Saiko Ikeda, Saki Takahashi, Norie Suzuki, Fumiaki Hanzawa, Fumihiko Horio, Hiroaki Oda. Gut Microbiota Is Not Involved in the Induction of Acute Phase Protein Expression Caused by Vitamin C Deficiency. Journal of nutritional science and vitaminology. 2020. 66. 1. 19-23
  • Ishida Y, Hino S, Morita T, Ikeda S, Nishimura N. Hydrogen produced in rat colon improves in vivo redox balance due to induced regeneration of α-tocopherol. The British journal of nutrition. 2019. 1-25
  • Sun S, Hanzawa F, Kim D, Umeki M, Nakajima S, Sakai K, Ikeda S, Mochizuki S, Oda H. Circadian rhythm-dependent induction of hepatic lipogenic gene expression in rats fed a high-sucrose diet. The Journal of biological chemistry. 2019. 294. 42. 15206-15217
もっと見る
MISC (72件):
  • 阪野朋子, 内田友乃, 池田彩子, 小田裕昭. データ駆動型プレシジョン栄養学の現状と時間栄養学の活用. 時間栄養学研究の最前線(日本時間栄養学会). 2021. 1. 2. 12-34
  • 池田彩子, 小林美里, 阪野朋子. 合成ビタミンE摂取によるビタミンE立体異性体の脳への移行. ビタミン. 2021. 95
  • 内田友乃, 阪野朋子, 池田彩子, 小田裕昭. 日本人の食事摂取基準のプレシジョン栄養学への活用の取り組み. 臨床栄養. 2020. 137. 3. 334-339
  • 小田裕昭, 阪野朋子, 内田友乃, 池田彩子. プレシジョン栄養学-個別化栄養の現状と展望. 臨床栄養. 2020. 137. 3. 298-305
  • 池田彩子, 阪野朋子, 佐伯茂. ビタミンCは酵素反応の補因子として多様な生理作用を発揮する. ビタミン. 2020. 94. 7. 397-400
もっと見る
書籍 (21件):
  • ビタミン・バイオファクター総合事典
    朝倉書店 2021 ISBN:9784254102925
  • 基礎栄養学
    東京化学同人 2019 ISBN:9784807916818
  • Vitamin E : chemistry and nutritional benefits
    Royal Society of Chemistry 2019 ISBN:9781788012409
  • 分子栄養学
    講談社 2018 ISBN:9784061553972
  • 生化学・基礎栄養学
    朝倉書店 2017 ISBN:9784254616583
もっと見る
講演・口頭発表等 (10件):
  • 食の抗酸化作用と健康
    (日本食物繊維学会第21回学術集会 市民公開講座 2016)
  • ゴマの栄養
    (第31回日本ゴマ科学会大会 2016)
  • トコトリエノール代謝研究の10年の進展
    (第10回日本トコトリエノール研究会ミニシンポジウム 2013)
  • ビタミンE代謝とその調節
    (日本植物油協会 第20回植物油栄養懇話会 2012)
  • 米油に含まれるビタミンE群の特性と機能性
    (日本畜産学会第115回大会 栄養・飼養シンポジウム「米の栄養特性と生理的機能性:飼料用米の優位性発掘を目指して」 2012)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1998 名古屋大学 農芸化学専攻
  • お茶の水女子大学 食物学科
学位 (1件):
  • 博士(農学) (名古屋大学)
経歴 (5件):
  • 2010 - 現在 名古屋学芸大学管理栄養学部 教授
  • 2006 - 2010 名古屋学芸大学管理栄養学部 准教授
  • 2002 - 2006 名古屋学芸大学管理栄養学部 講師
  • 1998 - 2002 椙山女学園大学生活科学部 助手
  • 1997 - 1998 日本学術振興会 特別研究員
委員歴 (19件):
  • 2022/06 - 現在 日本栄養・食糧学会 学会活動強化委員会 委員
  • 2022/06 - 現在 日本栄養・食糧学会 学会創立75周年記念誌刊行委員会 委員
  • 2022/04 - 現在 日本栄養・食糧学会 中部支部長
  • 2022/01 - 現在 日本栄養・食糧学会 JNSV編集委員会 副委員長
  • 2021/03 - 現在 日本農芸化学会 英文誌編集委員会総務会 委員
全件表示
受賞 (1件):
  • 2005/05 - 日本栄養・食糧学会 平成17年度奨励賞 抗酸化ビタミンの体内動態とその生理作用
所属学会 (4件):
日本農芸化学会 ,  日本ビタミン学会 ,  日本家政学会 ,  日本栄養・食糧学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る