研究者
J-GLOBAL ID:200901029133207445   更新日: 2020年09月01日

寺田 雅彦

テラダ マサヒコ | Terada Masahiko
所属機関・部署:
職名: 助教授
研究分野 (3件): 神経内科学 ,  内科学一般 ,  医療管理学、医療系社会学
研究キーワード (6件): Medical Education ,  Clinical Neurology ,  Clinical Medicine ,  医学教育学 ,  臨床神経学 ,  臨床内科学
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 糖尿病性神経障害の発症機〓の研究
  • 末梢神経障害における神経再生に関する研究
  • 糖尿病性神経障害の電気生理学的検討
  • Study of Pathogenesis of Diaberic Neuropathy
  • Study of Nerve Regeneration on Peripheral Neuropathy
全件表示
MISC (63件):
もっと見る
書籍 (7件):
  • Nerve dysfunction and the compensatory role of the Na<sup>+</sup>,K<sup>+</sup> pump under high glucose conditions : voltage clampanalysis in rat single myelinated nerve fiber
    Diabetic neuropathy:new concepts and insights.,Expepta Medica,Elsevier Sicence B.V. 1995
  • Tolrestat ameliorates defective nerve regeneration after crush in streptozocin-induced diabetic rats
    Diavetic neuropathy:new concepts and insights.,Expepta Medica,Elsevier Science B.V. 1995
  • Abnormal intramuscular nerve sprouting after partial denervation in streptozocin-induced diabetic rats
    Diabetic neuropathy:new concepts and insights.,Expepta Medica,Elsevier Science B.V. 1995
  • Nerve dysfunction and the compensatory role of the Na<sup>+</sup>, K<sup>+</sup> pump under high glucose conditions : voltage clampanalysis in rat single myelinated narve fiber.
    Diabetic neuropathy: new concepts and insights., Excepta Medica, Elsevier Science B. V. 1995
  • Tolrestat ameliorates defective nerve regeneration after crush in streptozocin-induced diabetic rats.
    Diabetic neuropathy: new concepts and insights., Excepta Medica, Elsevier Science B. V. 1995
もっと見る
学歴 (4件):
  • - 1987 滋賀医科大学 生体情報制御系
  • - 1987 滋賀医科大学
  • - 1983 滋賀医科大学 医学科
  • - 1983 滋賀医科大学
学位 (1件):
  • 医学博士 (滋賀医科大学)
受賞 (1件):
  • 1999 - 日本糖尿病合併症学会 Young Investigator Award
所属学会 (10件):
日本家庭医療学会 ,  日本医学教育学会 ,  日本糖尿病合併症学会 ,  日本総合診療学会 ,  神経治療学会 ,  神経病理学会 ,  日本内科学会 ,  日本自律神経学会 ,  日本糖尿病学会 ,  日本神経学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る