研究者
J-GLOBAL ID:200901029200631338   更新日: 2020年12月25日

尼崎 光洋

アマザキ ミツヒロ | AMAZAKI Mitsuhiro
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): https://taweb.aichi-u.ac.jp/amazaki/index.html
研究分野 (3件): 体育、身体教育学 ,  スポーツ科学 ,  栄養学、健康科学
研究キーワード (15件): 生活習慣病 ,  健康教育 ,  Health Action Process Approach (HAPA) model ,  マウスガード使用行動 ,  性感染症 ,  口腔保健行動 ,  健康行動 ,  運動 ,  身体活動 ,  行動変容 ,  健康科学 ,  スポーツ心理学 ,  健康心理学 ,  Sport & Exercise Psychology ,  Health Psychology
競争的資金等の研究課題 (13件):
  • 2019 - 2023 女性アスリート特有の健康問題の予防のための自己管理支援システムの構築
  • 2018 - 2019 大学ハンドボール選手におけるマウスガード使用行動の横断的研究--Health Action Process Approachモデルを中心とした検討--
  • 2015 - 2018 口腔保健行動の予測モデルの構築と歯科保健プログラムの開発
  • 2015 - 2016 就学前児童を持つ保護者の身体活動に関する調査--豊橋市民を対象に--
  • 2014 - 2015 就学前児童保護者の身体活動に関する調査
全件表示
論文 (50件):
もっと見る
MISC (17件):
もっと見る
書籍 (7件):
  • 子どものプレイフルネスを育てるプレイメーカー プレイフルネス運動遊びへの招待
    サンライフ企画 2017 ISBN:9784904011737
  • 学校看護学
    講談社 2017 ISBN:9784061563209
  • ライフコースの健康心理学
    晃洋書房 2017 ISBN:9784771028876
  • 東三河の経済と社会 第8輯
    愛知大学中部地方産業研究所 2017 ISBN:9784901786430
  • 保健と健康の心理学標準テキスト第1巻 保健と健康の心理学
    ナカニシヤ出版 2016 ISBN:9784779511127
もっと見る
講演・口頭発表等 (133件):
  • 女性新体操選手のストレッサーがストレス反応に与える影響
    (日本スポーツ心理学会第47回大会)
  • Health Action Process Approachを用いた手洗い行動の検討--尺度開発--
    (日本健康心理学会第33回バーチャル大会 2020)
  • Differences in Japanese Rhythmic Gymnastics Athletes’ Stressors, Stress Response, and Stress Coping in Relation to the Female Athlete Triad
    (第7回アジア健康心理学会 2019)
  • Application of Health Action Process Approach to Mouthguard Use for Japanese Athletes
    (第7回アジア健康心理学会 2019)
  • A study on exercise habits of Japanese mothers with preschool children: the differences in the amounts of exercise and exercise self-efficacy by the duration of exercise play with children
    (第16回ヨーロッパ心理学会 2019)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2007 - 2010 桜美林大学大学院 環太平洋地域文化専攻 博士後期課程
  • 2005 - 2007 桜美林大学大学院 人間科学専攻健康心理学専修 修士課程
  • 2002 - 2005 桜美林大学 健康心理学科(早期卒業)
学位 (2件):
  • 博士(学術) (桜美林大学)
  • 修士(健康心理学) (桜美林大学)
経歴 (6件):
  • 2013/04 - 現在 愛知大学地域政策学部 准教授
  • 2019/08 - 2020/03 Srinakharinwirot University Faculty of Physical Education Visiting scholar
  • 2011/04 - 2013/03 愛知大学地域政策学部 助教
  • 2010/10 - 2011/03 日本学術振興会 特別研究員PD
  • 2008/04 - 2010/09 日本学術振興会 特別研究員DC1
全件表示
委員歴 (14件):
  • 2019/05 - 現在 公益財団法人日本スポーツ協会 スポーツ医・科学専門委員会 研究班員(多様な対象者をセグメント化した運動・スポーツの習慣形成アプローチ)
  • 2020/11 - 日本スポーツ心理学会第47回大会 ポスター発表B 座長
  • 2020/04 - 2020/07 豊橋市民病院 新卒看護師等採用パンフレットプロポーザル審査委員
  • 2017/12 - 2019/03 千歳科学技術大学 平成29年度千歳科学技術大学の大学教育再生加速プログラム「高大接続改革推進事業」における大学連携ワーキング委員
  • 2015/01 - 2018/03 豊橋市生涯スポーツ推進市民会議委員
全件表示
受賞 (7件):
  • 2013/08 - 日本健康心理学会 ヤングヘルスサイコロジスト賞
  • 2012/09 - 日本健康心理学会 日本健康心理学会本明記念賞
  • 2010/08 - The 4th Asian Congress of Health Psychology Motoaki Outstanding Poster Award
  • 2010 - "Motoaki Outstanding Poster Award" (The International Conference of 4th Asian Congress of Health Psychology. Taipei, Taiwan.)
  • 2009/12 - India International Congress in Sports Psychology Best Poster Presentation Award
全件表示
所属学会 (7件):
日本健康教育学会 ,  日本健康心理学会 ,  九州スポーツ心理学会 ,  日本スポーツ心理学会 ,  日本思春期学会 ,  日本学校保健学会 ,  日本公衆衛生学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る