研究者
J-GLOBAL ID:200901029289878765   更新日: 2019年03月04日

對馬 直紀

Naoki Tsushima
所属機関・部署:
職名: 教授
論文 (2件):
  • 最高裁判所における最近の死刑判決の動向について. 現代刑事法. 2001. 25号
  • 詐欺罪における欺罔概念と実行の着手. 宮崎産業経営大学創立10周年記念論集『新時代への飛翔』. 1998
書籍 (2件):
  • ワークスタディ刑法総論〔第2版〕
    不磨書房 2002
  • ワークスタディ刑法各論
    不磨書房 2002
講演・口頭発表等 (1件):
  • 原因において自由な行為と実行行為概念
    (日本刑法学会九州部会76回例会 1998)
Works (4件):
  • 外国人登録原票は、刑法157条1項の権利、義務に関する公正証書の原本に当たるとした事例
    2005 -
  • 被害者の言動を契機に、被害者を病院に搬送し救命措置を講じさせた事案につき、殺人の中止未遂を認めた事例
    2003 -
  • 外国人登録原票は、刑法157条1項の権利、義務に関する公正証書の原本に当たるとした事例
    2000 -
  • 殺害された被害者の数が1名である身の代金目的拐取、殺人、拐取者身の代金要求、監禁、強姦の事案につき、原判決が維持した第一審判決の死刑の科刑がやむをえないものとされた事例
    2000 -
経歴 (1件):
  • 2004/04/01 - 現在 駒澤大学大学院 法科大学院 法科大学院 教授
所属学会 (1件):
日本刑法学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る