研究者
J-GLOBAL ID:200901029552807614   更新日: 2024年02月01日

吉本 尚子

ヨシモト ナオコ | Yoshimoto Naoko
所属機関・部署:
職名: 講師
ホームページURL (1件): https://sites.google.com/faculty.gs.chiba-u.jp/idenshi-chiba/
研究分野 (2件): 環境、天然医薬資源学 ,  生物分子化学
研究キーワード (6件): トランスクリプトーム ,  二次代謝 ,  硫黄 ,  薬用植物 ,  薬学 ,  植物
競争的資金等の研究課題 (14件):
  • 2023 - 2026 薬用植物における機能性含硫黄成分の生合成ゲノム基盤の解明と応用
  • 2019 - 2024 薬用資源植物の化学的多様性のゲノム起源
  • 2020 - 2023 薬用植物における機能性含硫黄成分の生合成酵素群の同定とその応用
  • 2019 - 2022 ネギ属植物の香味および健康機能性の向上を目指した含硫化合物の生合成調節に関する研究
  • 2019 - 2021 ニンニクのフレーバー前駆体の生物生産系開発に向けた生合成酵素群の同定
全件表示
論文 (30件):
  • Jichen Wang, Hideyuki Suzuki, Nanako Nakashima, Mariko Kitajima, Hiromitsu Takayama, Kazuki Saito, Mami Yamazaki, Naoko Yoshimoto. Identification of a regiospecific S-oxygenase for the production of marasmin in traditional medicinal plant Tulbaghia violacea. Plant Biotechnology. 2022. 39. 3. 281-289
  • Naoko Yoshimoto, Takashi Asano, Ayuna Kisanuki, Chihiro Kanno, Machiko Asanuma, Mami Yamazaki, Isao Fujii, Kazuki Saito. The ability of callus tissues induced from three Allium plants to accumulate health-beneficial natural products, S-alk(en)ylcysteine sulfoxides. Journal of Natural Medicines. 2022. 76. 4. 803-810
  • 吉本 尚子. 植物含硫化合物の健康機能性. 医学のあゆみ. 2019. 270. 8. 617-620
  • Naoko Yoshimoto, Kazuki Saito. S-Alk(en)ylcysteine sulfoxides in the genus Allium: proposed biosynthesis, chemical conversion, and bioactivities. Journal of Experimental Botany. 2019. 70. 16. 4123-4137
  • 吉本 尚子. オピオイド医薬品製造原料の生物生産を高効率化する酵素の発見. ファルマシア. 2019. 55. 1. 67
もっと見る
MISC (25件):
もっと見る
書籍 (7件):
  • 基礎から学ぶ植物代謝生化学
    羊土社 2019 ISBN:9784758120906
  • Plant Sulfur Metabolism in Higher Plants: Fundamental, Environmental and Agricultural Aspects
    Springer International Publishing 2017
  • Sulfur Metabolism in Plants: Molecular Physiology and Ecophysiology
    Springer 2015
  • Sulfur Metabolism in Plants. Mechanisms and Applications to Food Security and Responses to Climate Change
    Springer 2012
  • Sulfur Metabolism in Plants. Regulatory Aspects, Significance of Sulfur in the Food Chain, Agriculture and the Environment
    Backhuys Publishers 2009
もっと見る
講演・口頭発表等 (26件):
  • ヒガンバナ科伝統薬用植物Tulbaghia violaceaの機能性含硫成分マラスミンの生合成に関わるS-酸化酵素の同定
    (第40回日本植物バイオテクノロジー学会大会 2023)
  • ネギ属植物およびカルスの含硫二次代謝物量に対するエリシター処理の影響の解析.第40回日本植物バイオテクノロジー学会大会
    (第40回日本植物バイオテクノロジー学会大会 2023)
  • ヒガンバナ科植物Tulbaghia violaceaの機能性含硫成分マラスミンの生合成に関わるS-酸化酵素の同定
    (日本生薬学会第69回年会 2023)
  • ヒガンバナ科植物Tulbaghia violaceaの機能性含硫成分マラスミンの生合成に関わるS-酸化酵素の同定
    (日本薬学会 第143年会 2023)
  • ネギ属植物に対するエリシター処理がシステインスルホキシド誘導体の含有量に与える影響の解析
    (日本薬学会 第143年会 2023)
もっと見る
学位 (2件):
  • 修士(薬学) (千葉大学)
  • 博士(薬学) (千葉大学)
委員歴 (4件):
  • 2020/07 - 現在 日本植物バイオテクノロジー学会 Plant Biotechnology誌 編集委員
  • 2018/12 - 2019/11 日本学術振興会 科学研究費委員会専門委員
  • 2015/12 - 2016/12 日本学術振興会 科学研究費委員会専門委員
  • 2014/12 - 2015/11 日本学術振興会 科学研究費委員会専門委員
受賞 (4件):
  • 2023/09 - 日本生薬学会 令和5年度日本生薬学会論文賞 The ability of callus tissues induced from three Allium plants to accumulate health-beneficial natural products, S-alk(en)ylcysteine sulfoxides. J Nat Med (2022) 76: 803-810.
  • 2016/09 - 日本生薬学会 平成28年度日本生薬学会学術奨励賞 機能性含硫黄成分の生合成に関する分子生物学的研究
  • 2015/10 - 日本薬学会生薬天然物部会 平成27年度日本薬学会生薬天然物部会奨励研究賞 植物での硫黄の輸送、代謝と含硫黄成分の生合成に関する分子生物学的研究
  • 2015/08 - 日本植物細胞分子生物学会 第33 回日本植物細胞分子生物学会(東京)大会・ベストポスター賞 ニンニクのアリイン生合成に関与する新規 S-酸化酵素遺伝子の単離
所属学会 (4件):
日本植物バイオテクノロジー学会 ,  日本植物生理学会 ,  日本生薬学会 ,  日本薬学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る