研究者
J-GLOBAL ID:200901029556939426   更新日: 2020年05月28日

海保 邦夫

カイホ クニオ | Kaiho Kunio
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/1559a90e9e8a12af48d792940027a6c6.htmlhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/1559a90e9e8a12af48d792940027a6c6.html
研究分野 (1件): 地球生命科学
研究キーワード (9件): 有孔虫化石 ,  酸素同位体比 ,  炭素同位体比 ,  バイオマーカー ,  硫黄同位体比 ,  海洋貧酸素事変 ,  温暖化事変 ,  大進化 ,  大量絶滅
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2013 - 現在 大進化大絶滅の原因とプロセスの研究
  • 2010 - 現在 多細胞生物萌芽期の生態系と酸素環境の激変解読
  • 1990 - 現在 大量絶滅時の生命環境変動
  • 1980 - 現在 白亜紀以降の地球環境変動に対する生物の応答の研究
論文 (75件):
もっと見る
書籍 (2件):
  • 現代地球科学入門シリーズ15、地球と生命:地球環境と生物圏進化
    共立出版 2011
  • 地球環境と生命史
    2004
講演・口頭発表等 (93件):
  • Organic geochemical evidence for coincidence of an amelioration of harsh environments with biotic recovery from the end-Permian mass extinction
    (IGCP 630 annual meeting in Sendai, Japan, 2017 2017)
  • The Permian-Triassic in western Japan
    (the IGCP 630 annual meeting in Sendai, Japan, 2017 2017)
  • The Permian-Triassic in Utatsu, Japan
    (the IGCP 630 annual meeting in Sendai, Japan, 2017 2017)
  • Land ecosystem collapse followed by marine environmental stress spanning the Permian-Triassic mass extinction
    (IGCP 630 annual meeting in Sendai, Japan, 2017 2017)
  • Tentative identification of diagenetic products of cyclic biphytanes in sedimentary rocks from the uppermost Permian and Lower Triassic.
    (IGCP 630 annual meeting in Sendai, Japan, 2017 2017)
もっと見る
委員歴 (4件):
  • 1998/04 - 現在 Palaeogeography, Palaeoclimatology, Palaeoecology Editorial Board
  • 1998/04 - 2003/09 ODPプログラム計画委員(Extreme Climate Program Group) 日本代表委員
  • 1998/04 - 2003/03 Paleontological Research Associate Editor
  • 2001/04 - 2002/03 International Congress on Paleoceanography 実行組織委員
受賞 (2件):
  • 2017/08 - 日本有機地球化学会 日本有機地球化学賞(学術賞) 堆積有機分子指標による生物の大量絶滅の原因とプロセスの研究
  • 1994/06 - 日本古生物学会 日本古生物学会学術賞
所属学会 (5件):
地球環境史学会 ,  アメリカ地質学会 ,  有機地球化学会 ,  日本古生物学会 ,  日本地質学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る