研究者
J-GLOBAL ID:200901029663471780   更新日: 2020年10月07日

三島 隆

ミシマ タカシ | Mishima Takashi
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (2件): 素粒子、原子核、宇宙線、宇宙物理にする理論 ,  素粒子、原子核、宇宙線、宇宙物理にする理論
研究キーワード (7件): 高次元重力 ,  ブラックホール物理 ,  ブレーン宇宙 ,  重力 ,  エントロピー ,  ブラックホール ,  相対論
論文 (30件):
  • Shinya Tomizawa, Takashi Mishima. Stationary and biaxisymmetric four-soliton solution in five dimensions. Physical Review. 2019. D99. 10. 104053-1-104053-14
  • Takashi Mishima, Shinya Tomizawa. Construction and application of variations on the cylindrical gravitational waves of Weber, Wheeler, and Bonnor. Physical Review. 2017. D96. 2. 024023-1-024023-20
  • Shinya Tomizawa, Takashi Mishima. Nonlinear effects for a cylindrical gravitational two-soliton. Physical Review. 2015. D91. 12. 124058-1-124058-12
  • Shinya Tomizawa, Takashi Mishima. New cylindrical gravitational soliton waves and gravitational Faraday rotation. Physical Review. 2014. D90. 4. 044036-1-044036-7
  • Thermodynamic black di-rings. Physical Review. 2010. D82. 084009-1 - 084009-11
もっと見る
MISC (1件):
  • Hideo Iguchi, Keisuke Izumi, Takashi Mishima. Higher Dimensional Black Holes Chapter4 Exact Solutions II: Systematic Solution of Five-Dimensional Black Holes. Progress of Theoretical Physics Supplement. 2011. 189. 93-125
講演・口頭発表等 (30件):
  • 円筒対称時空上の重力波ならびに電磁波の衝突過程におけるモード転換現象の特徴
    (日本物理学会第73回年次大会 2018)
  • 円筒対称重力波の厳密解による重力波の非線形現象の解析
    (日大理工・益川塾連携素粒子物理学シンポジウム 2017)
  • 調和写像法により生成された円筒対称重力波のモード転換現象の解析とそのEinstein-Maxwell系への応用
    (日本物理学会2017年秋季大会 2017)
  • 調和写像法により生成された円筒対称重力波のモード転換現象の解析とそのEinstein-Maxwell系への応用
    (日本物理学会2017年秋季大会 2017)
  • 調和写像を用いた円筒対称重力波解の生成とその応用
    (日本物理学会第72回年次大会 2017)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1987 名古屋大学 物理学
  • - 1982 京都大学 物理学
学位 (1件):
  • 理学博士 (名古屋大学)
所属学会 (3件):
日本物理学会 ,  素粒子論グループ ,  The International Society on General Relativity and Gravitation
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る