研究者
J-GLOBAL ID:200901029698863761   更新日: 2019年11月28日

井上 隆司

イノウエ リュウジ | INOUE Ryuji
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://www.med.fukuoka-u.ac.jp/physiol/http://www.med.fukuoka-u.ac.jp/physiol/
研究分野 (1件): 薬理学一般
研究キーワード (6件): 電位および受容体活性化Ca動員機構 ,  TRPチャネルスーパーファミリー ,  電位依存性Caチャネル ,  分子生物学 ,  筋生理学 ,  数理モデルシミュレーション
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2015 - 2019 心房細動発生機序におけるTRPMファミリーの役割の多階層解析
  • 2012 - 2016 腎糸球体スリット膜TRPC6複合体の機械刺激受容伝達とその破綻の分子機構の解明
  • 2010 - 2015 適応性心リモデリングとその破綻による不整脈発生機転の統合的解明
  • 2009 - 2011 心血管Ca2+流入チャネルTRPC6蛋白質の活性化モード制御機構の解明
  • 2008 - 2012 破骨細胞分化を制御するCa2+オシレーション形成と転写因子NFATの調節機構
全件表示
論文 (135件):
  • Sakamoto, Seiji; Yamaura, Kei; Numata, Tomohiro; Harada, Fumio; Amaike, Kazuma; Inoue, Ryuji; Kiyonaka, Shigeki; Hamachi, Itaru. Construction of fluorescent screening system of allosteric modulators for GABAA receptor using turn-on probe. ACS Central Science. 2019. 5. 9. 1541-1553
  • 51 Shinichi Uchida, Yoshiyuki Asai, Yoshiaki Kariya, Kunichika Tsumoto, Hiroshi Hibino, Masashi Honma, Takeshi Abe, Fumiaki Nin, Yasutaka Kurata, Kazuharu Furutani, Hiroshi Suzuki, Hiroaki Kitano, Ryuji Inoue, Yoshihisa Kurachi. Integrative and theoretical research on the architecture of biological system and its disorder. J Physiol Sci. 2019. 69. 433-445
  • Onur Kerem Polat1, Masatoshi Uno, Terukazu Maruyama, Nam Ha Tran, Kayo Imamura, Chee Fah Wong, Reiko Sakaguchi, Mariko Ariyoshi, Kyohei Itsuki, Jun Ichikawa, Takashi Morii, Masahiro Shirakawa, Ryuji Inoue, Katsuhiko Asanuma, Jochen Reiser, Hidehito Tochio, Yasuo Mori, and Masayuki X. Mori. Contribution of Coiled-coil Assembly to Ca2+/Calmodulin-dependent Inactivation of TRPC6 Channel and its Impacts on FSGS-associated Phenotypes. Journal of the American Society of Nephrology. 2019. 30. 9. 1587-1603
  • 井上隆司、 胡耀鵬、沼田朋大. TRPM4チャネルと心血管の生理・病態生理. 医学のあゆみ. 2019. 270. 10. 954-960
  • 井上隆司、市川純、崔媛媛. TRPCサブファミリーの分子構造と活性化・制御機序の新知見. 医学のあゆみ. 2019. 270. 10. 876-882
もっと見る
書籍 (13件):
  • カルシウムイオンの動員機構.In:続・生化学実験講座-情報伝達と細胞応答(上
    東京化学同人 1986
  • Ion channels involved in responses to muscarinic receptor activation in smooth muscle. In: Sperelakis N, Kuriyama H (eds)
    Elsevier/North Holland 1991
  • Physiology of muscarinic receptor-operated nonselective cation channels in guinea-pig ileal smooth muscle. In : Nonselective cation channels : Pharmacology, Physiology and Biophysics.
    Birkh(]E88D2[)user Verlag/Basel・Boston・Berlin- 1993
  • Calcium, calcium channel antagonists and the functioning of the gastrointestinal tract. In: IUPHAR 1994 Proceedings
    Birkhäuser Verlag/Basel Switzerland 1995
  • Multiplicity of regulatory mechanisms for receptor-operated cation-permeable channels in guinea-pig ileum. - a possible role of mechanical forces. In: Tomita T, Bolton TB (eds): Smooth Muscle Excitation.
    Academic Press 1996
もっと見る
講演・口頭発表等 (86件):
  • Calcium- and lipid-mediated regulation of vascular receptor-activated Ca2+ channel TRPC6.
    (Japan-Korea Joint Seminar 2005)
  • 脳型KCNQ3変異体のチャネル機能解析
    (西日本生理学会 2005)
  • 脳神経に発現するKCNQ3チャネルにおけるポア領域の構造機能相関
    (第83回日本生理学会 2006)
  • Regulation and function of vascular TRP cation channels
    (FAOPS2006 symposium 2006)
  • 大腸由来筋線維芽細胞CCD-18CoにおけるTRP蛋白質発現パターンと機能解析。
    (第57回西日本生理学会 2006)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1977 - 1981 大阪大学 医学部 医学科
  • 1983 - 1987 九州大学 医学研究科
学位 (1件):
  • 医学博士 (九州大学)
経歴 (4件):
  • 1987/06 - 1989/02 ケルン大学生理学研究所 フンボルト財団奨学研究員(旧西独)
  • 1989/03 - 1991/02 オックスフォード大学(英国) 博士研究員
  • 1995 - 2005 九州大学大学院医学研究院生体情報薬理学・助教授
  • 2005 - 現在 福岡大学医学部生理学・教授
受賞 (2件):
  • 2001 - 日本心脈管作動物質学会奨励賞
  • 1994 - 日本薬理学会学術奨励賞
所属学会 (4件):
日本生理学会 ,  日本薬理学会 ,  日本平滑筋学会 ,  日本循環薬理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る