研究者
J-GLOBAL ID:200901029779562588   更新日: 2020年07月04日

濱田 雅子

ハマダ マサコ | Hamada Masako
所属機関・部署:
職名: アメリカ服飾社会史ー主席 研究員
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 元武庫川女子大学短期大学部(生活造形学科)  生活造形学科教授)
ホームページURL (1件): https://www.american-mode.com
研究分野 (10件): 文化人類学、民俗学 ,  ヨーロッパ史、アメリカ史 ,  地域研究 ,  家政学、生活科学 ,  家政学、生活科学 ,  文化人類学、民俗学 ,  ヨーロッパ史、アメリカ史 ,  地域研究 ,  家政学、生活科学 ,  家政学、生活科学
研究キーワード (14件): パターン・システム ,  ドレス・リフォーム ,  黒人奴隷の着装 ,  奴隷の被服 ,  先住アメリカ人の服飾 ,  アメリカン・ルック ,  パリ・モード ,  庶民服研究 ,  アメリカの服飾 ,  西洋服飾 ,  アメリカ服飾社会史 ,  西洋服飾文化史 ,  History of American Costume Culture ,  History of Western Costume Culture
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 1984 - 2020 アメリカ服飾社会史に関する研究(17世紀~21世紀)
  • 2019 - 19世紀アメリカの写真に見る庶民の服装
  • 2019 - 世界服飾文化史事典
  • 2002 - 2004 Encyclopedia of Cultural World Costume History
  • 2001 - 2004 Encyclopedia of World Folk Costume
全件表示
論文 (15件):
  • 濱田雅子, 本田クミ. 十七世紀から二十世紀におけるナバホ族の織物文化の史的考察-プエブロ族およびスペインの影響を中心に-. 日本風俗史学会中部支部「民俗と風俗」. 2007. 第17号. 37-68
  • アメリカ女子服のパターン・システムに関する一考察ーデモレスト・パターンとバタリック・パターンを中心にー. 国際服飾学会誌. 2003. 24, 41-62
  • ヴァージニア・クロスに関する社会史的考察-逃亡奴隷広告および遺品に基づいて-. 国際服飾学会誌. 2000. 17. 53-80
  • 18、19世紀アメリカにおけるショートガウンの復元作業を通じての一考察. 国際服飾学会誌. 1997. 14. 108-133
  • 18世紀ヴァージニアにおけるお仕着せに関する歴史的考察. 国際服飾学会誌. 1995. 12. 16
もっと見る
MISC (32件):
  • 濱田雅子. Nikolay Anguelov, The Dirty Side of the Garment Industryの紹介・考察. 森下財団紀要. 2020. 第5号. 84-109
  • 濱田 雅子. アメリカの庶民服研究者、ジョーン・セヴラ女史との出逢い-"Dressed for the Photographer, Ordinary Americans and Fashion 1840-1900"誕生の背景-. アメリカ服飾社会史研究会会報No.10. 2019. 7-9
  • 濱田 雅子. 映画『THE TRUE COST-ファスト・ファッション 真の代償』を語る. アメリカ服飾社会史研究会会報No.9. 2018. 5-6
  • 濱田 雅子. パリモードからアメリカン・ルックへの転換-その背景とドロシー・シェーバーの活動に関する考察-. アメリカ服飾社会史研究会会報No.9. 2017. 6-7
  • 濱田 雅子. 先住アメリカ人オジブワ族のビーズ織りに関する考察. アメリカ服飾社会史研究会会報No.8. 2017. 8
もっと見る
書籍 (13件):
  • アメリカ服飾社会史の未来像ー衣服産業史の視点からー
    株式会社インプレス R&D POD出版サービス(ペーパーバック) アマゾンから電子書籍(2020年4月1日) 2020 ISBN:9784802098564
  • パリ・モードからアメリカン・ルックへ-アメリカ服飾社会史 近現代篇-
    インプレスR&D POD出版サービス(2019年1月, ペーパーバック), アマゾンから電子書籍(2018年12 月) 2019 ISBN:9784802095310
  • 衣装が語るアメリカ文学
    金星堂 2017 ISBN:9784764711723
  • 図説 初期アメリカの職業と仕事着-植民地時代~独立革命期
    悠書館 2016 ISBN:9784865820096
  • アメリカ服飾社会史
    東京堂出版 2009 ISBN:9784490206692
もっと見る
講演・口頭発表等 (75件):
  • 現代アメリカの衣服産業について(その1) -オートクチュール、カスタム・メイド、既製服をめぐって-
    (濱田雅子の服飾講座『服飾からみた生活文化」シリーズ 17 主催 児嶋きよみ主宰 於 ガレリアかめおか 3階第 4会議室 Office Com Junto 2019)
  • パリ・モードからアメリカン・ルックへ-アメリカ服飾社会史 近現代編-
    (関西アメリカ史研究会(第57回年次大会) 2019)
  • POD出版とは
    (第38回アメリカ服飾社会史研究会 2019)
  • パリ・モードからアメリカン・ルックへの転換-その牽引者ドロシー・シェーバーに迫るー
    (濱田雅子の服飾講座『服飾からみた生活文化」シリーズ 16 主催 児嶋きよみ主宰 於 ガレリアかめおか 3階第 4会議室 Office Com Junto 2019)
  • ユートピア思想とパンツをはいた女性たち-19世紀アメリカのドレス・リフォーム運動(第II期)-
    (濱田雅子の服飾講座『服飾からみた生活文化」シリーズ 15 主催 児嶋きよみ主宰 於 ガレリアかめおか 3階第 4会議室 Office Com Junto 2019)
もっと見る
Works (4件):
  • 第24回国際服飾学術会議衣裳展出品和風柄モスリンのイブニングドレス 於 国立中央博物館 ソウル(韓国)
    2010 -
  • 第21回国際服飾学術会議衣裳展出品 メルヴェイユーズの舞 於 国際会議場、済州島(韓国)
    2004 -
  • 博士論文執筆に当たっての在外研修(米国ヴァージニア州のJohn D. Lockefeller Jr. Library, Colonial Wiiliamsburg Foundationへ、Visiting Scholarとして招聘)https://research.history.org/library/
    1999 - 1999
  • ヴィクトリア王朝時代の子供服(濱田の所蔵している子供服30点を衣の民俗館で展示する) 5月
    1995 -
学歴 (4件):
  • - 1988 武庫川女子大学 被服学
  • - 1988 武庫川女子大学
  • - 1965 神戸大学 西洋史学
  • - 1965 神戸大学
学位 (2件):
  • 博士(家政学) (武庫川女子大学)
  • Doctor of Science in Textiles and Clothing Science (Mukogawa Women's University)
経歴 (22件):
  • 2019/08 - 現在 (一財) 京都大学名誉教授森下正明研究記念財団 主席研究員
  • 2009/04 - 2015/08 武庫川女子大学非常勤講師
  • 1999 - 2009/03 武庫川女子大学短期大学部教授兼生活環境学部教授
  • 2000 - 2003 Parttime Lecturer, Kobe Jyogakuin University
  • 2000 - 2002/11 神戸女学院大学非常勤講師
全件表示
委員歴 (9件):
  • 2009/10 - 現在 アメリカ服飾社会史研究会 会長
  • 2010/04 - 2016/03 武庫川女子大学倫理審査委員会 倫理委員
  • 2010 - 2012 国際服飾学会 理事
  • 2007/04 - 2011/03 近畿大学医学部倫理審査委員会 倫理委員
  • 2005/04 - 2007/03 日本ジェンダー学会 監事
全件表示
受賞 (1件):
  • 1999 - 第16回日本風俗史学会研究奨励賞
所属学会 (20件):
アメリカ服飾社会史研究会 ,  服飾文化学会 ,  関西アメリカ史研究会 ,  日本アメリカ史学会(元会員) ,  元ユネスコ・イコム(コスチューム部門)国際委員会 ,  初期アメリカ学会 ,  アメリカ学会(元会員) ,  アメリカ服飾学会(THE AMERICAN COSTUME SOCIETY) ,  日本家政学会(元会員) ,  日本風俗史学会 ,  国際服飾学会 ,  The Association for Jender Studies ,  The Kansai Society of American Historical Studeis(Kansai Amerikashi-Gakkai) ,  The Society of American Historical Studies(Amerikashi-Kenkyukai) ,  The Internaional Council of Museum ,  The Japanese Association for Early American Studies ,  The American Costume Society ,  The Japanese Association for American Studies ,  The Japan Society for Historical Research of Manners and Customs ,  International Association of Costume
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る