研究者
J-GLOBAL ID:200901029892749473   更新日: 2020年10月14日

岡野 裕行

オカノ ヒロユキ | Okano Hiroyuki
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): https://hiroyukiokano.hatenablog.com/
研究分野 (2件): 図書館情報学、人文社会情報学 ,  日本文学
研究キーワード (17件): 出版史 ,  情報資源 ,  メディア ,  読書 ,  ウィキペディアタウン ,  学生協働 ,  文学アーカイブ ,  ビブリオバトル ,  まちあるき ,  個人書誌 ,  文学地図 ,  文学散歩 ,  地域資料 ,  書誌学 ,  文学資料 ,  文学館 ,  図書館情報学
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2018 - 2021 文学フリマ参加雑誌アーカイブ化による現代文芸同人誌研究基盤の構築と公開を目指して
  • 2017 - 2020 「知」の循環と拡張を加速する対話空間のメカニズムデザイン
  • 2009 - 日本近代文学館の黎明期の研究:文学研究のための図書館運動
論文 (16件):
  • 岡野裕行, 河野亜美. 三重県における高校生ビブリオバトルの参加側と普及側の立場から見てきたこと. 図書館界. 2020. 72. 3. 125-133
  • 岡野裕行, 井上真美, 三木彩花. 学生協働の取り組みは学生・職員・教員の間でどのように違って見えているのか:皇學館大学附属図書館ふみくら倶楽部の4年間を事例として. 図書館界. 2020. 71. 5. 288-293
  • 岡野裕行. 大学図書館における学生協働とは何か. 情報メディア研究. 2019. 18. 1. 29-40
  • 岡野裕行. 人と人をつなぐ本/つなぐ図書館(特集=図書館と文学:保存・検閲・スキャンダル). 日本文学. 2016. 65. 11. 62-71
  • 岡野裕行. ビブリオバトルを通して読書について考える(特集= 読書論). 情報の科学と技術. 2016. 66. 10. 513-517
もっと見る
MISC (70件):
  • 岡野裕行, 桐村喬. つぶやかれたビブリオバトル:ツイッターのデータから見た普及の進み方. 第19回情報メディア学会研究大会予稿. 2020
  • 岡野裕行. 学生協働は関係をデザインする. 館灯. 2020. 58. 59-64
  • 岡野裕行, 三木彩花, 岡村真衣, 高橋直子, 豊田宙也, 本澤結香, 志村さくら, 長久哲平. 地域×書店×図書館:第1分科会公共図書館(2). 第105回全国図書館大会三重大会記録. 2020. 60-73
  • 日本図書館協会大学図書館部会大学図書館シンポジウム担当. 2019年度大学図書館シンポジウム「学生協働の到達点」報告. 図書館雑誌. 2020. 114. 3. 136-139
  • 岡野裕行. 文学館資料館一覧. 文学・ことば図書総目録2020. 2019. 127-138
もっと見る
書籍 (16件):
  • 図書館情報学用語辞典
    丸善出版 2020 ISBN:9784621305348
  • 文学を旅するには?(皇學館大学講演叢書第167輯)
    皇學館大学出版部 2018
  • 情報資源組織演習:情報メディアへのアクセスの仕組みをつくる(講座・図書館情報学)
    ミネルヴァ書房 2016
  • ビブリオバトル実践集:読書とコミュニケーション:小学校・中学校・高校
    子どもの未来社 2016 ISBN:4864121109
  • ビブリオバトル ハンドブック
    子どもの未来社 2015
もっと見る
講演・口頭発表等 (55件):
  • つぶやかれたビブリオバトル:ツイッターのデータから見た普及の進み方
    (第19回情報メディア学会研究大会 2020)
  • 人と本をつなげる活動は私とあなたとの関係を探りあてようとすることである
    (学生協働フェスタin東海2019 2019)
  • 協働はもりあがる(学生と職員と教員)
    (学生協働フェスタin東海2019 2019)
  • 文芸同人誌データベース化を目指した利活用ニーズ調査:文学フリマを事例として
    (第24回情報知識学フォーラム 2019)
  • 本をあるだけ、すべて
    (第105回全国図書館大会三重大会第1分科会公共図書館(2) 2019)
もっと見る
Works (2件):
  • お散歩e本
    岡野裕行, 時実象一, 山本昭, 豊田高広, 横田元彦 2013 -
  • 伊勢ぶらり
    三重県, ATR Creative Inc, 国立情報学研究所連想情報学研究開発センター, 伊勢市教育委員会 2012 -
学歴 (3件):
  • 2003 - 2006 筑波大学大学院 図書館情報メディア専攻 博士後期課程 修了 博士(学術)
  • 2001 - 2003 図書館情報大学大学院 情報メディア専攻 博士前期課程 修了 修士(学術)
  • 1996 - 2000 図書館情報大学 図書館情報学科 卒業 学士(図書館情報学)
学位 (1件):
  • 博士(学術) (筑波大学)
経歴 (15件):
  • 2015/04 - 現在 皇學館大学 文学部国文学科 准教授
  • 2011/07 - 2017/03 国文学研究資料館 国文学文献資料特別調査員
  • 2011/04 - 2015/03 皇學館大学 文学部国文学科 助教
  • 2013/04 - 2014/03 帝塚山大学 人文学部司書養成課程 非常勤講師
  • 2010/04 - 2011/03 日本女子大学 通信教育課程夏期スクーリング 非常勤講師
全件表示
委員歴 (33件):
  • 2019/07 - 現在 NPO法人知的資源イニシアティブ(IRI) Library of the Year担当理事
  • 2019/04 - 現在 桑名市立図書館協議会 委員長
  • 2018/05 - 現在 名張市立図書館協議会 委員
  • 2017/05 - 現在 三重県立図書館協議会 委員
  • 2017/05 - 現在 伊勢市立図書館協議会 委員長
全件表示
受賞 (2件):
  • 2014/06 - アート・ドキュメンテーション学会 第8回野上紘子記念アート・ドキュメンテーション学会賞受賞
  • 2003/03 - 図書館情報大学大学院情報メディア研究科 研究科長表彰
所属学会 (11件):
皇學館大學人文學會 ,  日本図書館研究会 ,  皇學館大学国文学会 ,  アート・ドキュメンテーション学会 ,  日本図書館情報学会 ,  日本図書館協会 ,  図書館綜合研究会 ,  日本図書館文化史研究会 ,  情報メディア学会 ,  昭和文学会 ,  日本近代文学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る