研究者
J-GLOBAL ID:200901029961346130   更新日: 2021年10月27日

森 直樹

モリ ナオキ | Mori Naoki
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (5件): 生物有機化学 ,  植物保護科学 ,  植物保護科学 ,  植物保護科学 ,  植物保護科学
研究キーワード (6件): フェロモン ,  植物-節足動物相互作用 ,  エリシター ,  pheromone ,  plant-arthropod interaction ,  elicitor
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • MSを用いた生体内低分子化合物の分布の解析
  • 昆虫及び植物病原菌の生産するエリシター
  • 日本産ヤスデの防御物質
  • コナダニ類の化学生態学的研究
  • Technology to control releure rote at terpenes
全件表示
論文 (120件):
  • Takato Inoue, Ryu Nakata, Alan H Savitzky, Naoko Yoshinaga, Akira Mori, Naoki Mori. New Insights Into Dietary Toxin Metabolism: Diversity in the Ability of the Natricine Snake Rhabdophis tigrinus to Convert Toad-Derived Bufadienolides. Journal of chemical ecology. 2021
  • Mariko Yano, Takato Inoue, Ryu Nakata, Masayoshi Teraishi, Naoko Yoshinaga, Hajime Ono, Yutaka Okumoto, Naoki Mori. Evaluation of antixenosis in soybean against Spodoptera litura by dual-choice assay aided by a statistical analysis model: Discovery of a novel antixenosis in Peking. Journal of Pesticide Science. 2021. 46. 2. 182-188
  • Yuto Ohata, Yuuki Tetsumoto, Sayo Morita, Naoki Mori, Yoichi Ishiguri, Naoko Yoshinaga. Triterpenes induced by young apple fruits in response to herbivore attack. Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry. 2021
  • Daisuke Ogawa, Yuya Suzuki, Takayuki Yokoo, Etsuko Katoh, Miyu Teruya, Masayuki Muramatsu, Jian Feng Ma, Yuri Yoshida, Shunsaku Isaji, Yuko Ogo, et al. Acetic-acid-induced jasmonate signaling in root enhances drought avoidance in rice. Scientific Reports. 2021. 11. 1. 6280-6280
  • Naoki Mori, Koji Noge. Recent advances in chemical ecology: complex interactions mediated by molecules. Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry. 2021. 85. 1. 33-41
もっと見る
MISC (76件):
  • 井上貴斗, 中田隆, 中田隆, SAVITZKY Alan, 吉永直子, 森哲, 森直樹. 日本産ヒキガエルが有する耳腺毒成分,bufadienolideの多様性. 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web). 2021. 2021
  • 矢野まりこ, 中田隆, 寺石政義, 吉永直子, 奥本裕, 森直樹. ハスモンヨトウ抵抗性ダイズ品種ペキンが持つ特徴的成分の同定. 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web). 2020. 2020
  • 井上貴斗, 中田隆, 吉永直子, SAVITZKY Alan H., 森哲, 森直樹. ヤマカガシ(Rhabdophis tigrinus)が有する頸腺毒成分の地域的特徴. 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web). 2020. 2020
  • 阪本駿太, 井上貴斗, 吉永直子, 小林優, 寺石政義, 奥本裕, 森直樹. (R)-β-tyrosineがシロイヌナズナ根の細胞壁形成酵素に与える影響. 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web). 2020. 2020
  • 矢野まりこ, 中田隆, 井上貴斗, 寺石政義, 吉永直子, 奥本裕, 森直樹. ダイズ品種ペキンが示す老齢ハスモンヨトウ非選好性. 日本農薬学会大会講演要旨集. 2019. 44th
もっと見る
書籍 (3件):
  • ダニアレルギー最前線
    昆虫が拓く未来科学(藤崎憲冶、西田律夫、佐久間正幸 編)、pp. 468-471、京都大学学術出版会 2009
  • ダニのアルカロイドとヤドクガエル
    昆虫が拓く未来科学(藤崎憲冶、西田律夫、佐久間正幸 編)、pp. 248-251、京都大学学術出版会 2009
  • 昆虫・植物間の攻防と植物免疫システムの“界面”
    昆虫が拓く未来科学(藤崎憲冶、西田律夫、佐久間正幸 編)、pp. 165-189、京都大学学術出版会 2009
講演・口頭発表等 (6件):
  • バイオミメティクスと植物保護
    (日本化学会第91春季年会 ATP 招待講演 2011)
  • 昆虫由来エリシターvolicitinを巡る防御と適応の化学生態学
    (日本農芸化学会2010年度大会シンポジウム 昆虫科学の最前線 -生態と化学- 2010)
  • 生体防御反応を活性化する節足動物由来物質とその応用
    (バイオミメティクス研究会 2010)
  • 昆虫と化学 -「喰う」と「喰われる」の狭間で-」
    (日本昆虫科学連合設立記念シンポジウム 2010)
  • Function and activity of fatty acid amino acid conjugates in insects
    (Fifth Asia Pacific Conference on Chemical Ecology 2009)
もっと見る
学歴 (4件):
  • - 1996 京都大学 農芸化学
  • - 1996 京都大学
  • - 1986 筑波大学 農林学類生物応用化学
  • - 1986 筑波大学
学位 (1件):
  • 農学博士 (京都大学)
経歴 (2件):
  • 1998 - 2000 米国農務省研究所博士研究員
  • 1998 - 2000 USDA, ARS, CMAUE, Post-doctral associate
委員歴 (2件):
  • 2004 - 日本環境動物昆虫学会 編集幹事
  • 2001 - 2003 日本ダニ学会 編集幹事
所属学会 (4件):
日本環境動物昆虫学会 ,  日本ダニ学会 ,  日本応用動物昆虫学会 ,  日本農芸化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る