研究者
J-GLOBAL ID:200901030070743706   更新日: 2020年08月31日

今西 未来

イマニシ ミキ | Imanishi Miki
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://www.scl.kyoto-u.ac.jp/~bfdc/index.html
研究分野 (1件): 薬系化学、創薬科学
研究キーワード (1件): 生体機能化学
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2009 - 2011 DNA結合タンパク質の揺らぎによる配列特異的DNA結合への影響
  • 2008 - 2010 亜鉛フィンガーを利用した人工転写因子の創製と人工遺伝子回路形成への展開
論文 (14件):
もっと見る
MISC (32件):
  • NOSHIRO Daisuke, SONOMURA Kazuhiro, YU Hao-Hsin, IMANISHI Miki, ASAMI Koji, FUTAKI Shiroh. Construction of a Calcium-gated Artificial Channel by Fusing Alamethicin with a Calcium Sensor Protein. Peptide science : proceedings of the ... Japanese Peptide Symposium. 2013. 2012. 183-184
  • 今西未来, 中村篤史, 山本和俊, 土居雅夫, 岡村均, 二木史朗. 人工DNA結合蛋白質による細胞分子時計の操作. 「細胞を創る」研究会5.0 ,横浜(東京工業大学). 2012
  • 今西未来, 中村篤史, 土居雅夫, 二木史朗, 岡村均. Period1プロモーターを標的とした人工転写因子による細胞時計のリセット. 第19回日本時間生物学会学術大会 ,札幌(北海道大学). 2012
  • 今西未来, 辻将吾, 松村一史, 中屋智博, 杉浦幸雄, 二木史朗. ジンクフィンガーの配位子置換による亜鉛濃度応答性人工転写因子の創製. 日本ケミカルバイオロジー学会 第7回年会 ,京都(京都大学百周年時計台記念館). 2012
  • 田中弦, 中瀬生彦, 奥村真也, 今西未来, 二木史朗. 細胞外ドメインの置換によるEGF受容体の会合・活性化制御. 第3回統合物質シンポジウム ,福岡(九州大学西新プラザ). 2012
もっと見る
講演・口頭発表等 (64件):
  • Engineering 16-repeats PUF proteins to sequence-specifically manipulate RNA functions
    (ICSB2019 2019)
  • A simple screening system for inhibitors of m6A-regulatory enzymes
    (10th Joint RSC-CSJ Symposium: Chemistry for Complex Biological System 2019)
  • N6-メチルアデノシン調節酵素活性の簡便な検出法の開発
    (第13回バイオ関連化学シンポジウム 2019)
  • RNAを標的とした遺伝子発現操作
    (第22回生命化学研究会 2019)
  • Artificial DNA/RNA binding proteins regulating specific gene expression
    (5th Asian Chemical Biology Conference 2018)
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 2002 京都大学 薬学研究科 生命薬科学専攻
  • - 1999 京都大学 薬学研究科 生命薬科学
  • - 1997 京都大学 薬学部 薬学科
学位 (1件):
  • 薬学博士 (京都大学)
所属学会 (1件):
日本薬学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る