研究者
J-GLOBAL ID:200901030188870753   更新日: 2020年05月02日

三好 昭子

ミヨシ アキコ | Miyoshi Akiko
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 教育心理学
研究キーワード (5件): Identity ,  青年 ,  アイデンティティ ,  生涯発達 ,  人格
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2009 - 2012 若年無業者における有能感とアイデンティティ:青年期以降を含めた生涯発達的研究
  • 2008 - 2009 人格特性的自己効力感と領域固有の自己効力感との因果関係および変化についての検討
  • 2003 - 2004 人格特性的自己効力感の形成過程に関する研究:漸成発達理論から捉え直す試み
論文 (18件):
  • 大貫真寿美, 三好昭子, 三好力. アクティブ・ラーニングによる大学生の意識変容:選択科目「版画」における実践報告. 日本美術教育研究論集. 2018. 51. 109-116
  • 三好 昭子. 中高生のアイデンティティ形成および生徒・進路指導に潜むトータリティ. 教職研究. 2018. 30. 61-71
  • 三好 昭子. 伝記分析にみるアイデンティティ形成から学生が何を学ぶのか:アクティブラーニングによる授業実践報告「キャリアとライフデザインの心理」. 帝京大学短期大学紀要. 2018. 38. 29-43
  • 大貫真寿美, 三好昭子, 三好力. アクティブラーニングによる共に学ぶサイクルの試み-新規開講科目「芸術と社会貢献」におけるジェネリックスキルの獲得-. 帝京大学短期大学紀要. 2016. 36. 95-114
  • 三好 昭子. アイデンティティ理論におけるホールネスとトータリティ:生徒指導・進路指導におけるトータリティの問題. 帝京大学短期大学紀要. 2016. 36. 115-130
もっと見る
書籍 (8件):
  • 1. 世代継承性シリーズ3 世代継承性研究の展望:アイデンティティから世代継承性へ
    ナカニシヤ出版 2018
  • 君の悩みに答えよう-青年心理学者と考える10代・20代のための生きるヒント
    福村出版 2017
  • レクチャー 青年心理学-学んでほしい・教えてほしい青年心理学の15のテーマ-
    風間書房 2017
  • アイデンティティ研究ハンドブック
    ナカニシヤ出版 2014
  • 新・青年心理学ハンドブック
    福村出版 2014
もっと見る
講演・口頭発表等 (30件):
  • 青年の社会意識と職業意識 -青年の自らが生きる場に対する認識から-:現代青年の社会意識と職業意識
    (日本心理学会第76回大会 2012)
  • Competence and identity of unemployed Japanese youth, students, and employed adults.
    (Society for Research on Identity Formation 19th Annual Conference 2012)
  • 苦難の状況下における心理学-心理学カフェを目指して-
    (日本青年心理学会第19回大会発表論文集, 20-21. 2011)
  • 青年の有能感と否定的アイデンティティに影響を与える要因-若年無業者と大学生との比較
    (日本青年心理学会第19回大会発表論文集, 70-71. 2011)
  • 質的・量的心理-社会的アイデンティティ接近法の提案(共著)
    (日本青年心理学会第18回大会発表論文集, 43-44. 2010)
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 2009 立教大学大学院 現代心理学研究科 心理学専攻
  • - 1999 立教大学大学院 文学研究科 心理学専攻
  • - 1997 立教大学 文学部 心理学科
学位 (1件):
  • 博士(心理学) (立教大学)
所属学会 (5件):
日本質的心理学会 ,  日本青年心理学会 ,  日本発達心理学会 ,  日本教育心理学会 ,  日本心理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る