研究者
J-GLOBAL ID:200901030345154730   更新日: 2020年08月13日

齋藤 幹

サイトウ カン | Saito Kan
所属機関・部署:
職名: 講師
ホームページURL (2件): http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/c3c0c081efbdcff679893420eb6fe783.htmlhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/c3c0c081efbdcff679893420eb6fe783.html
研究分野 (1件): 成長、発育系歯学
研究キーワード (3件): 小児歯科 ,  免疫学 ,  硬組織
競争的資金等の研究課題 (15件):
  • 2018 - 2023 上皮系細胞から上皮間葉転換(EMT)誘導を応用した歯胚形成
  • 2015 - 2018 13番染色体異常による硬組織への影響
  • 2014 - 2017 上皮陥入組織における器官決定機構の解明と人為的誘導法の開発
  • 2013 - 2016 早期発症型小児齲蝕(ECC)発症患児の口腔細菌叢解析とその原因菌の再考察
  • 2012 - 2016 子どものこころと身体を見守り支援する大規模データ収集とリスク予測モデル構築
全件表示
論文 (7件):
  • Chiba Y, He B, Yoshizaki K, Rhodes C, Ishijima M, Bleck CKE, Stempinski E, Chu EY, Nakamura T, Iwamoto T, de Vega S, Saito K, Fukumoto S, Yamada Y. The transcription factor AmeloD stimulates epithelial cell motility essential for tooth morphology. The Journal of biological chemistry. 2018. 294. 10. 3406-3418
  • Saito K, Fukumoto E, Yamada A, Yuasa K, Yoshizaki K, Iwamoto T, Saito M, Nakamura T, Fukumoto S. Interaction between Fibronectin and β1 Integrin is Essential for Tooth Development. Plos One. 2015. 10. 4. 0121667
  • Hoshino T, Saito K, Fujiwara T. Traction of the lower second premolar by application of band-loop space maintainer in an autistic child. Pediatric Dental Journal. 2013. 23. 2. 91-94
  • Kan Saito, Insan Jang, Kazumi Kubota, Tomonori Hoshino, Hitoshi Hotokezaka, Noriaki Yoshida, Taku Fujiwara. Removable orthodontic appliance with nickel-titanium spring to reposition the upper incisors in an autistic patient. Special Care in Dentistry. 2012. 33. 1. 35-39
  • Konishi I, Hoshino T, Kondo Y, Saito K, Nishiguchi M, Sato K, Fujiwara T. Phylogenetic analyses and detection of viridans streptococci based on sequences and denaturing gradient gel electrophoresis of the rod shape-determining protein gene. Journal of Oral Microbiology. 2009. 1. 1. 1-10
もっと見る
MISC (22件):
  • AL THAMIN Shahad, 千葉雄太, 吉崎恵悟, JIA LingLing, 山田亜矢, 齋藤幹, 福本敏. 内エナメル上皮の新規マーカーAmeloDの転写制御機構解明. 小児歯科学雑誌. 2019. 57. 2. 233-233
  • 千葉雄太, 齋藤幹, 吉崎恵悟, 福本敏, 福本敏. Gタンパク質共役型受容体Gpr115はエナメル芽細胞における炭酸脱水素酵素の発現を制御しエナメル質形成に関与する. Journal of Oral Biosciences Supplement (Web). 2019. 2019. 152 (WEB ONLY)
  • 福本敏, 吉崎恵悟, 千葉雄太, 新垣真紀子, 山田亜矢, 齋藤幹. 歯の発生および再生. 月刊 細胞. 2018. 50. 10. 12-15
  • 千葉 雄太, 吉崎 恵悟, 齋藤 幹, 中村 卓史, 岩本 勉, 福本 敏, He Bing, de Vega Susana, 石島 旨章, 山田 吉彦. 新規basic-helix-loop-helix転写因子AmeloDは歯原性上皮細胞の遊走能を制御し歯胚形態形成に関与する. Journal of Oral Biosciences Supplement. 2018. 2018. 285-285
  • 千葉 雄太, 齋藤 幹, 岩本 勉, 中村 卓史, 福本 敏. 歯冠・歯根長を制御する新規歯胚形態制御因子の同定と機能解明. 小児歯科学雑誌. 2018. 56. 2. 217-217
もっと見る
書籍 (1件):
  • 小児歯科学 第5版
    2017
Works (3件):
  • 新規エナメル芽細胞マーカーSox21は歯原性上皮細胞の分化を調節するのか?
    2012 - 2015
  • アメロジェニンとBMPの相互作用による若年性歯周炎治療法の確立
    2007 - 2009
  • 若年性歯周炎における骨芽細胞を介する重度骨破壊の分子メカニズムの解明
    2005 - 2007
学歴 (2件):
  • - 2004 長崎大学 歯学研究科
  • - 2000 長崎大学 歯学部
学位 (1件):
  • 博士(歯学) (長崎大学)
経歴 (5件):
  • 2015/04 - 現在 東北大学 講師
  • 2013/02 - 2015/03 東北大学 助教
  • 2009 - 2011 ヘルシンキ大学バイオテクノロジー研究所 客員研究員
  • 2011 - 長崎大学病院 助教
  • 2004 - 2009 長崎大学病院医療情報部 助手
受賞 (6件):
  • 2018/05 - 日本小児歯科学会 第56回 日本小児歯科学会 Lion award
  • 2013/05 - 日本小児歯科学会 第51回 日本小児歯科学会 優秀発表賞
  • 2013/03 - 口腔医科学フロンティア 第11回 口腔医科学フロンティア 奨励賞
  • 2009/05 - 日本小児歯科学会 第47回 日本小児歯科学会 奨励賞
  • 2004/06 - 日本小児歯科学会 第42回 日本小児歯科学会 デンツプライ賞
全件表示
所属学会 (4件):
障害者歯科学会 ,  歯科基礎医学会 ,  日本細菌学会 ,  日本小児歯科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る