研究者
J-GLOBAL ID:200901030374048230   更新日: 2020年09月17日

谷川原 祐介

タニガワラ ユウスケ | Yusuke Tanigawara
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 医療薬学
論文 (197件):
  • Y. Ohata, Y. Tomita, K. Sunakawa, G.L. Drusano, Y. Tanigawara. Cerebrospinal pharmacokinetic and Pharmacodynamic Analysis of efficacy of meropenem in paediatric patients with bacterial meningitis. International Journal of Antimicrobial Agents. 2019. 54. 292-300
  • Kawata, T. Higashimori, M. Itoh, Y. Tomkinson, H. Johnson, M. G. Tang, W. Nyberg, F. Jiang, H. Tanigawara, Y. Gefitinib exposure and occurrence of interstitial lung disease in Japanese patients with non-small-cell lung cancer. Cancer Chemotherapy and Pharmacology. 2019. 83. 849-858
  • T. Kawamura, H. Kasai, V. Fermanelli, T. Takahashi, Y. Sakata, T. Matsuoka, M. Ishii, Y. Tanigawara. Pharmacodynamic analysis of eribulin safety in breast cancer patients using real-world postmarketing surveillance data. Cancer Science. 2018. 109. 2822-2829
  • Y. Mori, H. Kasai, A. Ose, M. Serada, M. Ishiguro, M. Shiraki, Y. Tanigawara. Modeling and simulation of bone mineral density in Japanese osteoporosis patients treated with zoledronic acid using tartrate-resistant acid phosphatase 5b, a bone resorption marker. Osteoporosis International. 2018. 29. 5. 1155-1163
  • Takahisa Kawamura, Hirotsugu Kenmotsu, Shota Omori, Kazuhisa Nakashima, Kazushige Wakuda, Akira Ono, Tateaki Naito, Haruyasu Murakami, Katsuhiro Omae, Keita Mori, et al. Clinical Factors Predicting Detection of T790M Mutation in Rebiopsy for EGFR-Mutant Non-small-cell Lung Cancer. Clinical Lung Cancer. 2018. 19. 2. e219-e226
もっと見る
特許 (85件):
  • 併用抗がん剤の感受性の判定マーカー(2884-US)
  • 抗がん剤感受性の判定マーカー(1970-EP-D3)
  • 併用抗がん剤の感受性の判定マーカー(2884-CN)
  • 抗がん剤の感受性の判定マーカー(2448-EP-D)
  • 併用抗がん剤の感受性の判定マーカー(3130-PCT)
もっと見る
書籍 (289件):
  • 今日の治療指針2019年版:薬物治療モニタリング(TDM)
    医学書院 2019
  • 免疫抑制薬TDM標準化ガイドライン2018[臓器移植編]
    金原出版 2018
  • 医薬品開発の新しい潮流:ファーマコメトリクス
    ファルマシア 2018
  • Therapeutic Drug Monitoring in Oncology: International Association of Therapeutic Drug Monitoring and Clinical Toxicology Recommendations for 5-Fluorouracil Therapy
    Clin. Pharmacol. Ther 2018
  • 今日の治療指針2018年版:薬物治療モニタリング(TDM)
    医学書院 2018
もっと見る
講演・口頭発表等 (472件):
  • Population Pharmacodynamic analysis of lenvatinib-induced hypertension in thyroid cancer patients using post-marketing surveillance date
    (American Society for Clincal Pharmacology & Therperutics 2020 2020)
  • 改正医療法に準拠したTDM精度管理の実践
    (第29回日本医療薬学会年会 2019)
  • Application of pharmacometrics in drug bridge traials in Japan
    (The Sevense International Symposium: Quantitative Pharmacology 2019)
  • FOLFIRI+ベバシズマブ療法の治療効果と相関する血清中代謝物マーカーの発見
    (第57回日本癌治療学会学術集会 2019)
  • Population Pharmacokinetics of Voriconazole: Serum Albumin Status As a Novel Marker Of Clearance and Dosage Optimization
    (ID Week 2019 2019)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1983 - 京都大学
  • 1980 - 京都大学
  • 1978 - 京都大学 製薬化学科
学位 (2件):
  • 薬学博士 (京都大学)
  • 薬学博士 (Kyoto University)
経歴 (11件):
  • 2012/10 - 現在 独立行政法人理化学研究所 客員研究員
  • 2009/04 - 現在 慶應義塾大学医学部 教授(臨床薬剤学教室)
  • 2003/04 - 現在 慶應義塾大学大学院医学研究科博士課程 委員(薬剤学)
  • 1998/05 - 現在 慶應義塾大学大学院医学研究科修士課程 委員(薬剤学)
  • 1998/04 - 2009/03 慶應義塾大学医学部 教授(薬剤部)
全件表示
委員歴 (318件):
  • 2020/08/03 - 現在 日本TDM学会 監事
  • 2020/08/03 - 現在 日本TDM学会 監事
  • 2016/02 - 現在 日本癌治療学会 がん診療連携・ネットワークナビゲーター委員会・委員
  • 2016/02 - 現在 日本癌治療学会 がん診療連携・ネットワークナビゲーター委員会がん医療ネットワークナビゲーター制度検討ワーキンググループ・委員
  • 2016/02 - 現在 日本癌治療学会 がん診療連携・ネットワークナビゲーター委員会がん医療ネットワークナビゲーター制度検討ワーキンググループ・委員
全件表示
受賞 (20件):
  • 2015/11 - 日本医療薬学会 学術貢献賞 TDMの学術的基盤と臨床適用拡大をめざした研究
  • 2015/11 - 日本医療薬学会 学術貢献賞 TDMの学術的基盤と臨床適用拡大をめざした研究
  • 2011/11 - JSSX Fellow
  • 2011/11 - JSSX Fellow
  • 2011/06 - 日本TDM学会 「TDM研究」優秀論文賞
全件表示
所属学会 (18件):
日本薬物動態学会 ,  日本臨床薬理学会 ,  日本病院薬剤師会 ,  日本TDM学会 ,  日本薬剤学会 ,  日本医療薬学会 ,  日本薬剤学会 ,  日本薬学会 ,  日本癌治療学会 ,  日本化学療法学会 ,  日本薬剤疫学会 ,  Population Pharmacokinetics研究会 ,  日本緩和医療薬学会 ,  日本臨床腫瘍学会 ,  日本人類遺伝学会 ,  日本癌学会 ,  Cancer Science Editor ,  日本小児臨床薬理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る