研究者
J-GLOBAL ID:200901030418086615   更新日: 2020年11月26日

寒 重之

カン シゲユキ | Kan Shigeyuki
所属機関・部署:
職名: 特任助教(常勤)
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 情報通信研究機構 情報通信融合研究センター  特別研究員
ホームページURL (2件): http://www.dma.jim.osaka-u.ac.jp/view?l=ja&u=1677&sm=affiliation&sl=ja&sp=21http://www.dma.jim.osaka-u.ac.jp/view?l=en&u=1677&sm=affiliation&sl=ja&sp=21
研究分野 (5件): 病態神経科学 ,  基盤脳科学 ,  神経科学一般 ,  神経科学一般 ,  認知科学
研究キーワード (3件): 慢性疼痛 ,  ヒト脳機能マッピング ,  Human Brain Mapping
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2018 - 2021 安静時functional MRIによる頚髄症の新規予後予測法の開発
  • 2016 - 2020 線維筋痛症患者に対する運動療法の効果の検証:脳内ネットワークの変化を指標として
  • 2016 - 2020 安静時fMRIを用いた膝関節全置換術後の遷延性術後痛発症を予測する手法の開発
  • 2015 - 2019 運動と痛みの結びつけにおける認知・神経メカニズムの解明
  • 2015 - 2018 7テスラMRIを用いた脳幹神経核の超高解像度機能イメージング
全件表示
論文 (18件):
  • Akira Mibu, Shigeyuki Kan, Tomohiko Nishigami, Yuji Fujino, Masahiko Shibata. Performing the hand laterality judgement task does not necessarily require motor imagery. Scientific Reports. 2020. 10. 1
  • Shota Takenaka, Shigeyuki Kan, Ben Seymour, Takahiro Makino, Yusuke Sakai, Junichi Kushioka, Hisashi Tanaka, Yoshiyuki Watanabe, Masahiko Shibata, Hideki Yoshikawa, et al. Resting-state Amplitude of Low-frequency Fluctuation is a Potentially Useful Prognostic Functional Biomarker in Cervical Myelopathy. Clinical orthopaedics and related research. 2020
  • Yasushi Motoyama, Yoshitetsu Oshiro, Yumiko Takao, Hitoaki Sato, Norihiko Obata, Shinichiro Izuta, Satoshi Mizobuchi, Shigeyuki Kan. Resting-state brain functional connectivity in patients with chronic pain who responded to subanesthetic-dose ketamine. Scientific reports. 2019. 9. 1. 12912-12912
  • Shota Takenaka, Shigeyuki Kan, Ben Seymour, Takahiro Makino, Yusuke Sakai, Junichi Kushioka, Hisashi Tanaka, Yoshiyuki Watanabe, Masahiko Shibata, Hideki Yoshikawa, et al. Towards prognostic functional brain biomarkers for cervical myelopathy: A resting-state fMRI study. Scientific reports. 2019. 9. 1. 10456-10456
  • Yoshiki Maeda, Shigeyuki Kan, Yuji Fujino, Masahiko Shibata. Verbal Instruction Can Induce Extinction of Fear of Movement-Related Pain. Journal of Pain. 2018. 19. 9. 1063-1073
もっと見る
MISC (39件):
  • 海渡 貴司, 武中 章太, 串岡 純一, 吉川 秀樹, 渡邉 嘉之, 田中 壽, 寒 重之, 柴田 政彦. 安静時fMRIを用いた脳機能結合解析に基づく頚髄症の予後予測を目指して (シンポジウム 脊椎疾患のニューロイメージングの近未来). 日本整形外科学会雑誌. 2019. 93. 7. 456-459
  • 寒 重之. 脳機能画像を用いた痛み研究. 臨床化学. 2019. 48. 3. 219-224
  • 寒 重之. 慢性疼痛とdefault mode network. Clinical Neuroscience. 2019. 37. 2. 204-206
  • 壬生 彰, 寒 重之, 西上 智彦, 田中 克宜, 柴田 政彦. 複合性局所疼痛症候群患者はHand laterality judgment task中に運動イメージを行なっているか?. 理学療法学Supplement. 2019. 46. 0. H2-238_2-H2-238_2
  • 細見 晃一, 清水 豪士, 森 信彦, 眞野 智生, 渡邉 嘉之, 柴田 政彦, 寒 重之, Ming Khoo Hui, 谷 直樹, 押野 悟, et al. 中枢性脳卒中後疼痛の機能結合の変化. 臨床神経生理学. 2018. 46. 5. 503-503
もっと見る
書籍 (5件):
  • 睡眠学(第2版)
    朝倉書店 2020 ISBN:9784254301205
  • 痛みのバイオマーカーとしての機能的脳画像診断法
    真興交易(株)医書出版部 2020 ISBN:9784880039299
  • 先端医療シリーズ47 臨床医とコメディカルのための最新リハビリテーション
    (株)寺田国際事務所/先端医療技術研究所 2016 ISBN:9784925089593
  • 慢性痛-統合的心理行動療法
    2015
  • 睡眠学
    朝倉書店 2009
学位 (1件):
  • 学術 (九州工業大学)
受賞 (3件):
  • 2017/06 - 日本疼痛学会 優秀論文賞
  • 2015/12 - 日本運動器疼痛学会 奨励賞 最優秀賞
  • 2010/10 - International Federation of Clinical Neurophysiology IFCN Fellowship
所属学会 (7件):
日本ヒト脳機能マッピング学会 ,  International Association for the Study of Pain ,  Society for Neurosicence ,  日本臨床神経生理学会 ,  日本運動器疼痛学会 ,  日本疼痛学会 ,  日本神経科学学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る