研究者
J-GLOBAL ID:200901030446989744   更新日: 2022年06月29日

大谷 浩

オオタニ ヒロキ | Otani Hiroki
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (2件): 解剖学 ,  発生生物学
研究キーワード (6件): 環境因子 ,  遺伝因子 ,  発生 ,  Environmental Factor ,  Genetic Factor ,  Development
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • ヒトと実験動物における正常および異常発生に関する研究
  • Study on normal and abnormal development of human and experimental animal embryos.
論文 (104件):
  • Takuya Akai, Toshihisa Hatta, Hiromi Sakata-Haga, Seiji Yamamoto, Hiroki Otani, Shusuke Yamamoto, Satoshi Kuroda. Cerebrospinal fluid may flow out from the brain through the frontal skull base and choroid plexus: a gold colloid and cadaverine injection study in mouse fetus. Child's nervous system : ChNS : official journal of the International Society for Pediatric Neurosurgery. 2021
  • Nusrat Jahan, Esrat Jahan, Ashiq Mahmood Rafiq, Akihiro Matsumoto, Hiroki Otani. Histomorphometric analysis of the epithelial lumen, mesenchyme, smooth muscle cell layers, and mesentery of the mouse developing duodenum in relation with the macroscopic morphogenesis. Anatomical science international. 2021. 96. 3. 450-460
  • Akari Shintani, Hiromi Sakata-Haga, Keiichi Moriguchi, Mitsuhiro Tomosugi, Daisuke Sakai, Tsuyoshi Tsukada, Makoto Taniguchi, Masahide Asano, Hiroki Shimada, Hiroki Otani, et al. Melanocortin 5 receptor contributes to sensitivity to UV-B waves and barrier function in mouse epidermis. JID Innovations. 2021. 100024-100024
  • Dereje Getachew, Akihiro Matsumoto, Yasuhiro Uchimura, Jun Udagawa, Nanako Mita, Noriko Ogawa, Shigeru Moriyama, Akiyasu Takami, Hiroki Otani. Global pattern of interkinetic nuclear migration in tracheoesophageal epithelia of the mouse embryo: Interorgan and intraorgan regional differences. Congenital Anomalies. 2021. 61. 3. 82-96
  • Morphologic changes in the cytoskeleton and adhesion apparatus during the conversion. 2020
もっと見る
MISC (169件):
もっと見る
書籍 (6件):
  • 人体発生学(共著)
    南山堂 2003
  • 人体解剖学(共訳)
    西村書店 2003
  • Sobotta図説人体解剖学、第2巻体幹・内臓・下肢、第5版(共訳)
    医学書院、東京 2002
  • 解剖生理学 2002年版管理栄養士国家試験全科の要点(共著)
    医歯薬出版株式会社、東京 2001
  • ラーセン最新人体発生学 第2版(監訳)
    西村書店 1999
もっと見る
Works (6件):
  • In situ ノックアウトの確立
    2001 -
  • Establishment of 'in situ knock-out' method
    2001 -
  • 発生に関わる調節分子の全胚における発現・機能の発生工学的解析
    1996 - 1997
  • Systemic expression and function of developmental regulatory molecules analyzed developmental engineering
    1996 - 1997
  • 胎生期および新生児期における器官選択的遺伝子導入法の確立
    1995 - 1997
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1981 京都大学 医学科
  • - 1981 京都大学
学位 (1件):
  • 医学博士 (京都大学)
経歴 (6件):
  • 2003/10 - 現在 島根大学 医学部 教授
  • 1995/10 - 2003 島根医科大学 医学部 教授
  • 1991/09 - 1995 島根医科大学 医学部 助教授
  • 1991 - 1995 島根医科大学
  • 1983/04 - 1991 島根医科大学 医学部 助手
全件表示
委員歴 (3件):
  • 1999 - 現在 日本先天異常学会 評議員、理事、会長、理事長(2010,7-2019,7)
  • 1996 - 日本重水素科学研究会 会長・編集主幹
  • 1995 - 日本解剖学会 評議員
所属学会 (9件):
日本重水素科学研究会 ,  日本分子生物学会 ,  米国解剖学会 ,  国際先天異常学会 ,  日本内科学会 ,  日本細胞生物学会 ,  日本発生生物学会 ,  日本先天異常学会 ,  日本解剖学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る