研究者
J-GLOBAL ID:200901030455624821   更新日: 2020年07月01日

南石 晃明

ナンセキ テルアキ | Nanseki Teruaki
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://hyoka.ofc.kyushu-u.ac.jp/search/details/K003167/index.htmlhttp://www.agr.kyushu-u.ac.jp/keiei/
研究分野 (10件): 農業環境工学、農業情報工学 ,  農業環境工学、農業情報工学 ,  農業社会構造 ,  食料農業経済 ,  農業環境工学、農業情報工学 ,  農業環境工学、農業情報工学 ,  農業社会構造 ,  食料農業経済 ,  安全工学 ,  社会システム工学
研究キーワード (9件): ICT ,  イノベーション ,  経営革新 ,  人材マネジメント ,  リスクマネジメント ,  情報マネジメント ,  情報システム ,  意思決定 ,  リスク
競争的資金等の研究課題 (12件):
  • 2019 - 2022 農業イノベーションの先端動向と農業・農村構造変動に関する学際的国際共同研究
  • 2016 - 2019 リスク・情報・人材マネジメントに着目した農業法人経営発展の実態解明と理論構築
  • 2014 - 2019 情報・通信・制御の連携機能を活用した農作業システムの自動 化・知能化による省力・高品質生産技術の開発
  • 2014 - 2019 遺伝的改良と先端フィールド管理技術の活用によるラテンアメリカ型省資源稲作の開発と定着
  • 2014 - 2016 農業生産法人が実証するスマート水田農業モデル」 (IT農機・圃場センサー・営農可視化・技能継承システムを融合した革新的大規模稲作営農技術体系の開発実証)
全件表示
論文 (143件):
  • 浅井雄一郎, 南石晃明. 農業バリューチェーンの最適化による施設野菜経営の競争力強化-三重県における株式会社浅井農園の取り組み-. 農業経営研究. 2019. 57. 1. 36-44-44
  • 太田明里, 南石晃明, 長命洋佑. 畜産経営におけるICT活用率とその費用対効果-他産業とのICT利用状況を比較した分析-. 食農資源経済論集. 2019. 70. 1. 54-55
  • 清水 ゆかり, 森 拓也, 稲毛田 優, 住谷 敏夫, 阿久津 理, 渡邊 健, 南石 晃明. PDCAサイクルによる水稲経営の改善支援手法. 関東東海北陸農業経営研究 = Kantō Tōkai Hokuriku journal of farm management. 2019. 109. 51-56
  • 清水 ゆかり, 南石 晃明, 渡邊 健, 森 拓也, 草野 謙三, 稲毛田 優, 本田 亜利紗, 住谷 敏夫, 須藤 立, 阿久津 理, 横田 修一. 農業生産管理システム普及に関する経営主体の意思決定要因と普及指導機関の役割-茨城県内4農業法人を対象とした事例分析-. 農業情報研究. 2019. 28. 1. 25-37
  • 緒方 裕大, 南石 晃明, 長命 洋佑. 農業法人におけるICT費用対効果の評価に関する因子分析. 農業情報研究. 2019. 28. 1. 1-12
もっと見る
MISC (206件):
  • 長命 洋佑, 横田 修一, 南石 晃明. 大規模水田経営における多品種栽培による多角化戦略 : (有)横田農場における取り組み (特集 大規模水田農業の経営戦略 : 発展のためのポートフォリオ) -- (個別経営体にみる経営戦略). 農業と経済. 2019. 85. 9. 33-42
  • 小川諭志, 南石晃明. SATREPS「コロンビア」統合的稲作農業への挑戦[10]コロンビア稲作経営への技術移転事例-農匠経営技術パッケージに焦点をあてて-. 農業および園芸. 2019. 94. 3. 251-264-264
  • 南石晃明. SATREPS「コロンビア」統合的稲作農業への挑戦[11]おわりに. 農業および園芸. 2019. 94. 3. 265-266
  • 南石晃明. 農業・農業経営のイノベーションと将来像. 農業および園芸. 2019. 94. 1. 36-40
  • 南石 晃明. 農業・農業経営のイノベーションと将来像 (日本農学会シンポジウム 未来農学 : 100年後の農業・農村を考える). 農業および園芸. 2019. 94. 1. 36-40
もっと見る
特許 (8件):
書籍 (18件):
  • 稲作スマート農業の実践と次世代経営の展望
    養賢堂 2019 ISBN:9784842505725
  • TPP時代の稲作経営革新とスマート農業-営農技術パッケージとICT活用
    養賢堂 2016 ISBN:4842505427
  • 中国における農業環境・食料リスクと安全確保 (九州大学 東アジア環境研究叢書I)
    花書院 2015 ISBN:4865610138
  • 農業新時代の技術・技能伝承 : ICTによる営農可視化と人材育成
    農林統計出版 2015 ISBN:9784897323107
  • 中国における農業環境・食料リスクと安全確保
    花書院 2015 ISBN:9784865610130
もっと見る
学歴 (5件):
  • 1990 - 京都大学 農学博士の学位取得
  • 1983 - 岡山大学 大学院農学研究科修士課程修了
  • 1980 - 米国コーネル大学 文部省奨学金支給により留学
  • 1980 - 岡山大学 大学院農学研究科修士課程入学
  • 1980 - 岡山大学 農学部卒業
学位 (1件):
  • 農学博士 (京都大学)
経歴 (4件):
  • 2007/04 - 九州大学 教授
  • 2003/04 - 独立行政法人農業技術研究機構(国立研究機関組織再編による名称変更、現NARO) チーム長
  • 2000/03 - 農林水産省 室長
  • 1983/04 - 農林水産省 研究員
委員歴 (23件):
  • 2019/05 - 現在 農業情報学会 会長
  • 2010/04 - 現在 糸島市農力を育む市民推進会議会長
  • 2017/05 - 2021/04 葉たばこ審議会 委員
  • 2019/11 - 2021/03 赤磐市 赤磐市農業振興基本計画有識者会議委員
  • 2019/09 - 2021/03 福岡県 福岡県農業大学校機能強化検討委員
全件表示
受賞 (19件):
  • 2019/05 - 農業情報学会 特別貢献賞
  • 2018/08 - 中国国外農業経済研究会 2018年度論文三等賞
  • 2018/05 - 日本農業工学会 フェロー
  • 2017/08 - 中国国外農業経済研究会 2017年度論文三等賞
  • 2017/05 - 農業情報学会 新農林社国際賞
全件表示
所属学会 (6件):
日本オペレーションズ・リサーチ学会 ,  地域農林経済学会 ,  システム農学会 ,  日本農業経済学会 ,  農業情報学会 ,  日本農業経営学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る