研究者
J-GLOBAL ID:200901030494787070   更新日: 2020年09月01日

伊藤 裕貴

イトウ ヒロタカ | Ito Hirotaka
所属機関・部署:
職名: 研究員
ホームページURL (1件): http://nagataki-lab.riken.jp/index_jp.html
研究分野 (2件): 天文学 ,  素粒子、原子核、宇宙線、宇宙物理にする理論
研究キーワード (5件): 衝撃波 ,  相対論的ジェット ,  輻射輸送 ,  活動銀河核 ,  ガンマ線バースト
競争的資金等の研究課題 (10件):
  • 2019 - 2024 ガンマ線バースト爆発放射機構の統一的理解
  • 2020 - 2022 連星中性子星合体に伴うガンマ線放射の理論研究
  • 2019 - 2022 相対論的輻射媒介衝撃波の定常解に基づいた衝撃波ブレイクアウトの理論研究
  • 2017 - 2020 微視的な散逸過程を考慮した輻射輸送計算から探るガンマ線バーストの放射機構
  • 2016 - 2019 相対論的ジェット中の輻射輸送計算に基づいたガンマ線バーストの放射機構の系統的研究
全件表示
論文 (30件):
  • Hirotaka Ito, Amir Levinson, Shigehiro Nagataki. Monte-Carlo simulations of relativistic radiation mediated shocks: II. photon starved regime. Monthly Notices of the Royal Astronomical Society, 492(2) 1902 - 1913 2020年2月. 2020
  • Hirotaka Ito, Jin Matsumoto, Shigehiro Nagataki, Donald C. Warren, Maxim V. Barkov, Daisuke Yonetoku. The photospheric origin of the Yonetoku relation in gamma-ray bursts. Nature Communications volume 10, Article number: 1504 (2019). 2019
  • Warren Donald, C. Barkov, Maxim V, Ito Hirotaka, Nagataki Shigehiro, Laskar Tanmoy. Synchrotron self-absorption in GRB afterglows: the effects of a thermal electron population. Monthly Notices of the Royal Astronomical Society. 2018. 480. 3. 4060-4068
  • Hirotaka Ito, Amir Levinson, Boris E. Stern, Shigehiro Nagataki. Monte Carlo simulations of relativistic radiation-mediated shocks - I. Photon-rich regime. Monthly Notices of the Royal Astronomical Society. 2018. 474. 2. 2828-2851
  • Kazuki Yoshida, Daisuke Yoneoku, Tatsuya Sawano, Hirotaka Ito, Jin Matsumoto, Shigehiro Nagataki. Search for a Signature of Interaction between Relativistic Jet and Progenitor in Gamma-Ray Bursts. ASTROPHYSICAL JOURNAL. 2017. 849. 1
もっと見る
MISC (11件):
  • 紀基樹, 伊藤裕貴, 輪島清昭, 川勝望, ORIENTI M, 永井洋, 伊藤亮介. 電波銀河3C84のシェルにおけるガンマ線,宇宙線生成について. 日本天文学会年会講演予稿集. 2016. 2016. 176
  • 藤田裕, 川勝望, SHLOSMAN Isaac, 伊藤裕貴. 活動銀河核3C84の近傍10pcのガスの状態の推定. 日本天文学会年会講演予稿集. 2016. 2016. 142
  • 紀基樹, 伊藤裕貴, 川勝望, ORIENTI M. CTAで探るAGN低光度電波シェルからの超高エネルギーガンマ線放射. 日本天文学会年会講演予稿集. 2012. 2012. 310
  • 紀基樹, 伊藤裕貴, 川勝望, ORIENTI M. 電波ダークなミニAGNシェル:新しいTeVガンマ線源の可能性. 日本天文学会年会講演予稿集. 2011. 2011. 216
  • 伊藤裕貴, 紀基樹, 川勝望, 山田章一. AGNジェットが駆動するシェルからの非熱的放射. 日本天文学会年会講演予稿集. 2009. 2009. 199
もっと見る
講演・口頭発表等 (20件):
  • Numerical simulation of photospheric emission in gamma-ray bursts
    (Yamada Conference LXXI: Gamma-ray Bursts in the Gravitational Wave Era 2019 2019)
  • The photospheric origin of the Yonetoku relation in gamma-ray bursts
    (Ioffe Workshop on GRBs and other transient sources: 25 Years of Konus-Wind Experiment 2019)
  • Prompt Emission of Gamma-Ray Bursts
    (Stellar deaths and their diversity 2019)
  • Prompt Emission of Gamma-ray Bursts
    (Windows on the Universe 2018)
  • Numerical Simulations of Photospheric Emission from Collapsar Jets
    (Fifteenth Marcel Grossmann Meeting 2018)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2005 - 2008 早稲田大学大学院 物理学及び応用物理学専攻
  • 2003 - 2005 早稲田大学大学院 物理学及び応用物理学専攻
  • 1998 - 2003 早稲田大学 物理学科
学位 (1件):
  • 博士(理学) (早稲田大学)
経歴 (7件):
  • 2016/07 - 現在 理化学研究所 長瀧天体ビッグバン研究室 研究員
  • 2013/04 - 2016/06 理化学研究所 長瀧天体ビッグバン研究室 特別研究員
  • 2011/11 - 2013/03 京都大学 基礎物理学研究所 研究員
  • 2011/04 - 2011/10 早稲田大学 招聘研究員
  • 2010/04 - 2011/03 東北大学 工学研究科 研究支援者
全件表示
受賞 (1件):
  • 2020/03 - 理化学研究所 理研梅峰賞 ガンマ線バーストのスペクトルと明るさの相関関係に関する理論的研究
所属学会 (2件):
理論天文学宇宙物理学懇談会 ,  日本天文学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る