研究者
J-GLOBAL ID:200901030500556522   更新日: 2020年08月31日

井上 恒男

イノウエ ツネオ | Inoue Tsuneo
所属機関・部署:
研究分野 (1件): 社会福祉学
研究キーワード (1件): 福祉政策
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2016 - 2019 日本版リエイブルメント事業の開発に関する研究
  • 2010 - 2012 英国ケアホームにおける施設ケアと医療サービスの連携に関する調査研究
  • 2002 - 社会保障制度の横断的研究
  • 「もの忘れ外来」専門医による地域のかかりつけ医・ケアマネジャーとの連携体制の構築に関する調査研究
  • 医療ニーズを有する要介護高齢者に対する在宅復帰支援システムの構築に関する研究
MISC (15件):
  • 井上恒男. 英国自治体での初期認知症高齢者等への集中訪問支援事業. 月刊介護保険. 2017. 262. 12-12
  • 井上恒男. イギリスの社会保障と税制、財政対策議論. 健保連海外医療保障. 2016. 110. 17-23
  • 井上恒男. 英国における2014年ケア法の施行とキャップ方式の延期. 週刊社会保障. 2015. 2848. 48-53
  • 井上恒男. 良質で負担可能な保育サービスを全国どこでも-英国ブレア政権下における幼保一元化の動向2. 週刊社会保障. 2014. 2312. 60-61
  • 井上恒男. 長期失業者への対策から失業者への早期就労支援対策へ~日英の「第二のセーフティネット」比較から~. 週刊社会保障. 2014. 2783. 50-55
もっと見る
書籍 (2件):
  • 英国における高齢者ケア政策 質の高いケア・サービス確保と費用負担の課題
    2016
  • 「英国所得保障政策の潮流:就労を軸とした改革の動向」
    ミネルヴァ書房 2014
講演・口頭発表等 (7件):
  • 介護保険制度20年をむかえる日本の課題
    (国際長期ケア研究ネットワーク( LSE大学、PSSRU研究センター内) 2018)
  • 英国における高齢者ケア政策の動向
    (医療経済研究会 2017)
  • 日本における介護労働者の不足とその養成確保
    (国際長期ケア研究ネットワーク( LSE大学、PSSRU研究センター内) 2016)
  • 日本における介護者支援政策の15年
    (国際長期ケア研究ネットワーク( LSE大学、PSSRU研究センター内) 2014)
  • 日本における長期ケア財政の最近の動向
    (国際長期ケア研究ネットワーク( LSE大学、PSSRU研究センター内) 2011)
もっと見る
Works (1件):
  • 高齢者地域ケアネットワークの構築に関する研究
    2006 - 2007
経歴 (1件):
  • 2002 - 同志社大学大学院総合政策科学研究科教授
所属学会 (1件):
社会政策学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る